2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【新】死刑制度議論 その2

1 :朝まで名無しさん:2008/06/28(土) 10:34:59 ID:sWemDx5i
引き続き、わけのわからない長文矢印の書き込みは禁止です。
自らアク禁申請をして下さい。

前スレ http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news2/1192703946/

【ルール】
・死刑廃止を冤罪の観点から書き込みすることを禁止。
・yurikoとかいう長文矢印は、絶対に書き込み禁止。名無しでも禁止。
 書き込んだことが判明した場合、別スレを立てて移動します。
・長文による死刑感想文禁止。連投禁止。郷田ラモラに関する話題も禁止。
・落書き、連投は下記のスレッドでどうぞ。

http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news2/1210427942/

2 :朝まで名無しさん:2008/06/28(土) 10:44:38 ID:CxNiQftU

ニダ━━━━━━<丶`∀´>━━━━━━!!!!

3 :朝まで名無しさん:2008/06/29(日) 09:06:52 ID:5P0U7DDC
公開死刑でいいだろ。

確定後、3ヶ月以内に

4 :朝まで名無しさん:2008/06/29(日) 10:40:10 ID:8lvR6sP/
基本的に

社会優先なら廃止論
感情優先なら賛成論

どっちを取りますかってだけの話


5 :朝まで名無しさん:2008/06/29(日) 11:51:15 ID:LhRwdpZl
基本的に

社会優先なら賛成論
感情優先なら廃止論

どっちを取りますかってだけの話

6 :朝まで名無しさん:2008/06/29(日) 12:13:42 ID:8FTRXKHm
>>5
廃止人権派はそこが理解出来てないよな。

7 :朝まで名無しさん:2008/06/29(日) 17:42:40 ID:28mfM3xa
どうしても大事なことなので繰り返します。
人を殺すには訳があると思う。
ただ、死刑だ、死刑だというのは
問題の解決にならないのでは?
自分の家族が殺されても、その人を
死刑にしたいなんて残酷なことは思いません。
ただ、訳は聴いてみたい、と思います。
私は聖人ではありません。
人間として人間を殺すなんて出来ないのです。


8 :朝まで名無しさん:2008/06/29(日) 18:44:52 ID:5P0U7DDC
感情論はやめてね。

9 :朝まで名無しさん:2008/06/29(日) 18:58:23 ID:ddP2iVUj
殺人者が 殺人をした訳は「殺したくなかったから」
ではありません。そのことだけは確かなことです。
訊けば納得するような理由を挙げることなど無いのです。

10 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 00:30:29 ID:65Scn51W
日本語OK?

11 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 07:10:58 ID:zl7jEnBM
俺は聖人ではないので、自分の大切な人を殺された時に冷静では居られません。
殺人に理由などありません。自分勝手以外にあり得ません。
正当防衛を除き、理性ある普通の人は殺人などしないのです。

もはや、人ではない奴を死刑にすることがなんでダメなんだ?
死刑囚は正当な理由があって死刑囚となっているのだから執行は当然。


12 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 08:10:01 ID:dwqR9UVz
最後の分がイミフだな、誰も執行の是非なんて話してないんだが。

13 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 09:27:47 ID:9N6wGfxl
>>7
> 人を殺すには訳があると思う。

そうですね。
遊ぶ金が欲しいとか、性欲処理とか。

> ただ、死刑だ、死刑だというのは
> 問題の解決にならないのでは?

ただ、死刑にするな、死刑にするなと云うので解決するとは思えませんが?

> 自分の家族が殺されても、その人を
> 死刑にしたいなんて残酷なことは思いません。

あなたの目には、死刑を望む遺族の姿が ただ、残酷な人間にしか映らないんでしょうが、大半の人の目には、そうは見えない事は理解するべきでしょうね。

> 人間として人間を殺すなんて出来ないのです。

あなたに直接手を下せと、誰か言ったの?
自らの勝手でそれをした人間を、私は人間として許せません。

14 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 10:13:21 ID:+yHuqR5B
>>12
なんとなくいいたいことを察してやれよ。
最終的な結論はそこなんだから。

もっとも、理性ある普通の人は殺人などしないというのは間違い。
まぁ、普通の人を殺人事件などに関与しない人と定義すれば当然そうなるし、
理性を持つということは人を殺さないという意味だと定義すればそうなるけれど
現状では理性を強く持っている人間の犯した罪ほど重罪として裁かれている。

○理性の無い場合の極限
精神に障害のある場合

無罪、もしくは責任能力の部分で減刑

○理性のある場合の極限
暴力団が仕事として殺人を犯した場合
強盗、強姦殺人など

通常よりも処罰の判断基準は厳しい

恨みつらみによる殺人は事情によっては減刑の考慮の対象になることもあるし
突発的に爆発、ぶっ殺しちゃった場合なんかも上記2点の中間の解釈かな?
理性を持っているということと自己中ではないということはまた別だからね。

15 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 10:29:53 ID:+yHuqR5B
>>13
うんうん。そうね。ただし以下に関して俺は違う意見。

>>7
> 自分の家族が殺されても、その人を
> 死刑にしたいなんて残酷なことは思いません。

俺はここまではみとめてやってもいい。
あなた個人の主張に関しては認めるし、
もしそれが起こったときは遺族の処罰感情が弱いということで
被告が死刑判決を回避するのも良しとしましょう。

でも俺の家族が殺されたときはその思考を俺に押し付けないで。
そして同様に現在死刑を望んでいる遺族に対しても
その思考を押し付けることはしないでください。
あなたは支配者ではないので強制する力はありませんが、
外野で騒いで遺族を傷つける能力は持っているのですから。

16 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 11:22:08 ID:0oQiReBZ
目的と手段が入れ替わった、意味を成さない文章擬きだから不自然なのだ。


目的は死刑の廃止!!
答えが先に在り、それに至る過程が無い…
それだけの無意味な繰り返し、繰り返し、………

17 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 12:05:54 ID:RONUU3es
>>7
人を殺すのには理由があるというのは、
ちょっと推理漫画やドラマの見すぎではないかと思います
現実に死刑になるような人物は、犯人役のような手合いとは違うのです
お金が欲しかったから、言うことを聞かないから、殺してみたかったから、
そんな理由にもならないような理由で故意に人の生きる権利を奪うような輩に
人として生きる権利などないでしょう
社会復帰の可能性など微塵も残してはいけません

18 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 13:57:43 ID:9N6wGfxl
>>15
> 俺はここまではみとめてやってもいい。

ええ、私も遺族が死刑を望まない事について、どうこう思う訳ではありません。色んな考えがあって当然だし、望んでべきと、押しつけるつもりも毛頭無い。
私が異を唱えているのは、死刑を望む遺族を「残酷な事を望む人間」としている発言に対してです。

19 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 16:00:17 ID:eD2qKdV7
死刑廃止で最高刑は何になるの?無期でいいの?それとも終身?


無期はムチとして行動の自由を制限し出所というアメで更生を促すが、終身では諦めを説き獄中での楽しさを見出ださせるくらいか…

更生のない終身は刑の本質にそぐわない…逆に脱獄の危険性さえ危惧されている!



20 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 21:56:08 ID:JI2RwFMe
一度の地震で大量に人が死ぬ。
交通事故死もちっとも減らない。
あまっさえ自ら命を絶つ人は増え続けている。
まじめに毎日仕事をしていても死ぬときは死ぬ。
こんな社会でなんで死刑が問題になるのか?
みんな自分が生きていくことで必死なのに、
自分の欲望のままやりたい放題の犯罪を犯し
死刑を宣告された者などさっさと執行すればよく
現在100人弱といわれる死刑囚など
すみやかに全員執行しても何の問題もない。


21 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 22:05:45 ID:dwqR9UVz
2ちゃんの死刑制度議論っていつまでたっても同じ話のループだね
こんだけ同じ話を繰り返してる議論スレも珍しいよ。

22 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 22:36:08 ID:1NtpKC37
>>21
おまえ、馬鹿だなぁ。
・・・・・・。ほんと、馬鹿だなあ。
何故同じ議論が繰り返されてるんだと思う?

ループを語れるほど居座ってるなら解れ。
ついでに12みたいなくだらないレスするな。
どっかいけ。

23 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 23:00:46 ID:1NtpKC37
>>18
>あなたの目には、死刑を望む遺族の姿が ただ、残酷な人間にしか映らないんでしょうが、
>大半の人の目には、そうは見えない事は理解するべきでしょうね。

うん。これに関して俺、素直に同意なのよ。じつは。
ただ、もう少し言葉を付け加えないと今までのこの板の流れからして

「いつ調査したんだよ?大半って何だ?勝手なこと言うな」
「別に遺族を責めてはいない。何言ってんの?」
この手の反論が連発するの。

脳足りンの死刑廃止論信者、欲求不満の死刑至上主義信者
双方が突っ込みたがるこの板の宿命です。

だからそういうつまんない発言スンナ的に牽制してやっただけです。

24 :朝まで名無しさん:2008/06/30(月) 23:49:55 ID:SExhtNPZ
>>7
> 自分の家族が殺されても、その人を
> 死刑にしたいなんて残酷なことは思いません。

自分がその環境に置かれてないのに断言はできないよな。
今の時点で断言している方がよっどおかしいわな。

本当にその状況にならないと分からない事。
遺族がこう言うのなら理解できるが、まだなってないんだろ? なんで言い切れる?
一番信用できない人間だよ、こう言う事を言うのやつが、
口だけのやつが多いからな。


25 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 05:47:26 ID:FIbXzj5I
>>22
何で同じ議論が繰り返されてるんだ?教えてくれよwww

26 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 07:09:30 ID:dKhWCgoA
>>25
スレに居座るメンバーが固定じゃないから。
これ以上説明することはない。これで理解できないなら
将来頭脳労働者になることはあきらめな、厨房。

27 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 07:22:17 ID:FIbXzj5I
どうせそんなとこだろうと思ったw
じゃあ何で他の議論スレでは話が前に進んでるのか考えたことある?www

28 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 08:51:51 ID:no7JfWnI
とにかく国家は人を殺してはいけないよ
それは私たちが自然に地球にいるように自然なこと

29 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 10:27:23 ID:3CEcUj52
>>16 それだわ。
だから俺は廃止派の意見が理解できないんだな〜

人権論→人の命奪った奴には人権認めるんですか、へ〜
死刑に抑止力なし→廃止したらただで飯と寝床もらえる様になって抑止力あんの?

他には何だろう?

30 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 12:30:56 ID:MJm/aGcP
>>29
国が死刑という殺人を犯すことで、命を軽視する価値観が社会に蔓延するという意見もあった。

自分には刑罰である死刑と一般の殺人を一緒くたにする考え方は共感できないが、
殺すという点で一緒だと考え両者を区別しないのであれば、死刑を忌避するんだろう。

31 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 13:01:25 ID:YKFyjNB6
死刑に抑止力が無いから廃止してOKってのはよく聞くけど
廃止派は廃止した直後にもまったく影響はないって認識なのかな。
それとも一時的な問題が発生する可能性は仕方ないリスクって認識?

厳罰をゆるめた直後に一時的に問題が起こるってよくあることだし
実際には死刑廃止直後は殺人発生率が上がってる国はいくつもあるんだよね
抑止力がなければ長期的にみれば同じ発生率に落ち着くんだろうけど


32 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 15:15:23 ID:2+FyKlZ5
>>5が全てだと思う。
廃止論者は自分達が感情だけで騒いでると認めるべきだ。

33 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 15:18:54 ID:sRhScojq
感情で言っても社会的に考えても死刑は要ると思うけどなあ

34 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 16:39:41 ID:cSlF5HGY
存在を取り除きたいと欲求するのは自分にとって邪魔だからだ
通常は自分の活動範囲にカスリもしなければ意識すらしないだろう

死刑に因り最も利益を害するのは死刑の対象者だ
つまりそう言う事だ

35 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 17:27:25 ID:1d3bYMhk
経済で考えても死刑は必要。
犯罪者の社会復帰や生涯隔、リスクとリターン考えれば当然死刑存続ですな。

36 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 17:29:54 ID:1d3bYMhk
>>33
廃止派が存続派を、復讐心や感情論だと言ってるからアンチテーゼだと思いますがな。

37 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 18:57:39 ID:jKnH75gP
>>35
」死刑「を支持する。クソ野、郎ども、おまえ!ら、正義漢ぶ)ってんな!よ。おまえら!の根底(にあるのは(、)
憎しみ。、(憎悪、復讐だ。(こうい、うものは、人「間の中で最も?忌み嫌われ!る感情)だ。?
こういう感「情を持)ったまま大(人になったや)つは、精、神的に幼稚「で!あり、脳が足り(ない。!
極刑を求!めて訴え)続ける被害者の。遺族ども」の有」様は、?無。様を通り越」えて、哀れ?みすら感じる。」
こい。つら、復(讐に注ぐその」エネ「ルギーをもっ」と有効」な分野」に向けられな?い)のかと「。
それから、)某ワイドショ!ーに出てきた大「学教授、)こいつとんで」も!ないキチガイだ(な。
元最高「検察庁、検事だか)な?んだか知らんが」、応報刑を正(当化しようとし!ている究極の、馬鹿。!
江戸時代か)ら。タイムス(リッ!プしてきた方で」すか!。とっとと元?の時代へ返っ、てくだ)さい(w
応報刑な!どという。ものは、理、不尽な」馬鹿げた方?法だ)。「?人の命を奪」ったら自分の、命で償え、」などと。い)う。
(そも「そも「命で償、う」って何な(んだ?自分が死)ぬだけ、だろ?死ぬこ。とが償いに」なるな「ど、と(いう
思想は)、無意」味であり!、理解不能な「考え方だ。。おまけに「被。害者。一?人と!加害者一人で命)のバラ)ンスが
均衡」)などと言ってい。る。命、の重さを天秤に、かける考え)方を持(ってい(ることに、何の恥じらいも!ないの」かね?
復讐心、にと、らわれ?ている「被害者遺族は。、立派な「メ(ンヘルだから、。精神科の診、療を受」け」る!ことをお勧」めする。


38 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 19:48:11 ID:/dg13uMD
諸君!8月号

続発する猟奇・無差別殺人の〈免罪符〉
精神鑑定の暴走を許すな!
「心神喪失」なら、あの通り魔も無罪なのか。このまま裁判員制度がスタートしたら……
佐木隆三(作家) 大谷昭宏(ジャーナリスト) 岩波 明(昭和大学医学部准教授) 宮崎哲弥(評論家)




39 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 22:22:30 ID:dKhWCgoA
>>27
質問には答えてやらねぇよ。
自分で考えろ。どのスレ指してんのか知らねぇが
幼稚園児でも出来るような反論の仕方するんじゃねぇ。
見苦しい。
逆に手前に質問してやる。じゃぁ何故繰り返す?
返答したら採点してやるよ。


40 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 23:22:32 ID:FIbXzj5I
逃げたかw答えずに質問し返すとか子供かよ
まぁ、リア厨ならしょうがないか。ごくろうさまw
もうレス返さなくていいよ。まぁそう言っても悔しくって
負け惜しみのレス付けてくるんだろうけどw

41 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 23:46:34 ID:VTO/Xhwo
気に入った回答無かったら捨て台詞かwww
ガキだなwww

42 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 00:07:32 ID:DdaIsMOo
>>40
無様。
>>41
介錯御苦労様でした。

43 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 00:09:30 ID:Z6OaDzmM
予想通り過ぎて吹いたw

44 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 00:12:42 ID:DdaIsMOo
Z6OaDzmM
粘着NG推奨

45 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 00:14:55 ID:Z6OaDzmM
お前が言うwまぁNGにしてくれていいよ。
そしたらもう負け惜しみレス付かないよね?w
推奨とか言っといてNG設定せずに無様に負け惜しみレスつけ続けるのかな?w

46 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 00:18:44 ID:DdaIsMOo
あぼ〜んキタ!


47 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 00:29:53 ID:6eT/fcJU
お前ら死刑の話しないなら消えろ
いつまでも二人でグチグチ、ガキばっかやな

死刑には賛成やけど、犯罪者に人権無しってのはどうかと思う。
人権は認めた上で、社会正義のためには必要ってスタンス。

48 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 00:32:51 ID:Z6OaDzmM
ごめんごめんwお高く止まってたのがどんどんムキになってくのが面白くってw

49 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 01:02:23 ID:DdaIsMOo
>>47
スタンスってのはあくまでも自分の好みを述べただけ。
そっから先でどうって話だぜ。
だから続けてくれ。
ちなみに、過去数日間においては
主題として被害者サイドの処罰感情をどのように処理すべきか
主にここで争われていたぜ。

>>人権は認めた上で、社会正義のためには必要ってスタンス。
これだけで満足しちゃうと
将軍様万歳!とか、アッラーアクバル!のレベルと変わらんぜ。
重要なのは結果、どこに社会を向けるために
何をすべきなのか。そこだよ。
自分が餓鬼じゃないと思うなら
一歩踏み出した意見を述べてみな。

50 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 01:26:41 ID:6eT/fcJU
ん?自分の立ち位置や主張は何も口にしないの?
ただ人のレスに、なってないとか指導するだけならいらないよ

51 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 02:12:56 ID:DdaIsMOo
>>50
何それ?俺に言ってんの?
じゃあ前スレから全部読め。
その上で、俺前スレ969と同一人物な。
自己紹介これで良いか?
問われもしないのに2度も3度も同じことを言いたかないね。

尤も、問われちまったので答える。以下、現状に対する俺の理解の仕方。

1 人の命は金で評価できる。
2 その評価は常に絶対評価ではなく相対評価である
3 我々日本人は政府の指導の下無意識に赤子も含めて人命を売買している
4 相対評価ゆえに関係性によっては1が成立しない場合もある
5 以上の条件を考慮して死刑の判定をすべき

どこぞの役所前で衰弱死した婆さんの命が
俺にとっては宅間守の命よりは重かった。
あんなのに1年生かしとくための経費をかけるくらいなら
なぜ干し飯にお湯を注いでやるくらい出来なかったか?
俺はそういったことに疑問(というよりは確信に満ちた怒り)を感じている。

>>50
で、お前はどうなんだ?

52 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 12:53:11 ID:D2p1MFny
死刑制度に抑止力が無いから死刑廃止してのいいと言うのは理屈に合わない。
罰は抑止力や効果で決めるものではないく、行った犯罪に対して与えるものなので、
抑止力は一切関係ないのが筋。

反対派は反対理由にこれを外すと、分かりやすい反対理由がなくなるので単にこじつけで利用しているだけ。

諸外国のように宗教等で死刑は良くないという考え方もない民族であるので、
今の日本では、死刑制度廃止の受け皿は全くないという事。

死刑執行が悪い事のように、一部のマスコミにあおられてはいるが
国民は賢いものでこれには乗せられていない。



53 :朝まで名無しさん:2008/07/03(木) 22:17:59 ID:ZN+g7rH5
これはいい絶対的応報刑論ですね

54 :朝まで名無しさん:2008/07/04(金) 06:27:01 ID:X1urqsDB
そもそも「抑止力が無い」の根拠って、宅間守とか加藤智大ぐらいしか無いっしょ?
それを言うなら、終身刑になりたくて大量殺人する奴が出てくるかもしれんし。

あと、
死刑囚のほとんどは犯行時、死刑を意識していなかった→死刑に抑止力は無い
っていうトンデモ理論があるけど、これは逆に言うと
死刑を意識している人は殺人を犯さない→捕まってないからデータを取れない→殺人予備犯は未知数
ってことだし。


55 :朝まで名無しさん:2008/07/04(金) 11:10:43 ID:89jX52M8
>>52
絶対的応報刑論の一歩手前ぐらいですかな?人を1人殺して死刑とまでは書いてませんから?
個人的にはほぼ絶対的応報刑でいいと思いますよ。今の刑法では違いますがね。
現在の相対的応報刑論を元に決められた刑罰は軽いと思いますので。

そもそも秩序を守る為に、遺族・被害者の報復権を認めない代わりに、国家が替わって罰を与えるわけですから、
抑止効果がないと言う理由で死刑制度を廃止するのは理に適いませんよね。
逆に言うと、今の刑法の一部は軽すぎるという事の証明にもなるようにも思えます。犯罪が減らないわけですから。
飲酒運転がいい例で、罰則強化で減りましたよね?ほとんどの犯罪に対して刑罰の強化をすべきにも思いますが?

死刑制度の廃止ができないのは、54の言う通りでしょうね?
一生刑務所で過ごすのを目的に犯行されたら、たまったもんじゃないですよ。ホント。
そんなことを理由に殺されても納得できるのですかね、廃止論者の皆さんは?

あ、ひとついい案を思いつきました。ドナーカードの様に、死刑制度に賛成か反対のカードを成人には持つことを義務づけましょう。
殺された場合、反対カード持参の被害者であれば死刑はなし、賛成カード持参者なら死刑もありという事で・・・?
個人(故人)の意思がキッチリと反映されますよ。
あ、被害者が複数でどっちのカード所持もあった場合はどうしましょうか?

56 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 11:56:15 ID:Mq+IRH7G
>>55
なかなか面白いね。そのカード。死刑廃止論者は反対カード持てるんかね?
というか基本人殺したら死刑でよいって。裁判とか必要ないって。精神鑑定
もいらんって。精神観点で責任能力なしっていわれて遺族がなっとくするか?
大体殺人を犯すやつなんてもとから精神狂ってるんだから


57 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 12:27:51 ID:goBsbNhv
>>55
死刑賛成の意思を示したカードを持つ場合は、
万一自分が相当の加害者になった場合は、有無を言わせず死刑だね。

58 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 13:16:24 ID:hkK1v0s+
その場合は、被害者側のカード優先という事で・・・・・?
加害者側には選択権なしでしょ。

59 :結論番長ジルケ:2008/07/05(土) 13:47:22 ID:S9ASmRwD
簡単な話なんだが…
死刑は被害者遺族の報復の為にあるわけでも、凶悪犯罪抑止の為にあるわけでもない。
注意や罰金があり、懲役があり最高刑として日本には死刑がある。
すぐにまた殺人を犯しかねない危険な人間を社会に放つわけにもいかないし、そもそも罪を償わなければいけない。
矯正不可能な人間を社会の税金を使ってのうのうと生かしとく道理もない。
国家や社会は結局は共同体であり、余りにはみ出した行動をとれば社会から抹殺される。
その形が「法律」というシステムを利用し「死」という形での個人の永久抹殺という形を取っているだけ…

それ以外の理屈は皆揚げ足取りや、利権の絡んだ詭弁でしかない

60 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 13:56:37 ID:1H2xLyEv
>>55
被害にあった人にとっては加害者がどうなろうと関係ないじゃん。
死刑反対のカードを持つ人を殺した人が死刑にならなくて困るのは
あくまでもこの世に残っている(死刑に賛成する)人なんだからさ。

61 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 15:33:44 ID:kw7O6Xtk
>>59
>矯正不可能な人間を社会の税金を使ってのうのうと生かしとく道理もない。

なら、拘置所の経費を支払う意思があり実際負担し続けられる間は、
死刑は回避されるのか?
生涯支払えるだけの資産のあるヤツは、死刑は永久に執行されなくていいのか?

62 :結論番長ジルケ:2008/07/05(土) 16:39:56 ID:S9ASmRwD
極論すればそういうことになる。
社会構造の中の通貨経済の占める割合は大きい。
簡単に言えば世の中悲しいかな「金」で回ってる。
金で罪を免れるという考えは間違っているが、金で世の中に貢献するのは「献体」や「労役」に並んでアリなんだと考える。
この前バイクで目茶苦茶スピード違反して、罰金を裁判所に納めにいったんだが、罰金が納められず労役を選ぶ(というか仕方なく…)奴が何人かいた。
罰金を納めたり労役をしたからといって違反点数が無しになったり、免停が無しになるわけじゃないが「金」という手段で罰を軽くしてるわけだ。その金は公共の福祉やら警察各種の運営に使われる(願わくば)のであれば社会貢献といえよう。

反人間的、反社会的行動を取りました。
反省もしなければ再犯の恐れもあり、社会に対して有害であり、かつ労役も金銭的負担等の社会貢献もできないなら、生かす価値なんかハナッからないだろ?

63 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 16:53:30 ID:F5ebmyG7
金の方が労役より軽い罰なのかは人によるけどな。

64 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 17:01:40 ID:78ycdS5o
>>59
真に正論です

どうしても死刑廃止(原則)するのなら
この国に二百年以上住んでいる家系の者にすればいい
両親族の片方でも上記を満たさなければ不適応とする
そして毎年二百年に一年加算していくものとする

これで満足だろう?廃止派とやらは
反対する理由も無かろう

65 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 17:20:49 ID:WcOh3zvN
わかってない奴が多いんだが、
「犯罪者の幸福」も国益の一種であるのだ。

理想的なのが、犯罪者も被害者も全て幸福であることだ。
しかしそれは理論的に不可能であるために、やむをえず犯罪者を罰する(=不幸にしている)に過ぎない。

刑罰を重くすると確かに抑止力は増すかもしれない。
しかし犯罪者の幸福度は下がるということを忘れてはいけない。
そこらへは、バランスの問題となってくるわけだ。

66 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 20:53:35 ID:CTYdxwI6
犯罪者の幸福とかどうでもいいと思うんだが?

67 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 22:22:12 ID:IFwmMN7z
死刑廃止論者の言い分て何度考えても

「やったもん勝ち。生き残ったもん勝ち」

にしか聞こえない

68 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 22:40:10 ID:F5ebmyG7
それはさすがに頭が悪すぎるだろうw

69 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 23:05:43 ID:ziBzMSTx
犯罪者になるには訳があるが、被害者になるには訳ではなくて
運が悪いだけだ。
そういう意味では犯罪者への研究はされ続けなければならないと
思う。
被害者の研究しても運命学の研究だけだよ。

  >「やったもん勝ち。生き残ったもん勝ち」

 そういう単純なものでなくて生存している犯罪者を研究するべきだと思う。



70 :しまりす:2008/07/05(土) 23:26:50 ID:zipmJdXi
死刑廃止な人をいっぱい殺して

私は生きます

そんなのでいいの?

71 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 23:33:11 ID:z7T0IioX
日本は軍隊を持たないという建前がある。
そんな国が死刑を廃止することは、国体の維持に関わる問題である。

72 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 23:49:35 ID:c6hP1nMY
>>69
>生存している犯罪者を研究するべきだと思う
となると>>59
>矯正不可能な人間を社会の税金を使ってのうのうと生かしとく道理
はあるわけだ

73 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 23:58:42 ID:8q3+QiEJ
下衆民族は死刑でよかろう
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1178875548/364


74 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 00:11:25 ID:AOW4I/9O
>>72
のうのうとかどうかは分からないが、同種の生物を生存のためだけでなく
殺すという犯罪者という生き物は面白い。
 人間という生物研究に意味があるのあって犯罪者の矯正などは本当は
どうでもよいとは表向きは言えないでしょう。
 精神医学的にも犯罪学的にも遺伝的にも家族研究的にも犯罪者は興味が
ある存在だ。死刑廃止論者とは違うと思うが、肉体、精神ともに国家のものであり、
犯罪者を安易に死刑にするにはもったいない、と思う。
 骨の髄まで研究つくすべきだよ。言っておくけど犯罪者に一般的な
人権はありませんよ。
 被害者は気の毒な運命というしかないが、余裕と世間の了解があれば
被害者の研究もするべきであると思う。

75 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 14:25:02 ID:AOW4I/9O
JR東日本のグリーン車のトイレで、女性乗務員を強姦できる人間という生き物に
興味を持つのは私だけではあるまい。異常な性欲などという生やさしい原因では
説明できない。犯行時刻は早朝だよ。飲酒も無関係とくれば、犯人の脳を調べたくなると
思うよ。犯人をどう罰するかも大事なテーマだと思うが、この異常さは、何か犯人の側に
存在するのではと考えたくなるよ。
 女性乗務員の不運さには同情の言葉さえかけられない。

76 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 14:45:27 ID:9YidesVN
犯罪者の幸福(生存)と遺族の幸福が対立したなら
後者を優先させるべしというのが国民の8割の考えだよ。


「犯罪抑止力がないから、死刑は廃止すべし」
という主張は「そもそも死刑は悪いこと」という前提がないと成立しない。
そしてそんな前提はほとんどの国民は共有していない。

国民の8割が存置に賛成している制度なんですから
抑止効果を問題とするならば、
「じゃあどうすればより死刑の抑止効果を高められるのか」
を考えるべきしょう。(情報公開、死刑基準の引き下げなど)

死刑廃止派が抑止効果を論点に上げるであれば
「死刑を廃止した方が犯罪抑止効果が高まるぞ」
という主張でなければならないハズです。
それ以外で廃止論者が抑止効果を論点とするのはすべて無効です。

77 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 14:50:45 ID:9YidesVN
また「死刑があると死刑目当ての大量殺人が起きる」という意見は
小数の特殊な例を無理矢理一般化するもので説得力がありません。

仮に多少は有効であったとしても、その有効ポイントは
存置論者が「死刑を恐れて思い止まった」という
同じく「特殊な小数の例」を挙げさえすれば相殺できるので無効です。

78 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 14:58:15 ID:ggOuBk3J
>「犯罪抑止力がないから、死刑は廃止すべし」

誰がこんな主張してるの?

79 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 17:54:10 ID:gR3azSA+
死刑は正しい。
たとえ国民の99%が反対したとしても続けるべきだ。


80 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 17:58:24 ID:XKzXPQv7
過去スレとかであったような。廃止論者は大体いってるような気がするが

81 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 18:22:47 ID:M8n3Nv0q
犯罪抑止なんかでなく、人を殺して於いて自分は死にたくない?フザケルナ
人を殺したら殺した奴も同じように死刑だよ、そうしなかったら仇討が復活するよ
それをさせないために国は代わって死刑にしてくれるんだよ!
何か文句あるかいな、目には目を、歯には歯をコーランの教えだよ、
何の落度もなく惨殺されたんだよ、犯人は即死刑だよ、それが日本の古来の教訓です。

82 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 19:51:44 ID:h660CW3P
>>76
死刑は必要悪だって考えている人は少なくないんじゃないの?
ほとんどの国民が死刑は善なるものとして考えているの?

83 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 19:58:16 ID:Kj1imCft
俺は廃止と存置を比較して多くの命を救うほうを選ぶのが善行で逆を選ぶのは悪行だと思うけどな。

84 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 19:58:49 ID:ggOuBk3J
>>80
廃止論者がそのこと持ち出すときは、そのことだけは言わなくない?
デメリットとメリットを比べて、メリットが薄いって意味で主張してるのは見たけど。

85 :朝まで名無しさん:2008/07/07(月) 04:56:09 ID:2bR8xN+y
罪に対し相応の罰が下されるというのは正義もしくは公正性の源泉なんだよ。
命を奪われたら奪い返すという道徳上の均衡を求める心の働きだから。
しかしそれで仇討ちを野放しにすると近代国家は成り立たないから、
死刑という形で国家が復讐を代行するというのが近代死刑制度の本質。
死刑制度を廃止することは国家が公正性を放棄することを意味する。

キリスト教のような最終的な審級があれば死刑制度廃止でも
正義の担保は可能だろうけど。

86 :朝まで名無しさん:2008/07/07(月) 14:56:10 ID:57opASJa
人殺しを生かしとく必要を端的にのべてくれだれか
死刑廃止論者さん?

87 :朝まで名無しさん:2008/07/07(月) 14:59:22 ID:OBV05j3r
自己満足

88 :朝まで名無しさん:2008/07/07(月) 15:04:05 ID:SrbSVr5F
殺す必要が無いから

89 :朝まで名無しさん:2008/07/07(月) 15:58:30 ID:b0GzrwRq
>>85
人を一人でも殺したら死刑というのが理想形なの?

90 :朝まで名無しさん:2008/07/08(火) 01:13:57 ID:rApUluFi
>>89
少なくとも妥当ではある。


91 :朝まで名無しさん:2008/07/08(火) 02:56:46 ID:OFMcw6vK
今現在、どんな犯行に及んだら死刑になるのかを良く調べてみて欲しい。
普通に人を殺しましたというだけでは死刑にならないよ。
そういう意味では日本の司法はかなり寛大。
ところが、一度のみならず再犯でまた人を殺すとか、或いは一度に何人も殺す
など、あまりにも身勝手で社会の秩序を著しく冒涜する人には死刑が適用される。
過去に死刑判決が下った事件を見るとその人でなし振りに身の毛もよだつ。


92 :朝まで名無しさん:2008/07/08(火) 05:10:14 ID:pEDHc03T
人の命を、まるでリンゴでも数えるかのように、1つ、2つと数えるなと言いたい。
被害者の数を「基準」とすることこそ、被害者を冒涜している。

93 :朝まで名無しさん:2008/07/08(火) 15:03:53 ID:DxMF8MBu
>>88
じゃあ終身刑ってことか?

94 :朝まで名無しさん:2008/07/08(火) 18:28:30 ID:1VJL1uDo
>>92
俺は死刑存続派だが、
死刑反対派がよくいう「大事な1つの命」という言い方に
指摘すべき点があるとは気がつかなかったよ。


95 :朝まで名無しさん:2008/07/09(水) 01:07:22 ID:RNvmrnjI
国民のほとんどが死刑賛成しているのも大きな存置理由だろうけど、
もしも国民の過半数が同時に死刑犯罪犯したらどうなるんだろうね。
極論すぎるけど、民主主義の限界を感じるわ。


96 :朝まで名無しさん:2008/07/09(水) 01:38:25 ID:dXlUrxsk
>>95
詭弁の特徴のそのいくつか

>ありえない仮定を持ち出す

ですね。わかります。

97 :朝まで名無しさん:2008/07/09(水) 02:37:13 ID:Ucvb9eBN
人権はポイント制にせよ!
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/rights/1215329952/

凶悪な犯罪者と善良な市民の人権が同じなんておかしい。
人権はポイント制にすべきである。

生まれたときは、みな同じポイント数を持つが、
ボランティア活動や人命救助、献血や慈善団体への寄附などの
社会貢献をすることによって「人権ポイント」が積める仕組み。
逆に犯罪&迷惑行為を繰り返せば人権ポイントが下がっていく。

ポイントが高い者にはいろいろと特典があるが
低い者が犯罪を行えば最悪、即死刑もあり得る。

人々はこぞってポイントを挙げたがるだろう。
そうして健全な社会が醸成されるのだ。

98 :朝まで名無しさん:2008/07/09(水) 03:53:03 ID:ApF1YBos
>>97
昔は、それを「徳」と呼び有形無形で少なからず報われていた。

99 :朝まで名無しさん:2008/07/09(水) 08:40:24 ID:ZXxTRnjM
人殺しは>>74で問題なし
問題は社会的にインパクトのある犯罪
(特に経済事件とか政治的な件)に死刑が全く考慮されてないってとこがおかしな点
>>91
では死刑にならなかった犯罪についてもよく調べて見よう
どうして彼らは死刑にならなかったのか
現在の裁判制度は何人に対しても平等性が担保されてるともお思いですかね

100 :朝まで名無しさん:2008/07/09(水) 09:13:08 ID:a8CvlEFo
>>95
国民の過半数が死刑相当の罪を犯せば、
その国の人口は限りなく0になるんじゃないの?wwww

101 :朝まで名無しさん:2008/07/09(水) 16:02:26 ID:ueA53ddZ
>>99
「絶対平等裁判は可能だ」と考えている人もいるのは解かった。

では、ここのスレである死刑制度に結びつけた時の考えは‥?

102 :朝まで名無しさん:2008/07/11(金) 13:11:36 ID:Dpolfleu
>>74
無駄な公益法人(死刑囚)を存続させたい奴が、屁理屈をこねるのと似ている。
でもまあ、一理はある。否定はしないよ。ただ研究の仕方だ。

実際に起きた殺人と同じ事を、受刑者をやる方やられる方に分け再現させる。
この様子を他の受刑者に見せその心理的反応も研究する。

この研究が出来ないなら賛成はできないな。従来と同じ研究方法では
「研究の成果が出ないから」と、永遠に執行させない理由を反対派に与えるだけだ。

103 :たいち:2008/07/11(金) 20:32:36 ID:j4g9pF4E
頭わるいねー ただ あだ討ちを 代わりにやってくれてるだけ
鳩山さん ありがとう 大勢の国民がそう叫んだでしょう
100個みんなやってほしい
それから そんな出来損ない 不良品を出さない方法を考えるべき

104 :たいち:2008/07/11(金) 20:37:13 ID:j4g9pF4E
福岡県久留米市草野町の会社役員中野貴仁容疑者死ね
ほんとにわるいやつ多いねー

105 :朝まで名無しさん:2008/07/11(金) 23:29:41 ID:V41bT5tk
このスレに関しては1スレ丸々ROMってから書き込め。
これが正しいかも。

賛成にしても反対にしても、
問いかけの疑問にしても、何らかの提言にしても
玉石の石が多すぎて玉が見つかりにくい。

97とかはちょっと面白いけど、
きっと実行したら上手にポイントためて
ポイント低めの一般市民をかもにするヤクザとか
出てくるんだろうな。


106 :朝まで名無しさん:2008/07/11(金) 23:40:25 ID:LC6EUd9c
人権ポイントを上げる方法として
>ボランティア活動や人命救助、献血や慈善団体への寄附
とか挙げてる時点で却下だわw

107 :朝まで名無しさん:2008/07/12(土) 00:05:56 ID:LShU5fUi
>>106
「w」←こんな表記を使う時点でお前が却下。
下卑た笑いを浮かべながら話すことと違うから。

108 :朝まで名無しさん:2008/07/12(土) 03:39:35 ID:zjFH4lVO
人権ポイントは理想的に運営されるなら良いと思うんだけど
今やっても絶対 新しい利権の一つにしかなんないよね(;^^)



109 :SEO:2008/07/12(土) 15:52:49 ID:86e+Ufjx
死刑厨とネトウヨを全2ちゃんにおいて総括しよう!!
以下のコピペ皆様よろしく!wwwwwwwwwww


光市事件、被告少年を2CHが死刑に追いやる【野蛮】
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/youth/1208867826/




ここの死刑賛成派1を、論破してやりましたwwwwwwwwwwww


これで2ちゃん全土において、死刑賛成派およびネット右翼の敗北が決定しました!!

光市事件の被告少年にも、天寿を全うさせねば!!!!人権を!!!!!!!

「天魔神 リヴァイアサン」てプゲラwwwwwwwwwww
 てめえのサイトなんかだれもみねー。100万アクセス?wwwいったら終戦記念日に靖国で参拝オフしたるわwww
裁判員となる皆様も、けして国家殺人を容認したりなどしないように!!!

ネトウヨの不法毎日新聞バッシングもワイがつぶしたったでwwwww




110 :朝まで名無しさん:2008/07/12(土) 23:15:34 ID:uzgX//EL
>>106
賛成だ。
一般的に(例外を挙げているのではない)、
公務員のような時間に余裕のある奴がボランティア活動をし、
金に余裕のある奴が寄付をする。献血だって出来ない奴もいる。
人権ポイントという発想は悪くないが、
じゃあ実際にどう行うかとなると問題がある。

111 :朝まで名無しさん:2008/07/13(日) 11:52:24 ID:mXoCT0GW
死刑廃止論者よ、教えてください。
死刑廃止したら何を望むのか?
無期懲役で出所することでは、ありますまい。
では終身刑を導入するのか?
では終身刑で一生、衣食住の面倒を税金で見るのか?
これは誰もが納得できまい。

死刑廃止を唱えるだけで代案がなければ
子供のわがままと同じに聞こえるが、
死刑廃止論者の代案は、なぜか私の耳には届いていない。

俺?
どっちでもいいよ。ただし、廃止の場合の代案は無人島かな?
見張りをつけて、自給自足のサバイバル。

112 :朝まで名無しさん:2008/07/13(日) 12:14:03 ID:RVCYV6Bk
世の中に、実際に終身刑を導入してる国があるのに
誰もが納得できない→ありえない、って展開は無しだろ。

113 :朝まで名無しさん:2008/07/13(日) 12:54:22 ID:mXoCT0GW
111ですが、
「今の財政ではありえない」
と表現を変えますね。
(こんなこと、わかってると思った)

114 :朝まで名無しさん:2008/07/13(日) 13:13:36 ID:RVCYV6Bk
ふぅん、西欧に比べると終身刑も導入できないほど
日本だけ逼迫した財政状況ってわけなんだ、それは知らなかった

115 :朝まで名無しさん:2008/07/13(日) 21:04:30 ID:Y9S1Wjtw
西欧は財政が逼迫すると死刑を行うのか?


116 :朝まで名無しさん:2008/07/14(月) 00:45:52 ID:9dc5v0XA
当然

117 :朝まで名無しさん:2008/07/14(月) 01:58:25 ID:nUGOrxUK
つか廃止論者は死刑を廃止することによって
どんな社会を実現したいと思ってるの?

何人も人間を殺しても、犯人が死刑にならないことによって
世の中がどう良くなるというの?

118 :朝まで名無しさん:2008/07/14(月) 03:13:17 ID:Hc84pdwG
ホント>>105の言うとおりだな

119 :朝まで名無しさん:2008/07/14(月) 06:18:16 ID:9jEkeMAY
「死刑か無期か」、あるいは「死刑か終身刑か」という考え方がおかしい。

人殺しは例外なく死刑とし、裁判官は、犯行の悪質さや、被害者への贖罪、
公判での態度などを総合的に斟酌して、判決にて死刑の執行方法を
指定するようにすればよい。

従来の絞首は標準的な死刑とし、薬物注射刑、ギロチン刑、執行前の睡眠薬ありorなしなど、
安らかに死ねるオプションを付ける。そして極悪殺人者は、八つ裂き、磔、石打などに処する。
前科者、ヤクザ、朝鮮人、中国人、部落民、創価学会、共産党、オタク、ロリコン、変態などは
公開処刑で始末する。

収監後の態度が悪い者や、獄中で絵や文章をかいて商売をしたりした者は、
刑務官の報告に基づいて法務大臣が判断し、ワンランク悲惨な死に方を
させることができるようにする。しっかり反省した者は、その逆に、ワンランク安らかに
死ぬことを許可する。

死刑囚の在庫が20人を超えた場合、法務大臣は死刑とする。
また死刑確定後60日を経過した場合も、同様に死刑とする。
法務大臣は国家・国民のため、忠実に職務に当たらねばならない。

なお、法務大臣は、死刑執行人が不足したときは、アルバイトを募集することができる。
殺人趣味の人間が率先して死刑執行に参加することでストレスを解消し、
罪無き一般人が襲われるケースは減少するため、社会はその利益も享受できる。

死刑の模様はNHKにて生中継する。ネット配信等も積極的に行い、
海外からも閲覧できるようにする。ヨーロッパのアホどもに対して、「我ら日本人は
凶悪犯罪者を決して許さない」という断固とした姿勢を表明するためである。

人殺しを社会から隔離し、厳正に処分する。近代国家のあるべき姿が、そこにある。

120 :朝まで名無しさん:2008/07/16(水) 00:16:37 ID:VtWD+ARs
>>115
国にもよるのかもしんないけども、なんだかんだ理由付けて外に出してるんじゃないかな
なので財政が圧迫されるまでにはなってないとか

終身でも一生出れないと決まってはいなかったと思うが、うろ覚えなので間違ってたらすまん。

121 :朝まで名無しさん:2008/07/16(水) 00:26:56 ID:doDxsXSk
どうでもいいけど、無期刑より死刑の方がコストかかってんだよね
>>111みたいなのって、終身刑=死ぬまで面倒見るって発想だけで
死刑よりコストがかかるって思い込んでしまってるんだろうね。
これから先、死刑に金がかからないようにするって議論ならわかるけど
現行の死刑の形態で財政が持ってるのに、今の財政ではありえないとか
こんなこと、わかってると思った、とかよく恥ずかしげも無く書けるな

122 :朝まで名無しさん:2008/07/16(水) 02:20:20 ID:1XXQLLkh
>>121
>無期刑より死刑の方がコストかかってんだよね

すまんけどソース教えて。
あとそれって判決から死刑執行まで何年平均でとったデータで
無期刑は最終的に何年いることを想定してるの?

123 :朝まで名無しさん:2008/07/16(水) 07:58:02 ID:NkjotAdi
>>121
確かに(一人当たりのコストでは)無期刑は数年で出る奴もいるらしいから、
現状のすぐ執行しない死刑よりは安いかもしれん。
しかし死刑と終身刑との比較では死刑のほうが高くつくのでは?
111さんは無期刑と終身刑を明確に区別した意見だが
あなたの書き方ではそこが解らないので、明確に区別し再書き込みをお願いします。

124 :朝まで名無しさん:2008/07/16(水) 08:14:33 ID:NkjotAdi
死刑のほうが高くつくのでは?ではなく
終身刑のほうが高くつくのは?でした。

125 :朝まで名無しさん:2008/07/16(水) 10:21:20 ID:9XPgt99t
>>121
賢しげに説教するくらいだから、
死刑のほうがコストがかかる確固たるソースはあるんだろうね?




126 :朝まで名無しさん:2008/07/16(水) 14:32:18 ID:p/fe6Yi6
単純にムショにいる期間が長い(つかまってからの時間が)ほうがコストがかかるわけだろ?
懲役のばやいはムショで何か仕事をするんだよな?無期や終身は仕事するのか?
するのならいくらかの収入も得ることができるのだろうから、期間だけでは較べられないか?

詳しい人おらん?

127 :朝まで名無しさん:2008/07/17(木) 02:26:03 ID:zVSYuJeb
どっちにしと死刑の意義を否定できるほど
経費に差があるとは思えないけどな。

128 :朝まで名無しさん:2008/07/17(木) 10:54:59 ID:m3KYfIp5
>>121 は逃亡か。
他人に対して「思い込んでしまっている」とかえらそうなこと言っといて、
その実思い込んでしまってるのは自分と言うオチか。
恥ずかしすぎて俺なら舌噛み切って死ぬなw


129 :朝まで名無しさん:2008/07/17(木) 14:58:04 ID:1GYydWvw
その程度で舌噛み切って死ぬのかよwよく今まで生きてこられたなw

130 :朝まで名無しさん:2008/07/19(土) 20:15:20 ID:NUnZCGW7
死刑がコスト高になっているのは強ち間違いではない。
何故なら判決が出るまでの裁判期間が長すぎるし、判決が出た後も執行される
までの期間が長すぎるから。
ただしこれらは、裁判を短くし法律通りに執行すればすむ話。
因みに日本で行われる裁判の70%が2ヶ月位で終了し、90%以上が2年以内に終わる。
翻って死刑判決の出る裁判は、10年以上の年月を費やしている。
これを見れば、死刑判決の出る裁判がいか長く厳密に審議してるか判る。
裁判期間を5年以内にし、速やかに執行すれば死刑がコスト安になるのは、火を見るより
明らか。
従って死刑廃止論者が、死刑の方がコストが高いと言い始めたら上記のこと言えばよい。

131 :朝まで名無しさん:2008/07/21(月) 04:15:25 ID:MhN0YGOS
3回やって結論のでない被告は全部死刑でよい
火のないところに煙は立たぬ
疑わしきを罰せ

132 :朝まで名無しさん:2008/07/21(月) 07:28:38 ID:kWbbsxbQ
>>7は、こういうのを信じてるんじゃないの
ttp://homepage2.nifty.com/fumi-rin/sub25.htm
ttp://homepage2.nifty.com/fumi-rin/sub13.htm
でも、これ書いてる人
自分は吉田松陰の生まれ変わりと言ってる変な奴なんだけど
ttp://homepage2.nifty.com/fumi-rin/sub16.htm

133 :朝まで名無しさん:2008/07/21(月) 08:35:31 ID:fD8d+Z57
まあ懲役刑でも病気になったら治療はしてもらえるからなあ
これだけでも終身刑は金がかかると思う

昔、強盗犯が重度の心臓病で、ペースメーカーを国の金で
つけてもらった話があったから死刑のほうが金がかかるという
のは理解できん。

134 :朝まで名無しさん:2008/07/21(月) 08:53:43 ID:hNDCvkFj
実際のところどうなんだろうね
死刑廃止して終身刑導入した国の資料とかないのかな
宮崎も執行まで20年だっけ?20年ニートを養うのと
60年くらいでも、その間働き続けてる懲役囚だったら
病気とか考えても、20年ただ養う方が金かかるような気もするけど。

135 :名無し:2008/07/22(火) 11:39:20 ID:m17PyQoE
↑なぬ、直ぐ死刑は、殺せて、事、無期懲役も150年とか220年とか
これ、食わすの大変だぞ、即、死刑か、いいかも、

136 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 07:15:27 ID:dqzLvFjm
以前に、死刑は制度上の矛盾を抱えてるということで、結論が出てるだろ?
そこから先は存置も廃止もただの感情論。
感情論としての死刑存置論はただの殺人願望だし、それだったらまだ廃止論の方がマシ。
応報刑論(これも感情論だが)は、それだけでの死刑は日本では違憲だ。

137 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 07:28:59 ID:OGJZrInw
>>134

死刑が無くて終身刑を導入してる国は
確か世界中で三カ国しか無かったと思う。


138 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 13:14:48 ID:dqzLvFjm
>>130
アホ!
死刑判決から執行に到るまでは最低で一年以上はかかり、これを短縮するすべは無い。
確かに法的には半年以内の執行と取り決めてるが、それが実現できないのが現状だ。
お前は色々なことを短縮すればいいと言ってるが、どうすれば短縮できるのかを提示しなければ
全く意味が無い。

139 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 14:24:50 ID:d/fm/j2v
>>136
死刑廃止の方が悪質な感情論。

現行法を感情だけで変えようとしてる自分達の悪行を認識してないと思う。

更生の見込み無い凶悪犯を生かすメリットを、感情(自己満足・偽善)意外で説明出来てない。

140 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 14:43:57 ID:IC+jbyzl
今あるもの無くすには、それなりの根拠と国民の支持が必要。
感情論でいいと思うが、今はこの根拠と支持の両方ともがない。

死刑制度を本当に廃止したいのなら、その中に無意味に殺された被害者遺族を入れるべき。
被害者遺族のいない廃止運動に意味はない。
被害者遺族が死刑廃止を訴えれば国民の感情も変る事になるのではないか?
そして、この時に初めて真剣に廃止・存続について語る状況が生まれると思う。

しかし、我が子や我が孫が通り魔などに無意味に殺されようもんなら、
我が命に替えてでも犯人を殺してやりたいと思う事は、ごく当たり前の感情。
遺族にとっては、死刑でも足りないのだよ。

141 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 14:47:02 ID:IpEj3YUk
死刑廃止のメリットは冤罪被害者の救済(の手立てを残す)だけ><

142 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 18:41:28 ID:yUnwV641
>>139
>更生の見込み無い凶悪犯
って決め付けてしまうのが感情論って言われてるんじゃないの?

143 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 21:12:00 ID:/Vlcb3iN
>>142
世の中には「快楽殺人犯」というのもいるからなあ・・

144 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 21:56:06 ID:0GKuIajP
なんで死刑を刑事でする必要あんの?
民事ですりゃいいのに

145 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 22:26:13 ID:M8sptAHE
>>101つーか「絶対平等裁判」て不可能でしょ
だからこそ「死刑廃止論」が出るわけでして・・・
欧なんか典型でしょ
何度も各国が他国占領を繰り返すから「国家が裁く」なんて
インチキだって判ってるから「死刑廃止」っていうことだし

結局裁くのは国家であって被害者ではない
被害者が裁くと被害者感情が暴走するだけ
(例えば娘に擦り傷負わせた→死刑でOKになる)
>>139 精神病院に入れれば(精神病で刑の執行が直るまで猶予)済む話
また、研究材料としてのメリット有り

146 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 10:37:26 ID:lwxwcyGY
>>139
矛盾を抱えてる制度で、人の命を絶つような感情が悪質ではないとは驚くな。
感情だけで現状を維持しようとしてる奴が思いつきそうな発想だな。
矛盾を解消できないくせに。

147 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 15:03:50 ID:eo1SEKfi
>>145
「絶対平等裁判」が不可能を根拠とするなら、死刑以外の刑だってだめだとなるのでは?
「国家が裁く」なんて インチキだというならだれが裁くのか?
裁くのは国家であって被害者ではないとうが、現在は被害者が裁いていてはいないぞ?
精神病院に入れれば済む話というが、どうして精神病院にいれれば済む話なのか?
研究材料としてのメリット有りというがどんな研究だ?
その研究は「死刑を執行しないとどうなるか死ぬまで観察しましょう」というものか?
「研究材料となる」のが、死刑反対の根拠にできるほどのメリットなのか?

148 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 15:17:13 ID:7hW/xclJ
>>138
一応、裁判期間に期限を設けている国はありますよ。アメリカとかね。
これによって裁判期間は短縮することが可能です。
それから手続きを簡略化すれば済む話です。


149 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 15:23:48 ID:7hW/xclJ
>>146
> 「国家が裁く」

この時点で司法というものを誤解してますな。
三権分立が何なのかわかっていない証拠
法治と言うものを全く理解していないといってもよい。


150 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 15:42:41 ID:DNcVhEWV
>>146
>矛盾を抱えてる制度

矛盾も何も、犯人は死刑になる事分かって殺人したんだよね。

151 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 15:55:26 ID:RzPlQJPQ
極刑とは、応報刑の最たるものだと言うことができる。
近年ではとみに、国民感情とか被害者感情を考慮した判決が目立っている。
元々「江戸の敵は長崎で」とか、「忠臣蔵」などの仇討ちを好む国民性なのだろうね。
この刑罰が残っているかどうかで、その国の民度が図れると思うよ。
アメリカのような殺伐とした国でも、州によっては終身刑が最も重いからね。
何にせよ、死刑制度に寄りかかった政策しか執ってこなかった政治の責任は重い。



152 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 16:47:14 ID:JRkg6WDN
>>142
更生すると思うか?無差別殺人者みたいなジャンキーが
たとえもし更生したとしてもお前はそいつが社会に出たとき
信じられるか?
>>146
殺人をした人間が生きてて被害者が死んでいる
これが矛盾だ


153 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 18:06:42 ID:lQzCtyct
>>152
「信じられること」と「更生した事実」は別物でしょ
更生したのであれば社会は彼を受け入れるべき
当然白い目で見る奴もいるだろうけどそれは白い目で見る奴のほうが悪い
逆に「更生した」という理由で獄から出れるわけだから、実際は更生していなかったときの社会の糾弾も大きくなるのも当たり前だが。

154 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 18:26:20 ID:OKv804sC
>>153
何故受け入れる必要があるの?更正したとはどう言う状態の事かよくわからないな
仮にあなたが元複数殺人犯と同じ会社にいて同じプロジェクトを2人だけで任された
として何の偏見も持たずに接する事ができますか?出来ないなら余計なシコリを残す
だけでその元受刑者は「俺はやはり疎外されてる」と再び殺人を犯す可能性があるの
ですよ

155 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 18:37:39 ID:IVeW8asO
>>152
その矛盾は制度の矛盾ではない。
過去ログ読め。

156 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 18:39:51 ID:RzPlQJPQ
本日、中東のイランが多数の死刑執行をした。
日本もテロ指定国家のイランと変わらないね。
先の大戦も、まぁテロと言やテロだからな。
変なところで意気投合したものだ。ふむ。


157 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 18:53:03 ID:6FDw8dGg
いくらファビョっても人治国家特亜のヒトモドキが
日本で犯罪(仕事)すれば死刑の可能性は無くならない

158 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 18:59:38 ID:lQzCtyct
>>154
>何故受け入れる必要があるの?
彼が行った犯罪に相当する刑を受けたのであれば受け入れるのは刑を行った国家の構成員として当然。
>更正したとはどう言う状態の事かよくわからないな
更生した、ってのは犯罪者だったころの彼、つまり国民にあるまじき行為をしたいわゆる「亜国民」の状態から普通の社会生活が送れる「国民」の状態になったということ。
>仮にあなたが元複数殺人犯と同じ会社にいて同じプロジェクトを2人だけで任されたとして何の偏見も持たずに接する事ができますか?
偏見と実際に白い目で見たり差別的な言葉を投げかけるのは違います。
が、それはともかく私個人としては偏見は持ちます。
ですがそれは個人的私的な倫理の問題で社会的公的に皆さんが実際にどう接するかとはまた別の問題。
基本的な社会生活(税金や法律面)において彼らが差別されることが「悪い」と言っているのです。
>出来ないなら余計なシコリを残すだけでその元受刑者は「俺はやはり疎外されてる」と再び殺人を犯す可能性があるのですよ
だから「死刑」というわけですか?
そんなこと言ったら飲酒状態の人間は気分が高ぶって人を殺す「可能性が高い」ですし、思春期の学生は親を憎んで殺す「可能性が高い」です。
でもそんなことで逮捕されるのはおかしな話です。
つまり私が言いたいことは「可能性が高い」、つまり実際に起こすかどうかは結局のところ究極的にはわからないこと「だけ」で死刑というのはおかしな話であるということです。
誤例ってことですね。



159 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 19:45:08 ID:7hW/xclJ
>>158
可能性に関しては、再犯率の高さで既に証明されてますが何か?

160 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 20:11:02 ID:OKv804sC
>>158
罪を償う事と更正すると言うのは別ではないですか?
「白い目で見たり差別的な言葉を投げかける」これを偏見と言うのでは?
飲酒状態など殺意が無かったり、思春期の学生が親を憎んで殺すなど未熟
故に発作的に殺人を犯す初犯者と一度は明確に殺意を持って人を殺した人
(それも死刑になる様な複数殺人者或いは猟奇的殺人者)が同じなのですか?
私はぶっちゃけこう言う親に虐待を受けた等の事情が無くただ親が憎くて
殺すとか飲酒運転で人を轢き殺した人達は生きていてもしょうがない奴らと
思いますが?

161 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 21:23:34 ID:mEqfWQIs
死刑廃止運動の人は、戦犯で死刑になった人達も死刑に成るべきでは無かったと思ってるの?


162 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 22:02:05 ID:lQzCtyct
>>158
ちゃんと読みなさいよ
私が言いたいのは「可能性の高さ」という一点だけで死刑にするのはおかしな話だ、ということ。
>>160
>罪を償う事と更正すると言うのは別ではないですか?
違う。
「罪を償う」ってのは応報刑論的な考え方で罪を償うという「行為」。
「更生」っていうのは教育刑論的な考え方で更生という「状態」。
>「白い目で見たり差別的な言葉を投げかける」これを偏見と言うのでは?
偏見は考え方、つまり思想の問題です。
偏見(思想)を持っていても偏見(行為)でなければそれは悪いことではありません。
ですが実際に偏見(行為)として行えばそれは悪いことという事になり得ます。
つまり私が韓国人が大嫌いだったとしても、それは勝手に個人が思っているだけですから国家に捕まることはないでしょう。
これは国家によって個人の思想信条の自由が保障されているからですよね。
ですがそれを偏見(行為)として暴言を吐いたり卵をぶつけたりすることをすればたちまちお縄です。
これは国家がその行為を犯罪としているからです。
よって偏見(思想)と「白い目で見たり差別的な言葉を投げかける」等の偏見(行為)は別物です。
>飲酒状態など殺意が無かったり、思春期の学生が親を憎んで殺すなど未熟故に発作的に殺人を犯す初犯者と一度は明確に殺意を持って人を殺した人(それも死刑になる様な複数殺人者或いは猟奇的殺人者)が同じなのですか?
当然彼らは「同じ」ではありません。
ですが「可能性が高い」という理屈で死刑にするなら何もしていない彼らも(死刑とまではいかなくとも)逮捕の対象になり得るということです。
私はぶっちゃけこう言う親に虐待を受けた等の事情が無くただ親が憎くて殺すとか飲酒運転で人を轢き殺した人達は生きていてもしょうがない奴らと思いますが?
いやいや、私は彼ら(飲酒状態の人間や思春期の学生)が「犯罪を犯した」なんて一言も言っていません。
ただ上記の通り「可能性が高い」論でいけば逮捕だと言っているだけです。

163 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 22:27:01 ID:HtNcKejA
基本的に

(民主主義=多数決)社会優先なら賛成論
(国民)感情優先でも賛成論(要は上と一緒)
サヨクやカルトだけの感情優先なら廃止論

どれを取りますかってだけの話

164 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 22:27:37 ID:OKv804sC
>>162
言いたい事・・・涼解
しかしわたしはねむいのでねる

165 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 22:40:31 ID:13viYEkH
>>154
更正した状態がどんな状態かわからないのに
更正する見込みが無いって言い切るってどういう思考回路してんだ
存置派でも廃止派でもいいけどさ、こういうバカは議論に参加して来ないでよ

166 :朝まで名無しさん:2008/07/28(月) 04:45:59 ID:AQGT2NGh
>>165
????????????
あなた漫画以外の本読んだ事ある?
コンテクストってわかりますか?(どうせ今から必死こいて調べるんだろうけど・・)
前の文章に問いかけているのだから「あなたにとって」と大体察する事出来ないの?
言い切るって何を言い切っているのかさっぱり?(やはり俺バカかも)再犯の恐れが
あると決め付けているって事かな?
今から仕事行くけど、見ていたら書いといて下さい

167 :朝まで名無しさん:2008/07/28(月) 05:55:12 ID:jhc+8WDt
漫画以外の本読んだ事ある?ってまた安っぽい挑発だなぁ

168 :朝まで名無しさん:2008/07/30(水) 21:42:03 ID:GyAJNEGS
 アムネスティとかの人権バカどもには北朝鮮やミャンマー、
イランやスーダンにでも行ってみる事をお勧めする。そうでも
すれば解るだろうよ、日本だって十分人権は保障されてる方だ
って事をな。

169 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/07/30(水) 23:38:26 ID:BS90Fa3O
その手の相対化はバカっぽいからやめろよ。


170 :朝まで名無しさん:2008/07/30(水) 23:43:43 ID:H6QBth3D
死刑廃止の必要性無し。

偽善者の自己満足に投資する義務は無い。

171 :168:2008/08/01(金) 21:35:16 ID:1C2orRTx
 >>169
 でも事実じゃねぇか。中国に比べたって日本の方が
はるかに人権は保障されてるじゃねぇか。


172 :朝まで名無しさん:2008/08/01(金) 22:55:52 ID:xyJiJIuF
○○に比べればマシなんだからいいだろって、どういう理屈だw
お前、北朝鮮にはエアコンないんだからって言われたら
部屋にエアコンなくても納得して暮らせるのかよw

173 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/02(土) 10:52:57 ID:ubp6AWHW
>>171
だから何?
相対化したからって国内法である死刑制度の是非とは関係しない。


174 :朝まで名無しさん:2008/08/03(日) 11:06:27 ID:RkBJWybH
>>172
死刑制度の話にエアコンかよ。
お前こそ、如何いうすり替えだよ?
死刑制度とエアコンってお前。


175 :朝まで名無しさん:2008/08/03(日) 13:30:56 ID:pNAu/8w/
表面上のことしか読めないのかよ
よその国がどうだろうと、日本の問題には関係ないってことくらい読み取れよ
すり替えとか頭悪すぎるw

176 :朝まで名無しさん:2008/08/04(月) 02:04:52 ID:pOf3Py6G
>よその国がどうだろうと、日本の問題には関係ない

もちろんその通り
ところが廃止派はその口で「死刑廃止派は世界的潮流」とか
平気で言っちゃうんだよね。

177 :ケツわれ:2008/08/05(火) 17:44:04 ID:Rx9RCYop
秋葉事件などに類する案件は、その場で射殺か、被害者からすきなように
公開処刑させるのがのぞましい。
全国放送です。

178 :朝まで名無しさん:2008/08/07(木) 17:27:58 ID:KApm/pi/
すぐに警官撃てばよかったのに。まぁ、威嚇射撃しなきゃいけないけどさ
自分は死刑存置論者だけど、世界の流れとか全く関係ない。
廃止論者はやたらとそれをアピールするけど、裁判員制度と同様に。

179 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/07(木) 21:50:30 ID:V2LIJHqS
論理的には死刑は間違った刑罰ではないだろうか。全ての論理は遡れば同じ始まりに行き着く。
過去何度も大絶滅を繰り返している地球において人間がいなければならない必然性はない。
しかし人間は人間のために存在することを肯定した。これが唯一の自然にとっての非論理的な選択であり、人間全体にのみ通じる論理的正しさである。
殺人を許可すればこの前提を揺るがすので、殺人を罪とするのは人間社会において論理的に正しい。
しかし死刑は行為としては殺人でしかないのではないだろうか。
ここで論理的正しさではなく感情論を持ち込むなら、殺人犯もそもそも論理的正しさではない非論理的な動機によって殺人を犯したわけであるから、やっていることは同じになりはしないだろうか。
いや、殺人犯の動機に全く論理性がなければ、被害者の感情論には論理性があるという違いがあるか。
では納得できる動機のある殺人は許されるのか、それは誰の主観によるのか。これに冤罪の危険などを考慮すれば、
やはり死刑はないほうがいいのでないだろうか。もちろんその原因となるような事件もだが。

180 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 00:52:22 ID:SSvQIj4X
死刑の目的として主にあげられるもの4つ
・犯罪抑止
・教育
・応報
・復讐
皆価値の順位つけてみて

181 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 01:19:48 ID:Rhz9krxr
処分

182 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 02:44:30 ID:0gm7qvNc
>>179
殺人を罪とするのは社会の維持のため。ただそれだけだ。
(社会の維持に殺人が必要とされる場合は、
 時に肯定すらされる Ex:戦争、正当防衛、死刑)

よって社会に深刻な害悪をもたらす者は
社会の構成員の合意の下、永久排除することに何の矛盾もない。

ハイ論破終了

183 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 02:52:35 ID:SSvQIj4X
>>182
じゃあ死刑になる前に反省したら「社会に深刻な害悪をもたらす者」じゃないんだから許すべきだよな

184 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/08(金) 03:09:03 ID:u58Xrc3O
>>182
それって社会秩序の維持を名目に社会体制にそぐわない少数派を女子供まで誘拐、拷問、虐殺し、超法規的措置と言って正当化する死の部隊と言い分が同じじゃないかなあ。
シニフィアン(音、呼び方)による言い換えは結構だけでシニフィエ(それらが指している行為そのものは変わらない)としての殺人は殺人でしかないよ。

185 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 05:12:57 ID:0gm7qvNc
>>182
罪に見合った罰が与えられることは正義と公正性の源泉だ。
反省したからと凶悪犯を許せば、社会から順法精神が損なわれる。
つまり、そいつを許し、存続させておくこと自体が
社会にとって害悪になるような犯罪者だからこそ死刑になってる。
ハイ、論破終了。

>>183
「名目」ではなく、正当な(民意を得た)「目的」なんだよ。
そうじゃない場合と故意に混同させても無意味。
っていうかこのスレで「法制度上の死刑」と「超法規的措置での虐殺」を
一緒にすることが許されるなら、どんなことだってどのようにも語れるし
そこまでちゃぶ台ひっくり返すなら法制度の議論なぞ成立しようもない。
このスレに参加するにはいくらなんでもレベルが低過ぎるぞ。


186 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/08(金) 06:12:32 ID:u58Xrc3O
そこまでひっくり返さないと人類のためにならないからね。たぶん人類のためより、法のためを重視する人のようだから仕方がないのかもしれないけど。

法は所詮人工の決まり事、それが論理的に間違ってるなら、カルトの教義と同じ。
カルトの教義が批判されるのは非論理的な決まりごとだから。非論理的な法と非論理的なカルトの教義の違いは、後者には神が介在することくらいだが、
論理的な立場からはオッカムの剃刀によって神の存在は考慮されないので、カルトにおいて批判されているのは人間の身勝手さが作った非論理的な教義に過ぎない。
神の介在しない非論理的な教義とはもはや非論理的な決まりごとに他ならず、それは非論理的な法律と何ら違いはない。これを容認する姿勢は過去の悪法を繰り返すだけ。

なぜなら非論理的な法は人類にとって間違っているから。
私は人工の決まり事からではなく自然界において人類が存在していく上で、どのような形でも殺人は不利益になる、という最初の大前提まで遡って考えてる。
法はこの後にできたものに過ぎず、そこで死刑がこの大前提に反しているのでは? と言ってるんだよ。
法的に正しい。結構。しかし人類にとって間違っているというわけだ。それでも法を絶対視するなら仕方がないけど。

187 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 06:38:40 ID:Ly6FnZVY
死刑は”論理的に”間違っていると書き込んであるレスの内容が全く論理的でない点についてw

主張がA→Aのトートロジーになっていることに気がつかないとは馬鹿なことこの上ない

188 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 07:26:39 ID:SSvQIj4X
>>185
では日本の刑法で定められている刑罰ということを考えてみたときに、そのの目的は「社会の維持」だけでないわけだ
矯正だなんだといろいろ書かれているからな
懲役刑もなんもかんも全部「社会の維持」やら「矯正」やらのそこで定められたすべての目的がある刑であることは間違いない
それならなんでお前曰く「社会の維持」の目的しかない死刑一つだけが特別扱いでそこに在るわけ?
おかしくない?

189 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/08(金) 07:33:33 ID:u58Xrc3O
いやあ実際バカだから具体的に説明してくれないと理解できないよ。
人を殺すという非論理的な行為をさらに繰り返しすだけの死刑がどう論理的に正しいのか教えてくれないと。

190 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/08(金) 07:38:43 ID:u58Xrc3O
それこそ「人を殺すのはいけないから人を殺した人は殺す」というのが死刑なわけだろう。

191 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 08:01:57 ID:XXp9VWr0
殺人犯は、人間ではなく畜生として扱う。
人間社会に仇為す害獣として扱う。
死刑は人間扱いはしないと言う宣言。
ただそれだけのことだ。

192 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 12:47:01 ID:0gm7qvNc
>>188
犯罪者を矯正することだって広義での「社会の維持」のための措置。
軽犯罪者まで全員を死刑にするわけにはいかんのだからな。

>>190
そもそも「人を殺すのがいけないことだ」を普遍的前提条件として扱うからおかしい。
そんな誰も共有していない君の考えを絶対真理かのように語られても。
そんな勘違いがあるから、人質を殺す恐れのある凶悪犯罪者すら射殺できなくなる。

何度も言うように「社会の維持」に沿った殺人は是であり
そうでない殺人は否である。それだけのこと。

あとそれを言い出したら刑罰はどれもその行為そのものは
法の後ろ盾がなければ犯罪行為だ。
死刑は殺人だし、懲役は監禁だし、罰金は窃盗。
つまり「行為そのものが根本真理的には悪なのだ」とやり出すと
法治社会そのものが成立しなくなる。

あと誰も「自分だけは社会の枠組みから自由に思考して根本真理を
理解できる」などと馬鹿なことを考えたりしないってことを覚えておこうな。



193 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 12:55:39 ID:0gm7qvNc
具体的に言えば

×人を殺すのはいけないから人を殺した人は殺す

○罪のない人間を自分勝手な理由で何人も殺すのは
 社会的にいけないことだから人を殺した人は法に基づいて殺す

「人を殺すのはいけない」というテーゼは君がいう
「人間全体に通じる論理的正しさ」などではない。
少なくともそれを前提条件として議論を進めてはいけない。

194 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 13:33:16 ID:wx/YrcOL
なら、死刑で良いじゃん。


195 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/08(金) 14:21:55 ID:u58Xrc3O
いや殺人だけは人類社会全体に通じる非論理的な行いとして認識できるだろう。
自然界にとっては人間がいようがいまいがどうでもいいんだから。殺人を許容すれば自分を含めて生きることを肯定できなくなるから社会が成り立ちようがない。
例えば窃盗などの罪が成立するには、社会が成り立って金や物に価値を生み出さなきゃならない。これは生存が保証された次の段階じゃなきゃ成立しない。
そして生存が保証されてからの人間が意識するものには全て個体差が生じる。
窃盗の罪などにすれば価値を見出す品物には個体差があるから、これらは人類共通の理念にはなり得ない。個体差がないのは死だけだ。
立てこもりで人質を殺しそうな犯人に使うならそれこそ麻酔銃とかもあるだろうけど、そもそも死刑の話だからね。管理された状況下で死刑という殺人が肯定されるべきか否かの話じゃないかな。
そりゃ戦争で人が死なないほうがいいと理想も言えるけど、不確定性原理によって起こりうることは起こりうるのでそんなことがなくなることは有り得ないからね。
これに例えるなら積極的に戦争を肯定しておくか否かみたいなところじゃないかな。
死刑にしても不確定性原理によって冤罪はあるわけで、また文章上で廃止にしたところで死刑のようなこと自体はやはり不確定性原理によってなくならないだろう。
だが積極的な戦争は行為としても望ましくないので公言しておくのも望ましくないように、
死刑もまた行為としては望ましくないのだから法として公言しておくのも望ましくないのではないだろうか。
もしテロメア制御で人類が老化で死ぬことがなくなったりしたら死刑も考慮せざるをえないだろうけど、現状ではどうもね。

196 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 14:47:12 ID:0gm7qvNc
>殺人だけは人類社会全体に通じる非論理的な行いとして認識できるだろう。

それが君の思い込み。
人工的な社会以前の自然界でも同族殺しは普通に存在する。

また、生や死の価値とて普遍的ではなく個体差は生じる。
だからこそ人を平気で殺すような人間も存在するわけだ。

>これに例えるなら積極的に戦争を肯定しておくか否か
>みたいなところじゃないかな

これも間違い。死刑犯罪の場合、社会にとって深刻なダメージは
既にもたらされているのだから、これに対処する防衛戦争に相当する。

また冤罪を理由にした廃止論はここで何度も何度も論破されているので
いい加減ループさせるな。

EX:冤罪を理由に制度を否定するならあらゆる刑罰が執行不可能になる
 :運営上のイレギュラーは制度自体の否定の理由にならない
 :現行犯で逮捕された者の死刑を否定する理由にならない


あと一応、麻酔銃は命中してから失神までのタイムラグで
人質に危害が及ぶ恐れがあることも付記しておく。
犯罪者と一般市民。どちらかを優先させねばならない時
犯罪者の射殺は容認される。ここに命の価値の差は明確に存在する。
つまり社会的状況において「殺していい人間」というのは発生し得る。

以上、論破終了。

197 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 14:49:52 ID:wx/YrcOL
だから、死刑で良いじゃん。

198 :朝まで名無しさん:2008/08/08(金) 23:00:14 ID:SSvQIj4X
>>192
>犯罪者を矯正することだって広義での「社会の維持」のための措置。
つまり「社会の維持」という大義の中に「犯罪の抑止」とか「矯正」という小さな目的が含まれるということでOK?

あと命の価値に差があると言うが、麻酔銃の場合それは極限状態において、しかも両者が生きているときの話でしょ
それなら殺すしかないってのはわかる
でも死刑の場合被害者はすでに死んでいてしかも極限状態でもなんでもない、つまり命の価値なんてものを証明できる理由はねえわけだ
事実、判断として「殺さない(懲役)」って選択肢もあるわけだ(しかもお前が否定した「反省した」からという理由でも)
つまりこれは命の価値の差が少なくともその場合において証明できないからなわけ
証明できるなら簡単に殺せるんだからな
「社会的状況において「殺していい人間」というのは発生し得る。」のは確かかもしれんがそれを死刑の話に持ち出すのはおかしいだろ

あと俺は冤罪の話をしてたときにいなかったから教えてくれ
なぜ回復(完全には無理だが)可能な他の刑罰と回復不可能な死刑とを一緒くたにできるわけ?


199 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/08(金) 23:05:40 ID:u58Xrc3O
殺人を罪と認識してるところから話が始まってるんだから、それを容認する社会は、やっぱり人類にとって不利益な社会でしかないよ。
そこでは殺人を容認してるわけだからそれに対する刑罰の話の意味もない。
これが非論理的だから殺人は罪だと認識するところから話が始まるわけだ。
死の違いも幽霊でもいなければ認識できるわけがない、あるのは死に至る過程の違いだけだ。

戦争の例えも確かにわかるが、あくまで例えだから全く同じ意味ではない。
核ミサイルとかでもいいよ、好き放題使ってたら人類は滅びる。冷戦のただなかならまだしもそれがわかってる今、方向性として配備を正当化するのが正しいだろうか。
死刑を肯定するには論理より感情論がやはり大きいと思うけどね。前提を覆してるんだから。
それに死刑の冤罪は、それがわかってから別な何かで間違えた側が償える他の冤罪とはわけが違うだろう。

しかし他の部分を含めて、確かにこのに件に関してはまだ考察が足りなかったね。いろいろな参考になったよ。

200 :朝まで名無しさん:2008/08/09(土) 01:18:34 ID:5DdkJMtS
>殺人を罪と認識してるところから話が始まってるんだから

だからその前提は君だけのもの。
社会的に容認される殺人と許されない殺人が存在する。
そして社会性・社会規範から逸脱したところで
その正否を判断/証明することはその社会の構成員には不可能。

君は社会規範以前の人類全体に通じる論理性を自分は理解できていると
思い込んでいるらしいが、その君の思考も、
その是非を判断する我々の思考も、
社会的に醸成された思考からは自由になり得ない。

つまり君は言語空間の中で自説の正しさを何によっても担保できない。
「私は正しいから正しい。だから私の前提をみんなで共有しようよ」
そう言っているに等しいのだ。

これでこのスレの住人と君の間で議論が成立しないのが理解できたね?

201 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/09(土) 04:59:03 ID:GopManBo
殺人を容認するなら殺人罪が成り立たない。社会で容認される殺人はいい殺人?
国によっては強姦された女性の側が社会から逸脱したとされて、社会で容認された死刑にされたりするんだがなあ。
生存を肯定されてからの価値観の統一はこのくらいずれのあるものなんだよ、一人として同じ人間がいないが故にね。
でも死んだ人間に個性はない、だから死は平等に認識できる。ごく当たり前のこと。前提は成り立つよ。

むしろ

>これでこのスレの住人と君の間で議論が成立しないのが理解できたね?

こんなことこそこのスレの全住人とその意識が把握できるエスパーでないと言えないよ。
それを言える君のような人には確かに理解できないだろうし、議論も成り立ちようがないだろうね。

202 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/09(土) 05:16:53 ID:GopManBo
それにしても自分で答えを書いてるのに、なぜ理解できずに逆の結論に至るのか不思議だなあ。
上述したような、また君が書いたような社会ごとのずれがあるからこそ死刑が正しいとは誰にも言い切れない。
言うなれば君は自分が理解できないものはみんな理解できないと信じているんじゃないのかな。
でもそれは生存の保証された君の個性があるが故に存在するものだということを自覚できていない。
実際、先ほどの書き込みでそれを証明してくれている。
私は死は平等だと言ってるのみ、ここには個性なんか生じようがないんだから人類と共有できて当たり前。
それを評価できる者は生者にはいない。

203 :朝まで名無しさん:2008/08/09(土) 09:18:37 ID:5DdkJMtS
>殺人を容認するなら殺人罪が成り立たない

>死んだ人間に個性はない、だから死は平等に認識できる。

死刑や正当防衛、犯人射殺などさまざまな形での「国家による殺人」、
あるいは「命の選択」を容認しつつも殺人罪は現実に矛盾なく成立している。
それは時に社会的規範によって命の価値の優劣が規定されることを意味する。

君は「その現実が間違っていて自分が正しい」と主張している。
あるいはそうかもしれない。しかし君はその正しさを
社会的言語によっては決して証明し得ない。
そして君は証明し得ない正しさを前提にしきりに議論をしようとするやっかい者。

こんなんエスパーじゃなくても、誰とも議論が成立し得ないのは自明。


>社会ごとのずれがあるからこそ死刑が正しいとは誰にも言い切れない

超社会的な神の視点での正しさなどもちろん誰にも言い切れない。
だからこそせめてその社会内の言語や思考にのっとっての
正しいあり方を求めるしかない。それがこの場での言語による議論だ。
誰も「社会内部での思考・言語を超えたところにある正しさ」などを求めて議論していない。

君は「あらゆる殺人は罪」「死は平等」という神の視点にたった
君の思い込みを前提に自説を主張しているだけ。無意味。
(ちなみに仮に死が平等なのだとしたら、
 だからこそ殺人は命をもって償うべし、という考えもできるのだがね)

204 :朝まで名無しさん:2008/08/09(土) 09:23:58 ID:5DdkJMtS
例えばライオンのオスは新しいメスとつがいになった時、
メスの前の夫との子供を殺す。
この同種殺しは罪か? 誰にとっての罪だ? 何によって規定される罪だ?

このように、そもそも社会が規定しないところで「罪」などという概念は
存在し得ない。殺人は社会がそれを罪と規定する時にのみ罪となる。
よって「いかなる殺人も根源的に罪である」というあなたの説は間違っている。


もちろんこの言説も超社会的には正しいのか間違っているのかは
証明・判別のしようがない。しかし少なくとも、社会的言語で語るこの場では
「とにかく死は平等だ」という君の書き込みよりは
説得力があるものだと思っているよ。


205 :朝まで名無しさん:2008/08/09(土) 10:33:29 ID:PN8hwmu+
超社会的てなんだよw
それって神の視点てことだろ。

206 :朝まで名無しさん:2008/08/09(土) 11:42:48 ID:A9ETQFtu
摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA

この人難しそうに語ってるけど、現在の社会(日本を含む)や法律全否定してるんだね。
殺人が普遍的価値じゃなら、暴行や強姦や窃盗なんかもだよね。
近代法治社会を否定するなら、貴方の生活成り立たないと思うけど。
法律でガッチリ守られてるネットなんかもってのほかだよ。

207 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/09(土) 17:07:56 ID:GopManBo
>>203-204
同じことを繰り返してるだけだね。

>>206
>>195>窃盗などの罪が成立するには、社会が成り立って金や物に価値を生み出さなきゃならない。これは生存が保証された次の段階じゃなきゃ成立しない。
>そして生存が保証されてからの人間が意識するものには全て個体差が生じる。
>窃盗の罪などにすれば価値を見出す品物には個体差があるから、これらは人類共通の理念にはなり得ない。個体差がないのは死だけ。

他の刑罰と死刑は同列に扱いようがない。

まあ、現在の社会が完璧じゃないとは思ってる。共産主義も、アメリカのネオコンの目論む世界的なアメリカ型民主主義化も限界だろう。
いずれ人間が種として宇宙に望むならある考えを基盤とした新たな社会体制を想定しなければならないと思ってる。
そうした場合、死刑はどう扱われるかを考察してみたかったんだよ。
それにまだ不勉強だからこれが結論だとも思っていない。全く逆のモデルもぼんやりとあるしね。
だからこの件に関してはこれで失礼させてもらうよ。

208 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/09(土) 17:25:21 ID:GopManBo
いや、死以外にもアプリオリな傾向も共有できるかな。

209 :朝まで名無しさん:2008/08/09(土) 17:29:11 ID:5DdkJMtS
>個体差がないのは死だけ

この主張の妥当性が何によっても担保されてないのがスゴイ。

覚えたての単語をいくら盛り込んでも主幹部がコレでは、
議論できるレベルに達していないと言わざるを得ない。

210 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/09(土) 17:45:12 ID:GopManBo
死にどういう違いがあるか一切説明しないで、死に至る過程だけしか語ってないんだから当然だろう。幽霊か霊媒師でなきゃできるわけがないし。
それに死以外にもあると書き添えたあとに、死だけと書いたものを引用されてもなあ。
まあ、
>覚えたて
とか、また人の思考を読むテレパスじゃなきゃ言えないことを言う君とはやっぱり議論が成り立たないのは同意するけど。

211 :朝まで名無しさん:2008/08/09(土) 18:52:02 ID:z9znFRHx
おいおい!生存権の保証を放棄してるのに。
言ってる事むちゃくちゃだぞ。

>>200
>>殺人を罪と認識してるところから話が始まってるんだから
>
>だからその前提は君だけのもの。


212 :朝まで名無しさん:2008/08/09(土) 22:31:24 ID:F9rwu9kA
>>176
そうそう。
それが人権バカどもの常套手段。

213 :朝まで名無しさん:2008/08/09(土) 23:46:52 ID:5DdkJMtS
「どのような場合でも殺人は罪
 
 死は誰にも平等

 だから死刑は反対」

宗教談義はよそでどうぞ。

214 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 01:36:18 ID:CCG7pQWs
まあそんなに攻撃的にならないでくれよ。こっちも疑問を持って語ってるからね、結論を出せる自信もない話だし。
でも死に違いがあるという主張こそ、死後の世界を語る宗教家にしか不可能なのは確かだろう。
それに死刑支持の立場から強姦被害者の死刑は批判できるのか。人権に対する概念が違うのに人権云々と言っても通じないだろう。
どこが人類社会の中心かなんて言えないし、先進国のアメリカですら殺人でなくとも児童強姦の犯人に例外的に死刑判決を下している。
こうなると殺人を先に犯すのは社会側だ。しかもその対象が国によって違い、故に誰が正しいとも言えないし、取り返しがつかない。
だけど人間という生物には共通部分があるだろう、生存が保証されて以後の人間には個体差が生じるから、それを批判するのを人権とかで語っても社会ごとに永久にどこかで平行線になる。
だが死は思考を持つ以前の生物としての人間にとって平等なのだからそこでの結論には文句の付けようがない、そしてその結論が殺人の肯定にはならないだろう。
だったらそれを根拠にすれば殺人という行為も理不尽な死刑も批判できるし、そういう犯罪者も罰せなくなるわけではなく別な刑罰を科せば済む、で総合的に人間にとっていいのではないかということ。

215 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 01:51:25 ID:CCG7pQWs
これを許容するなら、永久に冤罪や理不尽な死刑が人間社会に残ることを覚悟するかだ。
そこまでして別に犯罪者を罰せなくなるわけでもないのに、死刑は守るべき刑罰なのかなあ。
まあ前述の理論に従っても不確定性原理によって、理不尽な死刑のようなことが起きるのだろうから、
ここまで覚悟して死刑廃止の国もそうした社会ごとの形態として容認して迷いながらもやっていくのが現実的なのかもしれないけど。
あと前回の形態もすぐに実現できるものではないことを考えると、後者の多様な体制から、自由に選択して生きていけるようにするのがもう一つの理想かもね。

216 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 17:08:40 ID:dRN6RaMJ
>>214>>215

>でも死に違いがあるという主張こそ、
>死後の世界を語る宗教家にしか不可能なのは確かだろう

>死は思考を持つ以前の生物としての人間にとって平等なのだから
>そこでの結論には文句の付けようがない

すげー。「死の違いは宗教家にしか語れない」と言いながら
すぐ数行後ろで「死は平等だ」と主張してる。矛盾だらけ。
しかも自分のトンチンカンな意見に「文句の付けようがない」てw

217 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 17:11:33 ID:dRN6RaMJ
別に真理としての死の違いなど誰も語っていない。
法規的、あるいは社会倫理的に、
命の価値には明確な違いがあるという事実を述べている。

そして社会の枠組みを超えた普遍的な正しさなども求めていない。
その社会規範の中で妥当と思われる刑罰が下さればいいだけのこと。



218 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 18:18:54 ID:CCG7pQWs
違いがないから同じ、当たり前の文章だろう。誰か彼に日本語を教えてあげてよ、自分で言ってて気付けないとは驚かされるね。
まあ人工の概念を盲信するなら仕方ないな。それは不完全性定理によって間違っており、熱力学第二法則によって必然的に劣化するからいくら嫌がっても変わることになるけど。
しかし人間原理で認識できる宇宙の法則は、人類がホモ・サピエンスであり、現状の宇宙が現状の宇宙である限り変わらない。
死は人工の概念以前の自然現象だから共通の認識が可能なんだよ。テロメア制御が実現すれば別かもしれないが。
まあ君が単に全く何も理解できてないだけなのは、いつまでも自信の信仰する法律という名の宗教のお経を繰り返してるのみの文面からよくわかった。
不完全性定理によって有り得ないけど、現状に全く問題がないと信仰するならしょうがない。
しかしポアンカレ予測の解決が示すように、ある分野の問題を全く別の分野が解くことがある。
この視点から適切な反論がなされなかったところを見ると、どうやら反論できる理解力のある人がいないか、私の認識が正しかったかのどちらかのようだね。

219 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 18:26:57 ID:ATf9m2b+
>>218
>適切な反論がなされなかったところを見ると、どうやら反論できる理解力のある人がいないか、
>私の認識が正しかったかのどちらかのようだね。

勝利宣言が空しいことは
「自己の無謬性を自分では証明できない」とした第二不完全性定理が示しているんだがな

馬鹿は知ったかぶりで恥を上塗りする

お前は全然不完全性定理を理解してないだろw

220 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 20:33:17 ID:CCG7pQWs
どちらか、ようだ、のどこが勝利宣言なんだい?
お願いだから日本語を勉強してくれよ。

221 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 20:40:28 ID:ATf9m2b+
後半は自己言及だから同じ事だよ

君は自分にハクを付けるために不完全性定理を持ち出したようだが
全然論理学のイロハもわかってないね

222 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 20:41:36 ID:CCG7pQWs
それとお利口な君の考察を頼むよ。ついに本題一切なしの揚げ足とりだけになっちゃなにもおもしろくないからね。

223 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 20:42:27 ID:ATf9m2b+
そのくせ「死刑は非論理的」なんて言い出すから失笑モノだ

224 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 20:45:26 ID:ATf9m2b+
というより不完全性定理がどういう命題かも>>218の文意から全く読みとれないな

「これは○○より間違ってる」なんてことなんていっても肝心の○○を理解してなければ意味がない。

225 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 20:54:56 ID:CCG7pQWs
じゃあ前半は違うんだね、あと後半も未然形だから推量であって、断定じゃないし。
理解が不充分なのは確かだよ、理系でもないから、でも自分なりに学んだ限りではそう捉えられるだけ。
だからこの理解でいいのか確かめるために書き込んでみたんじゃん、疑問があるって言ってるでしょ。
的外れな書き込みじゃなくて解答すればいい。

226 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 20:56:24 ID:CCG7pQWs
って言ってるそばからこれか。つまらないね。

227 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 20:59:03 ID:CCG7pQWs
○○は人工の概念の盲信だろう。読んでわかると思うけど。

228 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 21:00:21 ID:ATf9m2b+
逃げ口上はいいよ

結局君は知りもしないくせに知っていることのように
>人工の概念を盲信するなら仕方ないな。それは不完全性定理によって間違っており、
>熱力学第二法則によって必然的に劣化するからいくら嫌がっても変わることになる
なんて推量でもなく語ってるんだからw

俺がツッコんだのは君が「知ってもいないくせに知ったかぶりをする」こと

この種の見栄を張る人間の意見は聞くに足らない
当たり前だよね。前提になる知識が曖昧なんだから。

229 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 21:02:13 ID:CCG7pQWs
ん?
○○より間違ってるか、そんなこと書いてないから勘違いしたよ。書いたのは、人工の概念の盲信は間違ってる、だな。

230 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 21:07:44 ID:CCG7pQWs
私の理解がどこがどう間違ってるか説明された覚えもないし、それを口実に死刑の話から一切逃げちゃったのは君にしか見えないけど。

不完全性定理は完全なものはないことの、熱力学第二法則は全ては劣化することの証明。

数学の話だろ科学の話だろ、なんて逃げはよしてくれよ、熱力学を徐々に散らかっていく部屋などに例えることなんて珍しくもないんだから。

231 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 21:07:45 ID:ATf9m2b+
>>227
馬鹿だな
この場合の○○は不完全税定理のことだよ.。君の各論を一般化しただけ

>不完全性定理によって間違って
>不完全性定理によって有り得ない in >>218

つーか理系でもないのにポアンカレ予想まで持ち出すなよ、恥ずかしい
どうせ3次元多様体もしらないだろw
トポロジカルに証明できなかったものが微分幾何でとかれたけどこれは全然違う分野でもない。
むしろ原点回帰に近い。

232 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 21:11:09 ID:ATf9m2b+
>>230
>不完全性定理は完全なものはない
>熱力学第二法則は全ては劣化する

どちらも解釈が完全に恣意的でしかも誤ってる
引用するならその対象に対してもうちっと勉強しとけ

前提となる知識が曖昧な状態から導かれる結論は聞くに値しない

233 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 21:12:52 ID:ATf9m2b+
ちなみにゲーデルには「完全性定理」っつーのがあるんだが
これも阿呆が解釈すると

完全性定理は完全なものがあることの証明になるんだろうねw

234 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 21:14:38 ID:CCG7pQWs
理系じゃないものはポアンカレ予測を持ち出しちゃだめってのはどこの宇宙の法則かな。それこそ法律にもそんな決まりはないじゃん。
まあ面白そうだから機会があったら勉強してみるよ。
それで、その単なる例え話の誤りの指摘が本題にどう影響するんだい?
せっかくの理系なんだから、ぜひ感情論じゃなく論理的な死刑への考察をお聞かせ願いたいな。

235 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 21:19:31 ID:CCG7pQWs
>>232
また具体的にどこがどう間違ってるか説明がないなあ。わからない人にわかるように説明できない者が理解しているというのもまた面白い主張だね。
おっとこれに答えるだけではぐらかさないでくれよ、君は一度もスレタイの話をしてないんだから。
そろそろ披露してくれないと単なるスレ違いの荒らしになっちゃうよ。

236 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 21:22:17 ID:ATf9m2b+
>>234
>それこそ法律にもそんな決まりはないじゃん。
じゃ、法律で定められてる死刑は容認でいいじゃんw
キミ論理崩壊してるぞ

書けば書くほどボロが出るなw

>単なる例え話の誤りの指摘が本題にどう影響する
さんざん書いてるだろ「前提が曖昧な知識から導かれる結論は…」

そもそも「偽な命題から任意の命題が導かれる」ってのは論理学の基本でしょ。
そこまで言わなければならない?

237 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 21:32:34 ID:ynsnvbRA
摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA

君が楽しく語らってる2チャンネルも、死刑を最高刑とする刑法で守られてんだよ。

238 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 21:33:29 ID:CCG7pQWs
つまりそんな法則も法律もないわけだ。しかも全く法律の正否について書いた文章じゃないし、そんな法律があったら非論理的だと反論するのみだよ。
よって死刑も同様に批判するわけだ。
どうやら君のほうはまず日本語力がないのが確からしいな。まさに前提の日本語力がないから説明もできないということだね。

239 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 21:35:33 ID:ATf9m2b+
>>235
どこが間違ってるか具体的に知りたいのなら数学板へ
さすがにここでこの話題について詳しくやるのは板違いすぎる
まーせっかくだから誘導してやるか、ここでコテで「不完全性
定理は完全なものはない証明だと思うのですがどう違うのですか?」
と質問してくれ
(それとテンプレはちゃんと読んでね)

数学基礎論の質問スレッド その4
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/math/1207899938/

物理板は住人じゃないから適当なスレを思いつかん。

240 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 21:40:29 ID:ATf9m2b+
>>238
キミ敷衍って言葉わかる?

俺は別に死刑を容認してるわけじゃないよ
ある人間がAという命題を持ち出したらそれを前提にBを導いただけ

241 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 21:49:55 ID:M5wNdq3R
ID:ATf9m2b+は生産性のない議論に終始してるなぁ
ID拾ってみたけど、11回も書き込んでおいて、
自分が死刑制度についてどう思うかに一度も言及してないなんて。

242 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 21:56:47 ID:ATf9m2b+
>>241
いや、そうだろうね。
実際おれ死刑制度に関してはノンポリだしw、書くことがない。

ただ、定理法則云々が阿呆の理論武装ファッションにされるのは見ていて
恥ずかしかったので外野から「お前は馬鹿だな」とツッコんだだけだよ。

243 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/10(日) 22:34:13 ID:CCG7pQWs
なーんだ。じゃあ一言だね、スレ違い。

まあ>>239には素直に感謝するけど、別に不完全性定理については2チャンで話したい内容でもないし、
ここまでスレ違い書き込みしといて今更別のスレに誘導するんじゃ、結局説明できずにID違う誰かに任せきりにする気なんじゃないかと疑ってしまうよ。
そうでなくても礼儀のなってない教師を選ぶ人は少ないだろう。
まあ、念のために不完全性定理についてはあとで独自に見直してみるよ。もともと自分もこのスレに拘るつもりはなかったけど、別なところでの使用に困るなら問題だからね。
ということで私がここで言いたかったことは以上だ。あとは参考程度にして議論を続けてください。

244 :朝まで名無しさん:2008/08/10(日) 22:59:17 ID:ATf9m2b+
>>243
>ID違う誰かに任せきりにする気なんじゃないか
(第一)不完全性定理は「ペアノの公理を含む形式的体系においてはある命題で命題そのものも
その否定の命題も証明できないものが存在する」
(第二)不完全氏定理は「形式的体系においては体系の無矛盾性を体系の内側からは証明できない」
証明は自己言及のパラドクスと対角線論法がカギで、ペアノの公理を含むことを前提からはずせない。
(証明内でゲーデル数を導入して証明不可能命題を構成するから)

これをどう解釈すれば「不完全性定理は完全なものがない証明」になる?
体系が「完全」であるってのは数学の定義であり体系に対する性質だよ。
定理を応用するなら前提にペアノの公理がついてくるぞ。
「完全性」を普通の語義に一般化するのは完全な誤り。

どの部分が誤っているかを指摘するというより逆にどの部分が正しいのかを問いたくなるくらいだw

「知ったかぶりは恥ずかしい」と言ってる人間が知ったかをしてると思われるのはシャクなんで答えとくよ。

ちっとは自分の知識の無さと文脈の乱雑さがわかったかね?

245 :朝まで名無しさん:2008/08/11(月) 01:28:45 ID:Z//ybxnD
>>218
あなたが自分の矛盾にまったく気づいてないことはよくわかったw

>死は人工の概念以前の自然現象だから共通の認識が可能なんだよ

あなたが可能と言っている「共通の認識」なぞ世界のどこにもありませんが?
各国で死刑の取り扱い、死生観がこれだけ違うのがその証拠。
「自然現象だから普遍的な認識が可能」という君のテーゼの正しさを
何をもっても証明できないのだから、その意見は無力だし無意味。

(そもそも「自然現象から導き出された結論なら、
 必ず後からできた社会的・恣意的な価値基準よりも
 最大多数を幸福に導く」という君の考えの根本部分すら
 正しいかどうか証明されていない宗教的思い込みに過ぎないんだけどね)

これだけ完全に論破されていながら、どういう神経で
何度も同じ主張を繰り返すことができるのか理解できない。
それともまだ自分が論破されていることに気づけないのかな。

>現状に全く問題がないと信仰するならしょうがない。

そんなこと誰も言ってない。人はその社会内部で正しいと認識される
法規に従うしかないというだけの話。
「社会に規定される思想や言語を超越した普遍的真理としての正しさ」など
誰にも到達も証明できないし、
司法は誰も証明できないものを判断基準にしたりしない。


246 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/11(月) 08:13:37 ID:AUsPqHXt
>>244
やっとか。
ググったらたいていそんなものが出てきたよ最初からそう言えばいいのに、でも不完全性定理もあくまで単なる例えに過ぎないからね。
完全なものがないのはイデア論の否定から何から枚挙にいとまがないでしょ。ここにも文句があるなら最初からリンクを貼って終わりにしてくれよ。
君の書き込みはこのレス以外無駄だったわけだから。

247 :朝まで名無しさん:2008/08/11(月) 08:43:57 ID:AUsPqHXt
>>245
全く進展がないのにしつこいなあ。
最後に論破宣言しないと気が済まないようだけど、論破論破と唱えてもそれが事実になることはないよ。
この人にも注意がほしいところだね、論理的に平等な立場なら。
誰からしても光速は秒速30万キロだし絶対零度は摂氏マイナス273度だし、死は死だから。
共通して認識できるものはあるよ。君に理解力がないだけなのを何度も披露されても困る。
だから死刑には冤罪と理不尽な執行が常につきまとうわけだ。
死刑がなくなればこれらの危険はなくなるし犯罪者を罰することができなくなるわけではない。
犯罪者を殺してやりたいという暗い欲求を守りつつ理不尽な死刑も許すのと、
我々は犯罪者のような殺人者ではないが罪は償ってもらうとして理不尽な死刑も許さない姿勢とじゃ、
どう考えても後者のほうが人類にとって利益が大きいね。
君も同じことしか書かないならこれからコピペでいいよ。

248 :朝まで名無しさん:2008/08/11(月) 08:53:42 ID:AUsPqHXt
あと不完全性定理そのものに対しての理解には誤りがあったけど、
人工の概念を絶対に正しいとするのは人間である自信の意見も含んでるわけだから自己言及のパラドックスそのものだね。
ここでの用法では何も間違いはなかったわけだ。

249 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/11(月) 09:25:17 ID:AUsPqHXt
しかし疲れる。
本当に日本語力がない人ばかりで驚かされるよ。もしかしたら問題の根本には国語力の低下があるんじゃないかと思うくらいだ。

>死は人工の概念以前の自然現象だから共通の認識が可能

とまず引用しておきながら。

>あなたが可能と言っている「共通の認識」なぞ世界のどこにもありませんが?

いや人工の概念以前の自然現象にはあるから、この宇宙内の法則は誰にとっても同等に働く。

>各国で死刑の取り扱い、死生観がこれだけ違うのがその証拠。

いやそれ思いっきり人工の概念だから、初っ端に引用したこともう忘れたのか。

>「自然現象だから普遍的な認識が可能」という君のテーゼの正しさを何をもっても証明できないのだから、その意見は無力だし無意味。

いやあらゆる科学で証明できるから。

>そもそも「自然現象から導き出された結論なら、必ず後からできた社会的・恣意的な価値基準よりも最大多数を幸福に導く」という君の考えの根本部分すら正しいかどうか証明されていない宗教的思い込みに過ぎないんだけどね

自然現象として水中で息ができないのに、できるはずだという理想のみで水中での呼吸を練習しても無駄。
自然現象を無視して理想の結論のみ語っても最良の対応はできない。
死刑の現状の問題を考慮した上で、死という自然現象を純粋に眺め、先ほどの結論が導き出されたわけだ。

ほんといい加減にしてほしいね。

250 :摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA :2008/08/11(月) 09:32:33 ID:AUsPqHXt
あとはここの住人がきちんと文章の意味を組みとってくれることに期待したいな。
反論になってないただの誤読と間違った文章の訂正はもう結構。
ともかく「彼ら」は2チャンのやり取りですら感情論が中心で、故にいちいち罵詈雑言が多いんだなあという感想のみが残った一時でした。

251 :朝まで名無しさん:2008/08/11(月) 10:54:19 ID:qARdTXBl
死刑は国が国民に与える保証なんだよ。

252 :朝まで名無しさん:2008/08/11(月) 12:21:35 ID:Z//ybxnD
死は死ってw

死の価値、命の価値をどうとらえるかの認識の問題なのだから
自然科学上の定義が共通であることなんか何も意味も持たない。
自然科学的に摂氏25℃は摂氏25℃だが、
それを「熱い」と感じるか「冷たい」と感じるかは個人や環境に左右される。

自然科学としての「死は死」は事象としての《性質》の普遍性を示すだけで
社会内部での命の《価値》の等しさや善悪の普遍性を何も担保しはしない。

そもそも《価値》や《善悪》という概念自体が
自然世界には存在しない社会的なもの。
自然科学は性質としての普遍性を示すだけ。

よって「死は死」という認識が「殺人は普遍的に悪」という
社会的な判断基準を導き出したりはしない。

よって各国・各社会で死生観はバラバラになる、とそう言っているのに
何も理解できていないようだね。水中の息の例えを見ても
自然性質と価値判断を混同してるのがよくわかる。

死は死。そりゃそうだ。
だけど凶悪犯の命と無辜の市民の命は社会的に同価値とはみなされない。
だからこそ、犯人射殺や正当防衛が容認される。
(人質一人に対し、犯人が複数でも射殺可。明らかに等価ではない)


文章の意味を汲み取られた上で
バカにされていることにそろそろ気づいて欲しいものだわー。

253 :朝まで名無しさん:2008/08/11(月) 12:31:32 ID:Z//ybxnD
>死刑には冤罪と理不尽な執行が常につきまとうわけだ。

それはどの刑罰でも同じ。

車社会に交通事故というイレギュラーがつきまとうのと一緒。
完全たり得ない人間が社会制度を運用する上での不可避のコストみたいなもの。
事故(コスト)を減らす努力は必要だが、
車から得る社会の恩恵がコストを上回る以上、
普通はそこで車社会の存在を否定したりはしない。

冤罪を理由とした死刑反対はこれらの議論により
このスレ内部ですら何度も論破されてるんだからループさせるな。

254 :朝まで名無しさん:2008/08/13(水) 13:04:29 ID:pE/1yKvv
>>253
その通りだけどそれはデメリット以上ののメリットがないと成立しない論理。
じゃあ死刑と他の刑罰は別物にしなきゃだめでしょ
普通の刑罰は(完全ではないが)取り返しがつくけど死刑だけはどうしようもないんだからね
つまりこれを認めるってことは国家にもしものときは取り返しさせる義務を一部放棄させるってことにもなっちまう
これだけでも普通の刑罰と比べて死刑のコストは高いわけだ
それを踏まえて、なぜ死刑は恩恵のほうが大きいのか説明しなきゃ意味がないじゃない。
基本の刑罰がそうだから、車がそうだからでは片付けられることじゃないよ
コストのほうが高い社会制度なんていらないんだからね

255 :朝まで名無しさん:2008/08/13(水) 13:57:59 ID:pnKC1+SP
死刑にデメリットなんて無いよ。

えん罪で執行されても、既に死んでるから人権上の問題無いし。

理不尽な執行には、法律守らなかった大臣(過去を含む)は議員罷免にすれば必死で執行すると思うよ。

256 :朝まで名無しさん:2008/08/13(水) 19:40:51 ID:DhXGQJi/
>>254
交通事故だって死亡事故なら取り返しはつかないでしょ。
だけど車社会のメリット>社会が負うコストだと判断されているから存置されている。

死刑だって現状で国民の8割が納得して問題なく回ってるシステムなんだら、
それをわざわざ改訂し、廃止したいんだかったら
廃止派の方がコスト>メリットを説明して
その8割の人を説得していかないといけないんじゃないの?
そしてここではまだ説得力を持つ廃止派理由は提出されていない。

どうも死刑廃止派の人たちは自分たちが少数派で説明義務があるのだという
自覚に欠けているの気がする。


257 :朝まで名無しさん:2008/08/13(水) 21:36:54 ID:MM1PdRJA
死刑の廃止は目的
理由は言えない
以上

258 :朝まで名無しさん:2008/08/14(木) 12:16:49 ID:csWqXpZT
>>256
そのとおりだと思う。今多くの国民が問題だと思っていない制度を変えるだけの、理由や根拠がない。
それどころか、最近は死刑をもっと出せ的な感じも受ける。確かにこれは危ない事だと思うが?

宗教的思想、諸外国は廃止の方向、理不尽、国家による殺人など色々なる理由付けはしようとしているが、
今の日本での廃止の理由や検討をはじめる要素にもならない。

今の日本で死刑制度廃止を本当に実現したいなら、被害者遺族や被害者の声が必要。
彼らの声無くしては、所詮は部外者のたわ言としか受け取られないだろう。

彼らが声を上げる事が人の心を動かし、この事への国民感情を刺激して大きな議論になり、
廃止へ動くかも知れない。

廃止の方向へ必要なのは、被害者遺族が廃止を望む声なのだと思う。
これがない限りは、日本での廃止は難しいと思える。

死刑制度が善か悪かと語れるのは、被害者遺族だけだと思う。


259 :朝まで名無しさん:2008/08/14(木) 19:18:55 ID:L3kjsLXU

>>258
256を書いた者です。もちろん、被害者遺族に終幕感を与えることも
死刑の重要な意義の一つではありますが、
それは被害者遺族をいかに社会復帰させるかという視点で
国民全体が考えるべきことで
別に被害者遺族本人が率先して語る必要はないと思います。
(感情の吐露の機会をあえて奪う必要はないですが)

同意してもらっておいて恐縮です。


260 :朝まで名無しさん:2008/08/14(木) 19:51:20 ID:1S8WfCnI
>>258
死刑制度の是非を遺族が語るのはおかしいでしょ
彼らは遺族として当然言わせてもらうべきことを言っているだけだって本村さんも言ってたしね
そんな制度論まで彼らに押し付けるのは酷。
それに死刑が終身刑にコストがかかりすぎることは世界が認める事実
(これには社会的意思を明確にするには極刑を何にするかの問題で別に絶対死刑にする必要はないとか抑止力は証明されていないとか冤罪だとかぶっちゃけ金がめちゃくちゃかかるとかいろいろあるが)
それは日本の国民世論が感情的問題と合理的問題を別個にできていないだけ(この部分だけ言えば日本人は遅れている)
まあそれはともかく「廃止の方向へ必要なのは、被害者遺族が廃止を望む声なのだと思う。」これは正しい。
遺族の感情的問題を死刑以外で回復する方法、それを確立すれば世論は死刑廃止に向かうだろう
人権派もちょっとはアメリカの死刑廃止団体を見習ってほしいわ・・・


261 :朝まで名無しさん:2008/08/14(木) 19:58:43 ID:ah/DHtgu
>>258
存置派だけど、制度議論は遺族のみが語れるとか暴論もいいとこ。
むしろ、遺族は冷静な議論が出来ないだろうから外れた方がいいんじゃないかと思うほどだよ。

262 :朝まで名無しさん:2008/08/14(木) 20:10:18 ID:n/kgl2qK
死刑廃止を求める被害者や遺族の存在すら認められてないんだが。現実に存在するのに。
例を挙げたって「そんな少数の例を挙げられても詭弁でしかない。」と返ってくるわけだ。

263 :朝まで名無しさん:2008/08/14(木) 20:22:02 ID:n/kgl2qK
「犯罪被害者やその遺族は死刑を求めているはずだし、そうあるべきだ。」っていう固定観念が強すぎるんだよ。
で、それから外れた被害者や遺族、死刑を求めない被害者や遺族が「愛情がない。」だの「被害者や遺族の気持ちがわからないんだ。」とか言ってバッシングを受けてしまう。
しかも「被害者や遺族の気持ちを考えたら…。」と言って死刑を支持する人達から。
まず、この現実を直視してほしい。

264 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 01:18:22 ID:KLPZvUgC
つまり犯罪被害者遺族の多くは
死刑廃止を望まないって認めるわけですね。
そこへきて例外事例を持ってこられても
だからどうしたの?で終わるのは当たり前。

んでもって廃止派がバッシングを受けるだァ?
むしろバッシングをしてるのは廃止派だろう?
廃止派は本村さんにやったバッシングをもう忘れたのか。

265 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 02:10:23 ID:CV1gO4vN
>>264
死刑を求めない被害者や遺族の存在を意地でも認めたくないんだな。

266 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 04:12:15 ID:GfKgL/2G

>>264
ひどい論理だなあ
例外の排除はファシズムと一緒だよ
その例外も含めてどうするかが民主主義でしょうが
あなたは遺族の側に立つふりをしているだけ
結局

大体どこに遺族の多くが「死刑廃止を望まない」なんて書いてあんのよ
死刑うんぬん関係なく遺族の多くが「殺したい」と思うと言っているだけで死刑制度自体に賛成してるとかそういう制度論は別だって言ってるでしょ

あと廃止派というけど同じ廃止派でも論理が違う奴が当然いるんだから一緒くたにせんでくれ

267 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 04:23:53 ID:ducmV1VG
とりあえず少数の例外を理由にするのはやめにしませんか。

●死刑になりたくて人を殺す奴もいる
 ↓
■死刑になりたくなくて殺人をやめた奴もいる

●死刑廃止を望む被害者遺族もいる
 ↓
■死刑を望む被害者遺族もいる

という風に、ただ単に互いに有利な例を出すだけなら
反対の例さえ示せば簡単に相殺できるんだから議論としては無意味。
出すならせめて「●と■どっちが多数派か」を論点とすべきかと。

268 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 04:42:55 ID:CV1gO4vN
少数であれ現実に存在する以上、無視するのはおかしいだろ。
現実に存在してるものを無視して議論しても、対策立てても、何の意味もない。

269 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 05:16:27 ID:GfKgL/2G
>>267
じゃあ差別の禁止するかどうか議論するとき、
被差別者が少数の場合、お前は多数の側つまり差別者の側に立つということだな。

270 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 05:51:28 ID:YneZeU8Z
>>267
素朴な疑問だが、どっちが多数派か、とかそんなことわかるのか?
少数の例外を、というが何を指して少数の例外と断じてるのかもよくわからない。

271 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 06:36:28 ID:ducmV1VG
>>268
無視するわけではなく、例を出すだけなら議論のネタにならないということ。
少数の意見でもその正当性を理論的に主張し、
それを検討し合うなら有益だと思いますよ。

>>269
少数派と多数派に分かれても必ず差別が発生するわけではないですよ。
あとかつての南アフリカのように少数派が多数派を差別する例もあります。
一方が理不尽な理由で不平等な扱いを受けて、初めて差別と言えるのでは?

>>270
基本的には常識で判断していますので、ハッキリ証明できはしません。
ただ、犯罪被害者の援助組織に関わった識者のコメントで
「少なくとも私がお会いした被害者遺族は全員死刑を望んでいた。
マスコミはそうじゃない極稀な人の意見ばかりをクローズアップしてきたが」
とTVで言っていました。私もそれに同意する者です。

自分の愛する家族が殺されたら・・・と想像してみても
その心情は察するに余りあります。
(※ 私はその遺族の憎悪を理由に死刑存置を主張するつもりはないですが)

272 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 06:49:38 ID:YneZeU8Z
>>271
「あなたの中の常識」を物差しに意見を言うのは全然構わないのだけど
それを使って「少数の例外」と断じちゃったら、あなたの言う無意味な議論になってしまうよ。

273 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 09:52:10 ID:CV1gO4vN
>>271
>>267
>とりあえず少数の例外を理由にするのはやめにしませんか。

>出すならせめて「●と■どっちが多数派か」を論点とすべきかと。

って少数の意見を議論の引き合いに出す事自体を否定してるがな。
で、この理屈でいくと議論した場合、意見の正当性を判断するときにも多数派の判断基準が採られる訳だ。

そんなの少数派からしたら、最初っから出来レースの議論だ。

274 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 11:16:20 ID:OBEjGIIv
死刑は終身刑でいいとかバカなこと言ってる奴がいるが
俺は50人殺した人間でも懲役5年くらいでいいと思う
終身刑存置論者は人権感覚のカケラもないゴミどもだ
こんなものは国家による監禁だよ
一体どういう人権感覚をしてるのか
ほとんど異常者だとしか思えない

275 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 11:17:58 ID:OBEjGIIv
間違えたw

死刑は終身刑でいい→死刑を廃止して終身刑でいい

276 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 11:56:13 ID:KLPZvUgC
>>266
民主主義は多数決が原則だ。
例外の排除ォ?例外を出せば多数派の意見と
対等になれるとでも思ってるのか?
対等以上になれるのはその例外や少数意見で
多数派を納得させるか多数派の意見を覆せた時だけだ。

>遺族の多くが「殺したい」と思うと言っているだけで死刑制度自体に賛成してるとかそういう制度論は別
おかしいだろw
「凶悪犯罪者には死んで欲しいと思う多くの遺族」が
その「凶悪犯罪者には死んで欲しい」という思いが叶う
死刑存置に賛成しない理由がない。
犯人すげぇぇ憎い!!殺してぇ!!でも死刑は反対とか支離滅裂すぎ。

>>270
死刑廃止派が多数派なんだったら死刑は
とっくに廃止されてるだろjk。廃止を叫んだ
あの弁護団が酷評される事もないだろjk。

277 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 12:22:15 ID:lP7B9ccG
平穏な暮らしを脅かした者は死刑にしますから、安心して平穏な暮らしを営んで下さい。

Byマッカーサー元帥

278 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 12:30:43 ID:QaWZoDFL
世の中のことはみんな多数派の意見で成り立ってると信じてるんだ
いいなぁ、頭がお花畑の人は。

279 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 17:12:49 ID:ducmV1VG
>>273
少数・多数に拘わらず、個別の事例を出すだけなら意味がないと
申し上げているのです。全体論に展開してゆくためにせめて
それが少数派か多数派かの前提が出されないと議論の材料にならないでしょと。

そして少数派ならば、なぜそれが少数派なのか?
なぜ大勢の共感を得られないのか?
多数派に対し周知させなければならない考えの根拠は何か?

そういったお題が提出されて、初めて議論の具となるわけで。

>>278
「世の中のことみんな」の話ではなくて死刑の話でしょ。
議論の劣化を招くだけのレスは邪魔。

280 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 17:23:17 ID:QaWZoDFL
多数派か少数派かをハッキリ証明する手立てがないって認めておいて
それを前提にしないと議論の材料にならないって頭大丈夫か?
死刑制度に限っても、多数派の意見で成り立ってるとかお花畑なんですがw

281 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 17:41:13 ID:ducmV1VG
もともと私の意見は>>267にあるように
全体化できない個別の事例を出しても意味がない、というものです。

あと少なくとも死刑に関しては廃止派が少数派であることは明確なのですから
廃止派がその立場を認識することは議論の進め方の一助にはなるでしょう。


282 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 17:49:13 ID:QaWZoDFL
だから、明確と言い切るその根拠を教えてくれよ。
お前からはまだ、TVで誰かが言ってたとか、自分の家族が殺されたら死刑を望むとか
そんなのしか聞いてないよ。俺も存置派だけど、多数派かどうかとかわからなくてさ

283 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 18:01:02 ID:ducmV1VG
各新聞社による意見調査です。
いずれも7〜8割で存置優勢でした。

284 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 18:50:13 ID:CV1gO4vN
>>283
各新聞社による意見調査の質問内容のうP希望。
内閣府調査の場合だと、死刑制度存置が多くなるような、誘導尋問紛いの質問内容だったりするし。

285 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 19:26:04 ID:A2+RTXzc
廃止派は社会性の無い屑ばかりと言う見本

286 :朝まで名無しさん:2008/08/15(金) 22:32:13 ID:es82O6iu
じゃあなんだよ?死刑廃止が多数派になるための至極簡単なヒントを
いちいち丁寧に伝授してやろうか?

287 :朝まで名無しさん:2008/08/16(土) 00:05:52 ID:vLJWRzZ9
我々は少数派じゃないし、少数派だとしてもだからなんだと言うんだ!
大体我々が少数派という証拠もないくせに!

↑不利な要素は不利な要素で受け入れて、その上で議論すればいいだけの話だろうに。

288 :朝まで名無しさん:2008/08/16(土) 01:38:58 ID:CESmrYqU
主張の正当性を理論的に話し合う場において、数の優劣でもって有利不利が左右されるんじゃ議論にならないじゃん。

289 :朝まで名無しさん:2008/08/16(土) 01:47:28 ID:ha47lv3s
例えば原爆投下は自国の若者が多数殺されたし今後ももっと殺されるだろうから
正しかったのだ! と正しい意図には如何なる手段も許されるのだと正当化されたら、
死刑論者は諾というのでしょうか。

目的と手段の分離、如何に目的を崇高に見繕うとも、極悪な手段は許されん!

ま、相対論的な目的・手段の分離論ですが、目的の合否なんて本当に相対的
なのですから、取り敢えず手段を規制せなあかんつうことはないのかな。



290 :朝まで名無しさん:2008/08/16(土) 09:37:32 ID:vLJWRzZ9
>>288
別にそこまで決定的なファクトではないが、一定の説得力のあるファクトではあるだろ。
日本は民主主義の国なんだし。
頑なに詭弁を張れば、周りの印象は絶対悪くなる。その場を凌ぐだけの卑しいやり方だ。

ちなみに俺は「仮釈無し終身刑と引き換えなら死刑廃止でもいい」派でつ(´・ω・)
これなら遺族や国民を説得可能だとも思ってるしな。

291 :朝まで名無しさん:2008/08/16(土) 10:34:28 ID:XsNkFK7T
彼らには被害者遺族として、犯人の刑が執行されたあとに感じたこと、
ざまみろ、なのか、結局なにも変らずなのかを語ってほしいと思う。
そして執行されてから、必要だったか不要だったかも・・・・

遺族の中に反対と感じているひとたちがいる事はしっているが、なぜそう思うのかは知らない。
廃止を口にしている人たちも、被害者遺族になった時に全員が同じ事を言いつづけられるか?
おれも今は無くしていい派だが、その時にも同じ事が言えるかどうかは疑問。

だからこそ聞きたいと思う。




292 :朝まで名無しさん:2008/08/16(土) 11:19:40 ID:SzF0QSWU
ゴミは処分しないと家中がゴミ箱だらけになるだろ。

数年置きに収容施設造ってたら、用地の買収・建設コスト・維持管理人員等の諸経費で
不経済だし何より収容施設の建設に反対運動で儘ならなくて破提するのが目に見えている。

293 :朝まで名無しさん:2008/08/16(土) 12:47:36 ID:RU6NFmvt
http:/www.geocities.jp/y_20_06/index.html
↑無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ

http://www.geocities.jp/y_20_06/jiyuukei.html
↑自由刑の種類とその特徴

http://www.geocities.jp/y_20_06/parole2.html
↑無期懲役仮釈放者の在所期間(1990年〜)

http://www.geocities.jp/y_20_06/seishitsu.html
↑無期刑そのものの性格


294 :朝まで名無しさん:2008/08/16(土) 13:57:22 ID:1pEiMiWJ
毎年何人が死刑執行されてると思ってんだ。
死刑がないと経済が破綻するとか笑い話でしかない

295 :朝まで名無しさん:2008/08/16(土) 15:58:59 ID:SzF0QSWU
支那で十万円出せば殺しを請け負うのが億単位で居るだろう。
捕まっても衣食住が保証されていれば、歯止めに為るものは無い。

296 : 死刑当然:2008/08/19(火) 19:53:22 ID:ieIrpDwq
死刑はしっかり実施すべきだ。
その点で鳩山法相は偉かった。あたりまえの仕事しただけだけどね。

死刑に犯罪抑止力がねーとかいう奴がいるが。
死刑(射殺)の抑止力は最強だろ。
秋葉原で七人も殺した加藤でさえ、警官がピストルを向けると
手をあげてへたりこんでタイホされちまったからな。
加藤が死を恐れてないなら拳銃向けられても警官にナイフで攻撃してたハズだろが。



297 :朝まで名無しさん:2008/08/19(火) 21:54:13 ID:vUgNuWH4
加藤が死刑を恐れていたら、最初からあんな事件起こさなかっただろうってことじゃねーの?

298 :朝まで名無しさん:2008/08/19(火) 22:23:58 ID:+XL20rbv
日本人が人類で最も理智的で有ったとしても
特アが存在する以上死刑廃止はそれこそ自殺行為に他ならない
と結論が出た訳だ

299 :朝まで名無しさん:2008/08/20(水) 00:56:34 ID:6O1dFE41
>>296
現場射殺と死刑に積極的関係はない
射殺はその瞬間に直接死に向き合うことになる
これは確かに強力だしある意味最強だろう
だが死刑があると言われたところでそいつの目の前には銃も縄もギロチンも注射も存在しない
つまり直接死に向き合うことはないわけだ
これは大きな違いだと思うぞ。
比較はできんだろ

300 :朝まで名無しさん:2008/08/20(水) 01:22:34 ID:uGsWVQUi
在日組織が電車強盗団以外に手を出し。支那から殺し屋を呼び、資産家を襲うビジネスを始めると。

301 :朝まで名無しさん:2008/08/20(水) 11:48:15 ID:4YurjuBL
>>258
そもそも
・日本で発生する殺人・傷害致死事件は年間数百件
・その中で、死刑執行されるのは多くて十数人。つまり1〜2%。

被害者遺族で考えても、
・遺族のうち、犯人を死刑にしてもらえたのは1〜2%
・遺族のうち、犯人が死刑にならなかったのは98〜99%

となるわけで、被害者の声は“死刑の恩恵なんて何も受けてないんですけど…”が
圧倒的多数になっちゃうんだよなあ。

302 :朝まで名無しさん:2008/08/20(水) 13:56:16 ID:uGsWVQUi
兵士を単独任務で送り込む報酬は現地調達
半数捕えられたとしても5%未満の損失で済み
食いぶちも減らせて日本人を殲滅出来る

303 :朝まで名無しさん:2008/08/20(水) 18:08:05 ID:07kTIDox
ここにカキコおね><

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1418555634

304 :朝まで名無しさん:2008/08/21(木) 21:11:13 ID:WLy0R89t
相変わらずだな、魔女狩り愛好家諸君よ。
今日も棚上げしてるかい?
面白いやり取りを見つけたから紹介してやるよ。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/police/1218509948/136-160
具体的には、
136→137→138→139→140→141→154→158→159→160
だな。

こんな状況でよくもまぁ、死刑存置なんて言ってられるよ。
正気の沙汰とは思えない。
ま、頭が軽いのはわかってたけど。
まずはお前らが死ねよ。
話はそれからだ。w

305 :朝まで名無しさん:2008/08/22(金) 19:05:14 ID:OHGkl/3Y
>>304
そうだな。警察に問題があるから死刑もその他の刑罰もみんな解体すべきだな。
いや、国家権力も解体すべきだ!
ハァ〜ア、バカサヨバカサヨ♪
ペクチョンチョン♪っとくらぁ(藁

306 :朝まで名無しさん:2008/08/22(金) 19:21:58 ID:sw9vnLxx
>>305
そんなんで陳腐化できると思ってるの?
馬鹿はお前だろ?

307 :朝まで名無しさん:2008/08/22(金) 20:47:54 ID:OHGkl/3Y
>>306
お前のレベルに合わせてるだけだ。
>>304などお話にもならんわw

308 :朝まで名無しさん:2008/08/22(金) 20:54:55 ID:sw9vnLxx
>>307
だったら話すなよ。やっぱ馬鹿だな。あはは。

309 :朝まで名無しさん:2008/08/22(金) 23:10:42 ID:c0aD7XLR
首相やらせている手下に移民政策進めさせて
死刑廃止で>>300>>302実行で中身入れ換えて
過半数押さえて併合宣言で第二のチベット化

310 :朝まで名無しさん:2008/09/02(火) 08:59:02 ID:fVyXLNdg
あげ

311 :朝まで名無しさん:2008/09/02(火) 11:09:58 ID:AjdUXIYW
とりあえず現状、日本で法律を変えられるだけの根拠も整合性も死刑廃止論には無い。

まずは互いに矛盾する複数の廃止論を一本化する事からはじめたらどうかな。

312 :朝まで名無しさん:2008/09/03(水) 21:00:20 ID:PrIgEm29
死刑にこそ合理的な根拠がないじゃないか。
棚上げしないとね。

313 :朝まで名無しさん:2008/09/03(水) 23:08:30 ID:kXgIxZ0a
近所に特亜が在るだけで十分過ぎるほどの存在価値があると結論が出ている。

314 :朝まで名無しさん:2008/09/03(水) 23:17:03 ID:PrIgEm29
はいはい。
棚上げ棚上げ。

315 :朝まで名無しさん:2008/09/04(木) 02:10:43 ID:11O/w8us
合理的根拠がない同士だったらより支持の多い方を取るのが民主主義なもんで
残念ですがお帰りください

316 :朝まで名無しさん:2008/09/04(木) 05:48:24 ID:leO3se3E
死刑廃止には合理的な根拠がある。
棚に上げるものはないからね。

317 :朝まで名無しさん:2008/09/04(木) 06:37:09 ID:11O/w8us
それはない

318 :朝まで名無しさん:2008/09/04(木) 07:17:35 ID:11O/w8us
廃止論の合理的な根拠はないんじゃなくて極秘で
教団幹部しか知らないだけだよ!

319 :朝まで名無しさん:2008/09/04(木) 20:02:54 ID:D2cLrX0C
過去ログ読めない哀れな奴がいきがってる姿は笑えるな。
反論できなかった奴はみんな消えたよ。

320 :朝まで名無しさん:2008/09/04(木) 22:43:02 ID:/4ey8G0g
終身刑には死刑執行によって発生する、被冤罪者に確実に救済が行われない状況、この可能性を格段に下げるという合理的な根拠があるんだけど?
死刑にはそれに勝る何かがあるわけ?

321 :朝まで名無しさん:2008/09/04(木) 23:25:05 ID:D2cLrX0C
>>320
それに反論できない奴は雲隠れした。
今沸いてるのは、そういうところまで思想が行き届かない、単なる餓鬼。

322 :朝まで名無しさん:2008/09/05(金) 05:29:53 ID:QAZI+1e9
>>320-321
そういう事にしないと勝ち目がなくなってしまう廃止論の現状には同情するが、
終身刑ならOKという無神経な論はすでに時代遅れだよ。
ドイツやフランスで長期拘束は死刑より残酷で人格破壊が激しいという調査結果も出ている。
この手の議論では何度も既出。

少なくとも世界トップクラスの治安と捜査精度をもつ日本では、
長期拘留の上で冤罪が晴れず獄死するケースでの冤罪被害者本人への被害の拡大や、
凶悪犯が生き残る事による収容所内外での再犯被害の拡大を無視して、
病的に「冤罪が晴れる可能性」に固執することで充足されるのは、所詮他人事な上から目線のエゴだけで、
実際の当事者にとってはリスクの増大でしかない事に考え至るべき。
残酷さに敏感な廃止論者ならなおさらだ。

また「冤罪被害の救済が行えなくなる」事が重大な責任であるのは当然だが、それは同時にプレッシャーとなり裁判関係者の慎重さにもつながっているわけで、
死刑廃止によってこれがなくなれば、理論上相対的に慎重さが薄れ捜査精度が下がったり極刑(終身刑)が連発しやすくなる状況になる事が十分に考えられる。
このように冤罪はむしろ増えリスクが底上げされてしまう本末転倒な理屈になっている事にも、君らははやく気付くべき。

323 :朝まで名無しさん:2008/09/05(金) 05:41:47 ID:XO7Iw6K0
典型的な棚上げロジックですな。

324 :朝まで名無しさん:2008/09/05(金) 06:21:17 ID:QAZI+1e9
まったくだ。
廃止論者はなぜこの程度の単純な因果を無視して頑なに
自分の脊髄反射的な第一印象を正当化し続けようとするのか理解に苦しむ。
人としての信用を失ってまで守るほど目前のメンツが大事なのだろうか?

325 :朝まで名無しさん:2008/09/05(金) 06:25:03 ID:XO7Iw6K0
棚上げロジックは>>322
解りにくくてすまんかったな。
とりあえず過去ログ読め。

326 :朝まで名無しさん:2008/09/05(金) 06:41:56 ID:QAZI+1e9
>>325
そんな中身のない抽象的な文句だけで印象操作しようとしても、まともな人はだまされないよ。
>>324程度の皮肉もわからないんじゃ、それもわからないんだろうけど。
せいぜい真剣に考えてる廃止論者の足を引っ張っててください。

327 :朝まで名無しさん:2008/09/05(金) 07:04:56 ID:QAZI+1e9
◇カナダ
 1976年に死刑廃止法案が国会を通過し、死刑が廃止された。
絶対的拘禁刑に服する受刑者が増加するに連れて、刑務所内の暴力、殺人も増加しており、
76年から81年の間に矯正施設での殺人数は2倍に増加した。

また、仮釈放なし25年の絶対的拘禁刑は死刑よりも残酷な刑罰であると受刑者からも主張されており、
82年には300人の殺人犯の約3分の1が死刑を希望しているとの報告もある。

328 :朝まで名無しさん:2008/09/05(金) 18:37:46 ID:+NDXBdyb
>>ID:QAZI+1e9
過去ログ読みな。
話はそれからだ。

329 :朝まで名無しさん:2008/09/05(金) 18:54:08 ID:QAZI+1e9
>>328
棚上げ乙

330 :朝まで名無しさん:2008/09/06(土) 00:16:22 ID:0dsYxdZv
>>322
まさか死刑存置派が「残酷」を口にするとはね
まあ俺は別に死刑が残酷だからやめろなんて言ってないんですけどw
大体あなた終身刑は人格がより破壊されて残酷だから冤罪被害者がもっと可哀想だっていうけどだったらそいつは早く殺せってか
馬鹿げてるよ、殺人のほうが残酷に決まってるじゃないか
何を根拠にして「残酷」だなんて言ってんの?
人格がより破壊される?
何言ってんだ、人格が破壊されても死にゃしねえだろうが
そもそも「殺人」という行為、これが理由なく行われることが日本最大の罪、と定められている以上
冤罪、つまり理由なき殺人か理由なき人格破壊、どちらがより残酷か・高位かと聞かれれば殺人、つまり死刑に決まってるんだよ
それを無視して「残酷」なんてこと言わんでくれや
おかしいと思うならそれこそ法を改正してくれ
>ドイツやフランスで長期拘束は死刑より残酷で人格破壊が激しいという調査結果も出ている。
大体これのソースもわからんし。
どっかの論壇か何かで認められてんの?

331 :朝まで名無しさん:2008/09/06(土) 00:17:32 ID:0dsYxdZv
>>322続き
>長期拘留の上で冤罪が晴れず獄死するケースでの冤罪被害者本人への被害の拡大
あのね〜、冤罪被害者が可哀想だからなんてことは主たる問題じゃないんだよ
問題は死刑執行をすれば国家が冤罪を本人に直接認める義務を事実上放棄しているところにあるわけ
終身刑は執行されてもその人間がその命が自然に尽きるまでは冤罪を晴らし国家によって本人の名誉、生活を可能な限り回復させられるチャンスがある
だが死刑は執行されればもう本人に対しての回復は絶対になされないんだよ
しかもなぜなされないのかと言えば国家に属する公務員、彼らがその人間を直接的に殺すからだ
国家には犯罪を抑止し国民の全体利益を守るという義務があると同様にできうる限り冤罪(冤罪には個々の事例があるのでさらに何を優先し何を見捨てるかという決定を下す必要もあるが)をなくす義務が表裏一体のものとしてある
で国民の命令は国家という機構を利用する状況において最も優先すべき事。
なぜならこれを無視していいとなると装置でしかない国家ごときに好き放題されてしまうからね
なのに国家がそもそもそれを放棄している、これが最大の問題なの

>凶悪犯が生き残る事による収容所内外での再犯被害の拡大
冤罪死刑が起こることは世界各国で実際に発生してるし論壇でも定説だしまあそもそも人為の裁きが絶対などということはありえないので証明も糞もない当たり前のことだからこれはリスクとして計算していいだろう
でも終身刑導入した国の多数で殺人再犯率が実際に上がってるの?
さらにそれに加え終身刑導入によって再犯被害が多くなる証明、つまりそれに因果関係があることは誰が証明してどこで認められてるわけ?
事実に基づいたリスク、これを書いてもらわんとリスクとして認められんよ

332 :朝まで名無しさん:2008/09/06(土) 00:20:24 ID:0dsYxdZv
>>322さらに続き
>死刑廃止によってこれがなくなれば、理論上相対的に慎重さが薄れ捜査精度が下がったり極刑(終身刑)が連発しやすくなる状況になる事が十分に考えられる。
これもなんだけど「考えられる」って言うだけじゃ意味がないんだよ
因果関係の証明が定説であることといくつかの実例。
それがなけりゃ考えられはしてもリスクとして計上することはできん
死刑廃止国では死刑廃止前よりも極刑が連発しやすい状況になっているのか。
それにそもそも冤罪死刑の可能性をなくせば冤罪終身刑が増加するということがシステム上発生しうると仮定してもそれらを比べてなぜ冤罪死刑のほうがbetterなのか。
そういった説明をちゃんとしてくれよ

333 :朝まで名無しさん:2008/09/06(土) 05:53:49 ID:ab/OXS2V
322は理屈が通っているが
330-332は理屈が通っていない。
チンピラが因縁をつけるのと同じように感じる。

334 :朝まで名無しさん:2008/09/06(土) 05:56:43 ID:XDEz53vW
>>332
理論が破綻してるな

それならまず警察の不法捜査、証拠捏造、自白強要、調書改竄を完全に違法化し
取り調べ中の録画、立ち会いを義務化しガラス張りにすべきだ
と言う主張が先だろ?

そもそも冤罪の原因は何なんだ?
証拠が適正で自白も本人が認めた時でも冤罪か?
それは「自殺」って言うんだよ
そこまでの責任は取れねーよ

335 :朝まで名無しさん:2008/09/06(土) 06:33:28 ID:MWw1N1dt
>>334
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/police/1218509948/

336 :朝まで名無しさん:2008/09/06(土) 09:50:33 ID:SyaYeGfY
>>333
ID:0dsYxdZvはきっと、ちょっとググったら
>ドイツやフランスで長期拘束は死刑より残酷で人格破壊が激しいという調査結果も出ている。
のソースが早稲田大学だったので、誤りを認めなければならない苦痛と恐怖に自己愛が耐えられず
闇雲にわめき散らして否定することによって逃避しているだけなんだよ!
温かい目で見守ってやれ

337 :朝まで名無しさん:2008/09/06(土) 10:52:10 ID:rq7bLein
過去ログも読んでない奴がググれって言うのは滑稽だな。w

338 :朝まで名無しさん:2008/09/06(土) 18:49:32 ID:SyaYeGfY
過去ログ読んだが別に何も無かった。
何が言いたいのかわからん。悔し紛れか?

339 :朝まで名無しさん:2008/09/07(日) 06:48:08 ID:NQNwE8wx
>>334
>それならまず警察の不法捜査、証拠捏造、自白強要、調書改竄を完全に違法化し取り調べ中の録画、立ち会いを義務化しガラス張りにすべきだと言う主張が先だろ?
それらには疑問があって例えば口を割らない犯人が一発椅子を蹴られたりしてビビらされすぐにゲロした、ということは警察の中の人間だった奴の著作を読めば何件もあるわけだ
まあこれも国家の論理だから疑問は残るがつまりこれからわかるのは白状させるにはある程度の暴力は違法だが必要だということ(これらはマックス・ウェーバーの著書に詳しい)。
それを完全に違法化、つまり本当の第三者による監査を入れたり立ち会いさせたりなんかしたら、まさに本末転倒で警察が警察としての、つまり闇の合法暴力装置の一部としての機能をまったく果たさなくなってしまう
だからこそこの機能を維持するべく国家は冤罪被害者になってしまった人をできうる限り援助・保護できる環境を創っておくことが必須だと言っているんだよ
で、そのための死刑廃止なわけ

>そもそも冤罪の原因は何なんだ?証拠が適正で自白も本人が認めた時でも冤罪か?それは「自殺」って言うんだよ。そこまでの責任は取れねーよ
証拠が適正ならまあ普通は冤罪じゃないと思うけどね
しかしいくつかの著作を読めば本人が認め「させられる」ことはあるわけだ
あなたや俺は検察の脅しを受けたことがないからわからないのでいくつかの著作をもとに判断するしかないわけだがこれは確実に存在する
で、それを自殺と評するのはまったくのお門違い
なぜなら権力を握っているのは当然ながら統治権力で、警察の取り調べ中は一私人の力などは紙屑のようなものなのだからな。
ヤクザに脅されて財布渡させられたのはお前のせいだと言ってるようなもんで力関係をまったく無視している論理だぞ

>>336
まあ資料の提出は残酷であることを主張する側に立証義務があるので俺が探す気は一切ないのだが、まあ少なくともお前は俺の文章をまともに読んでいるとは思えんな
立証されようがされまいが「残酷」だとかそんなことは主たる問題でないと言っているだろうがww

340 :朝まで名無しさん:2008/09/07(日) 07:38:30 ID:6Dw1owub
>>339
> だからこそこの機能を維持するべく国家は冤罪被害者になってしまった人をできうる限り援助・保護できる環境を創っておくことが必須だと言っているんだよ
> で、そのための死刑廃止なわけ

死刑を廃止せずとも運用でどうとでも出来ることですが、何か?
死刑判決を出しても執行しなければ済む話です。

冤罪の疑いの全くないものに関しては、廃止の論拠として説得力を欠きます。

341 :朝まで名無しさん:2008/09/07(日) 08:26:17 ID:1jJFy6b3
死刑判決を出しても執行しなければ済むとか、同じ存置派として聞き捨てならないぞw

342 :朝まで名無しさん:2008/09/07(日) 10:35:30 ID:Da/0UK0D
>>339
過去ログくらい読め。君の栄光の時代は大分前に終わったんだよ。

冤罪でなければ問題が無いのならそれは死刑存置論でしかなく
また生きてさえいれば残酷ではなく冤罪も必ず晴れる、というわけでは無い以上
君の理屈は「刑罰自体の全否定」そうでなければ「自分がちょうど良いと思っている程度が正しいのだ」という好き嫌いの吐露に過ぎない。
その理屈に正当性を認めるのなら、死刑容認派が多数を占める現状に返って正当性を与える事になり、廃止論の首を絞めるのみだ。

343 :朝まで名無しさん:2008/09/07(日) 12:52:09 ID:28uRkn7W
今度は過去ログ読んでない奴が過去ログ読めってか。w
魔女狩り願望の強い奴は気がふれてるな。ww

344 :朝まで名無しさん:2008/09/07(日) 13:57:38 ID:Da/0UK0D
>>343
雰囲気だけのレスしかできないことがあなたの栄光が過去でしかないことを証明しています。
そろそろ現在の現実を見ましょう。


345 :朝まで名無しさん:2008/09/07(日) 22:23:06 ID:NG0vSu5a
>>339
論点ズレ

イスを蹴ってゲロするなら蹴ればいい、違法に脅してゲロするなら脅せばいい
そう言う行為をするな、とは一言も言って無い


やるなら密室でやるな!
強要なのか、拷問なのか、多少の脅しなのか誰も判断も証明もできんだろう?


分かるか?記録しろ、と言っているんだ

137 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)