2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【生理学】胎児の生物時計:母の食習慣が影響 東北大助教、ラットで確認

1 : ◆NASA.emcN. @びらぼんφ ★:2008/07/13(日) 23:06:31 ID:???
ラットの胎児の体内で約24時間周期のリズムを刻む「生物時計」が、昼夜の日照の
変化ではなく、妊娠中の母親ラットがいつ食事をするかという「食習慣」の影響で
決まることを、東北大病院周産母子センターの太田英伸助教(発達生理学)らが
発見した。

多くの生物は、生物時計を刻む時計遺伝子を持っている。太田助教らは、胎児の
生物時計が母親から受ける影響を調べるため、人工照明で12時間ずつ昼夜が
交代する環境を作り、妊娠中のラット10匹を飼育。うち5匹は1日1回、照明の点灯
(日の出にあたる)から5〜9時間後にだけえさを与え、残る5匹はいつでも自由に
食べられるようにした。後者の5匹は、夜行性の習性で自然と暗くなってからえさを食べた。

その後、母親と胎児の脳と肝臓で時計遺伝子「Per1」の発現と、日照を受けた情報を
伝えるホルモン「メラトニン」の分泌リズムを調べた。すると母親は昼に食べたグループも、
夜に食べた方も全く同じリズムだった。一方、胎児は母親が昼型の食事をしていると
リズムのピークが昼だが、夜型だとピークも夜に変化した。

このことから、母親の生物時計は人間が太陽を浴びて時差ぼけを治す時のように、
日照の変化で決まるが、胎児は日照以上に、母親の食事スケジュールの影響を強く
受けていることが分かった。胎児も生まれた後は、日照リズムに合わせて生物時計が
調整されるという。

太田助教は「生物時計の仕組みは人間でも共通で、妊娠中のお母さんの生活リズムが
赤ちゃんの成育に重要だと再確認できた。この成果を元に、早産の赤ちゃんの生物時計を
きちんとコントロールできる保育器の開発などに生かしたい」と話している。

米国のオンライン科学誌「プロス・ワン」で発表した。

ソース:http://mainichi.jp/select/science/news/20080713ddm016040048000c.html
毎日新聞 2008年7月13日 東京朝刊

2 :実習生くん:2008/07/13(日) 23:51:11 ID:S2Syt7FG
早産だと体内時計が成長してないの?

3 :実習生くん:2008/07/13(日) 23:57:01 ID:S2Syt7FG
成長って表現正しいのか…?機能しないNo?

4 :名無しのひみつ:2008/07/14(月) 02:01:08 ID:1APGEACf
個人的には内分泌の条件が不足していると思うんだけど。
PER1のある17番染色体には、セロトニン回収タンパク質とか睡眠・覚醒ペプチドのオレキシンがある。
むしろPER1とそれらの相関関係のほうが大切。
加えて、これらと胎児の内分泌を調べることは、現在増加している子供の肥満にも役立つと思うんだけど。

5 :名無しのひみつ:2008/07/14(月) 02:03:39 ID:5GllU/m/
新聞記事になるほどの研究がPlos One????

6 :名無しのひみつ:2008/07/14(月) 02:07:05 ID:1APGEACf
PER1は成長しない。
昼間は躁状態で活発、夜はほとんど働かない。
加えて体内時計は光により、リセットされる。
睡眠、血圧、体温などのリズムを24時間周期で調整している。
光でリセットされているんだから、そりゃほとんど変わらんと思う。
他の内分泌を見ると差異があるはずだと思う。

7 :名無しのひみつ:2008/07/14(月) 02:08:40 ID:1APGEACf
光でリセットされて、24時間周期
成長すると思う?

8 :名無しのひみつ:2008/07/14(月) 09:42:23 ID:1APGEACf
17番染色体上には睡眠・覚醒ペプチド:オレキシンと体内時計調整タンパク質PER1が存在する。

9 :名無しのひみつ:2008/07/14(月) 09:46:57 ID:1APGEACf
PER1はあまり関係ないと思うよ。むしろ、オレキシンのほうが関係すると思う。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)