2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文学】村上春樹 「日本人は第2次世界大戦を反省していない」(中央日報)★2

1 :みゅんみゅんφ ★:2008/04/11(金) 11:24:16 ID:???0
30年以上、話題作を出し、韓国でも人気を集めている日本の小説家、村上春樹氏(59)
が「日本人には、まだ戦争で犯したことに対して本当に反省する気持ちがない」と述べた。
作品執筆のための取材活動をする過程で第2次世界大戦に対して深く察しながらそう考
えるようになったという。

彼は8日、共同通信とのインタビューで1995年の東京の地下鉄サリン事件を素材にした
ノンフィクション『アンダーグラウンド』の執筆のために容疑者たちに対する裁判をしばしば
傍聴した。
ここで彼は戦争の捕虜たちを殺害しろという(非人道的な)命令を拒否することができなか
った日本人の特性と結びつけ、こう考えてみるきっかけになったと明らかにした。
村上氏は「シンガポールを占領した日本軍人たちが残忍な行動をとったが、戦争が終わっ
て捕虜になった後には、シンガポールの町を熱心に掃除してまわった」と回想したリー・
クアンユー(李光耀)初代シンガポール首相のコラムの内容を取り上げた。
堅実な人が一瞬、残忍に突然変わる現象は、どこでもあり得るが日本人には特に強いと
いうのだ。

彼は自分の新しい小説が「明日どんなことが起こるか誰も分からない事情」に対するもの
だとし、自分の小説が世界的に読まれるのは、実際に世の中が自分の話どおりなっている
からだと診断した。

結局、自分の文は現実に基づいているから読者が親密に受け入れると強調した村上氏は
「世の中の話を素材として文を書くことこそ、混乱する現代人を救済する力を持っている」と
強調した。このような点で世を生きぬく話は、結局“万国共通語”の役をすると彼は見ている。
人々の言語や環境、哲学は多様だが、人々が自分の魂の中に沈めば、結局は同じ世の中
になるからだというのだ。

彼は現在、早く寝て午前2時ごろ起きた後、5〜6時間の間で長編小説を執筆中だと明ら
かにした。
それとともにロシアの大文豪ドストエフスキーのように、年を取った後、もっと旺盛な活動を
する作家になりたいとも語った。

ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/3590352/

前スレ
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1207791484/
1が立った時間 2008/04/10(木) 10:38:04

2 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:25:04 ID:rar6FvpR0

┠〜〜〜┐
┃  ●  ∫  君が代は
┠〜〜〜┘   千代に八千代に
┃          さざれ石の巌となりて
┃              こけのむすまで


3 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:25:10 ID:ozU+Q/ZBO
>>2なら龍がノーベル賞

4 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:25:20 ID:6lUbysFu0
オチおだ?

5 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:26:15 ID:s0MRyg320
覚せい剤の人かと思った

6 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:26:31 ID:p/+wP8uvO
(゚Д゚)

7 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:28:33 ID:9YplENdR0
村上春樹ってSMクラブでうんこ食べてたって何かに書かれてたな

8 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:29:47 ID:wUYDIrJu0
戦争で反省するのは負けた原因を探すときだけ。

もう、若い子はついていけないだろ、この手の団塊にはw

9 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:29:50 ID:9pY++zLJO
「日本って過去のいろんなことを反省してるのかな、って思うんですよ」
とか言ったのを、記者がこう書いたんじゃねーかと思う。

10 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:30:00 ID:I1z+G1u+0
偉い人は好き勝手言えていいな〜万歳

11 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:31:22 ID:afPIVdoqO
やっぱこっち寄りの人間だったか

12 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:32:48 ID:QNtkOuuk0
パル判決書を嫁や。

13 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:33:10 ID:syrNayhc0
>>10
偉くない君も好き勝手言えるじゃないかw

14 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:33:57 ID:i34sGRCp0
どうでもいいけどプロの作家でも夜中のテンションで執筆するんだな

15 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:34:23 ID:+QqcqMsp0
78 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/04/10(木) 10:53:32 ID:LOAPX1HT0
あー、これあれだろ、要は日本人論だろ。
ようは近代合理主義の多元的な意見が尊重されないで
空気によって選択肢が一つになってしまって
国民全体が狂気に陥るっていう。

82 名前: [sage] 投稿日:2008/04/10(木) 10:53:55 ID:qnDYeUpO0
村上春樹らしいだろ。
常に独自姿勢。全共闘にも参加していない。
国家体制にはかなり懐疑的で、しかし市民運動の危うさも信用していない。
まぁ普通の歴史をそれなりに知っている人に多いタイプ。
>>37
「賢者は歴史に学び、愚者は体験に学ぶ」byビスマルク
体験だけに頼るな。

16 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:34:51 ID:nz/DpQwJ0
でも、韓国人や中国人は一般人が残虐だったわけですけどね。

17 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:35:15 ID:+QqcqMsp0
256 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/04/10(木) 11:42:09 ID:LOAPX1HT0
結局、日本のいちばんの問題点は、戦争が終わって、
その戦争の圧倒的な暴力を相対化できなかったということですね。
みんなが被害者みたいになっちゃって、「このあやまちはもう二度とくり返しません」
という非常にあいまいな言辞に置き換えられて、だれもその暴力装置に対する
内的な責任をとらなかったんじゃないか。

われわれの世代的な問題というのも、そこに帰属するのではなかと思います。
ぼくらは平和憲法で育った世代で「平和がいちばんである」、
「あやまちは二度とくりかえしません」「戦争は放棄しました」
この三つで育ってきた。子どものころはそれでよかったのです。
でも、成長するにつれて、その矛盾、齟齬は非常に大きくなる。
それで一九六八年、六九年の騒動があって、
しかし、なんにも解決しなくて

工業立国でやってきて、世界的に経済活動で勝利をおさめたからこそ、
世界的な論理の中で軍隊の出兵を求められるのですね。
そうすると、結局、自己矛盾の中に陥ってしまう。

『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』

18 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:35:22 ID:NheISD+QO
まあ団塊だしwwwwwwwwww

19 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:35:56 ID:dl87NeE+0
村上がまず額地面にこすり付けて土下座して
アジア各国謝罪行脚すべきだな

20 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:36:01 ID:YuMFCk6qO
アメリカ人は核兵器を使用したことを反省してない

21 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:36:17 ID:+QqcqMsp0
335 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/04/10(木) 12:11:19 ID:LOAPX1HT0
>>310
だから、言語化できない空気のようなもの、曖昧なものと自覚してるじゃん。

> 結局、ぼくがそれだけ長い年月をかけて暴力性に行き着いたというのは、
> そういうあいまいなものへの決算じゃないかなという気もないなくはないのです。
> ですから、結局、これからの僕の課題は、
> 歴史に均衡すべき暴力性というものを
> どこに持っていくかという問題なのでしょうね。
> それはわれわれの世代的責任じゃないかなという気もするのです。

22 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:36:37 ID:cQPwTOYSO
自分がやったわけでもないのに、心から反省できるわけがない。
反省してるという人間はそう思いこんでるだけ。戦時中の話なんか
もうフィクションと変わらんよ。

23 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:37:06 ID:AbcewVcv0
団塊って「反対」「破壊」「創造」って好きだよね。
バカの一つ覚えみたいに叫んでるよ

24 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:37:37 ID:6dZd8zdT0
>>1

村上春樹「そんなことは言ってない」。

25 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:37:55 ID:nFslbnVW0
やれやれ 僕は爺さんの話は古くて ずれていて 苦手なのだ

26 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:37:58 ID:G5kwUUQc0
戦争をした人達に言ってください

27 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:38:04 ID:S8MyXZ890


反省すべきは、まあパール判事にさえ非難された「そういった行い」も当然だが

・バカの右翼くらいしか言わない精神論だけで物事を解決しようとしたこと
・自分の力をなぜか過大評価し、ゴリ押しすれば勝てると妄想したバカ右翼の存在を許したこと
・天皇でさえ「勝てないからやめろ」と言っていたものを、バカ右翼が無視して勝手に突き進んだこと
・そういう無茶を通した挙句負けて国が荒れたのだが、その責任者を糾弾しなかったどころか崇拝したこと


こういうことを反省しなければならない。
右翼のせいで日本はダメになった。

28 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:38:23 ID:rWnzDFaJ0
>>23
あー、そのイメージわかるわ。

29 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:38:26 ID:61mPheiC0
>>19
俺はやらないけどお前らやれってスタンスですからw

30 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:38:37 ID:rar6FvpR0
小学校から、目上には逆らえない刷り込み教育してっからな

31 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:38:45 ID:+QqcqMsp0
954 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/04/10(木) 16:29:55 ID:LOAPX1HT0
憲法を論議するときにこの言語化の作用が絶対必要になってくるんだよね
そうでないと、また空気によって責任主体がいないまま憲法が変わってしまう。
憲法を変えたのは、変えなかったのは,
自分たちなんだ反対したのは自分たちなんだという、
意識が抜け落ちたままになってしまう。
そしてまたうつろな人間が再生産されてしまう。

32 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:39:17 ID:+QqcqMsp0
905 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/04/10(木) 15:59:50 ID:LOAPX1HT0
>>887
偏見じゃないよ。
会話はあっても対話がないのが日本人なの。
たとえば、自分は功利主義的な観点から認めないとか
それは、自分の新自由主義の理念に反するとか、
孝の理念からダメだとかね。

そういった意見の論拠が日本には欠けているんだよ。

山本七平の空気にしても
竹内靖雄の状況功利主義にしても
中島義道の対話のない社会にしても
エドワード・ホールの隠れた次元における、ハイコンテクスト社会にしても、同じ。

言語化できない問題点が日本にはある。

33 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:39:20 ID:Hs2/eELh0
日本のアジア進出はきれいな進出
中国のチベット進出はきたない進出

34 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:39:33 ID:UBvEmGhI0
日本人がどうこういうが、べつに他国の国旗を燃やしたり、中韓の
レストラン壊したりしないわけだしな。核2発放りなげたアメリカと
仲良しで、ノウハウ盗んで金吸い取ってやったし
恨み言いってるだけのどこかの国々のほうが異常だろ

35 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:39:40 ID:9FxJe5ad0
私は在日だが在日韓国人が日本で起こした殺人だけで
3000万人超えてる。韓国人は日本に謝罪すべき

36 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:40:18 ID:dl87NeE+0
>>27
バカ右翼って朝日の事か?歴史知らない人

37 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:40:25 ID:+QqcqMsp0
185 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2008/04/10(木) 11:18:22 ID:Zh7lU2N+0
>堅実な人が一瞬、残忍に突然変わる現象は、どこでもあり得るが日本人には特に強いと
いうのだ。

言いたいのはコレじゃないの?
普段道徳を説いてるような人間でも空気が変われば如何様にでも残忍になれる
特に日本みたいな横並びの社会は周りの顔色伺って流され易い
人間の自浄作用なんてそんなもんだ みたいな

38 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:40:48 ID:9z7fHz840
>>33
反省してるから昔の日本みたいな中国に抗議するべきだな
だまって中国を擁護するなら昔の日本と変わらん。

39 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:41:24 ID:S8MyXZ890
所詮戦争マンセー言ってるのはチョン右翼だけ。

強硬論となえたのも、もちろんチョン右翼。
彼我の戦力の差すら計算できない「バーカ」。



40 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:41:41 ID:rar6FvpR0

過去を水に流すのが日本人
半万年恨み続けるのが朝鮮人
過去も未来も関係なく中華思想なのが中国人

41 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:41:47 ID:b+6oIZfr0
大東亜戦争の終結以後、日本の軍人は他国の兵士や民間人を
ただの一人も殺していませんが?

それにひきかえ、ベトナム戦争に参加した韓国の猛虎師団は
民間人を大量虐殺しましたが?


42 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:41:50 ID:r5TzyLiP0
「シャラップっす。」

43 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:41:53 ID:+QqcqMsp0
203 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/04/10(木) 11:23:07 ID:LOAPX1HT0
山本七平が取り上げたような空気だろ
未だにKYだとか言って、日本人の問題点を自覚的邸内
マスコミや政治家批判にもつながるってわけだ

44 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:42:30 ID:v0ht+qzq0
お前ら涙目wwwwwwwwww

45 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:42:58 ID:1u6xdSAN0
外に向けて反省する前に、自分達の手で牟田口みたいな奴を処分できなかったんだから
どうしようもない。

46 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:44:10 ID:NwR46vyf0
中央日報の記者がゲンダイなみに捻じ曲げてるだろ、これ

47 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:44:30 ID:CNSZfNNG0
本日の「そんなことは言っていない」スレはここでつか?

48 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:44:36 ID:O6YnWfAc0
反省して無いから中国などと付き合ってるんだろなw

49 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:44:39 ID:oiupgzM50
俺は反省したとおもってるからそれ以上の反省は村上に任せる

50 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:44:47 ID:sOnSMchW0
>>43
自分のレス抽出して何がしたいの?

51 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:44:53 ID:EiTSdVJ9O
戦争なんだから捕虜を虐殺するのは当然だろ
広島や長崎に原爆が落とされたのも戦争なのだから当然
反省?なにそれ?戦争したのは俺じゃないし

52 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:45:32 ID:+QqcqMsp0
日本の問題点はその場の空気によって
一同がみな同じ意見、同質性に集約されてしまうってこと。

個人の信念を持っている人間ですら、
状況が許さなかったとか、そういうことを言える空気ではなかったと
あたかも絶対的な真理があるように要請されて、
意見が押しつぶされてしまうってこと。
これじゃ主体性も何もなくなっちゃう。

53 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:45:34 ID:KfZP3P4x0
村上春樹はこういう決め付けな言い方はしないぞ。
言葉尻だけ捉まえてマスコミにこういう取り上げられ方をするのを最も嫌ってる一人のはず。

裏で煽動してる奴がいるな。
韓国の国民は自国のマスコミのこういう部分に対して違和感を持っているのだろうか?

54 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:46:01 ID:v0ht+qzq0
お前ら涙目wwwwwwwwww

55 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:46:58 ID:Qi1IuJRxO
シンガポールで残忍なことをしたのは
日本人というより辻政信です

56 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:47:14 ID:+QqcqMsp0
>>50
何って前スレの議論の総括してるだけだよ
脊髄反射して何も考えない無駄なレスが増えるよりはマシでしょ。

57 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:47:49 ID:kHT4O4DCO
「まだ反省してない」って、親ですら戦後生まれの人間が増えてる中で、どうやって自分がしても無い事を反省しろってんだよ?

58 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:48:22 ID:eeG5b2mp0
先の大戦じゃ〜なくて、それ以前の戦いの反省はどうするんだ
腐れ頭でガタガタ言ってるんじゃないよ!

59 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:48:28 ID:S8MyXZ890
ロクな国力も兵站も資源もないのに、
精神だけで勝てるとかバカをホザいた右翼がいたせいで日本は負けた。

で、結果はこのとおり。
チョンシナに色々とウゼエ言いがかりばかりつけられる。

60 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:48:55 ID:IZDsD7GT0
>7

うんこ食べるのは龍のほうだろ?
村上違いと思われ。

61 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:49:15 ID:YMBxt+iT0
この文章だけで「日本人は第2次世界大戦を反省していない」って書けちゃうのすごいな。


62 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:49:34 ID:C3xcERdz0
現在進行形で戦争してる国を批判しろよw

63 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:49:35 ID:+QqcqMsp0
345 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/04/10(木) 12:13:20 ID:LOAPX1HT0
こういった日本的曖昧さ、主体性のなさ
上からの命令に従ってしまううつろな人間
想像力のない人間、空気に動かされてしまう人間に
水をさしてるのが今の村上春樹じゃないの?

64 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:49:37 ID:G7D6Hi/60
うん、してないよ。
昨日出会い系で知り合った女に中田氏したことのほうが余程反省してる

65 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:50:39 ID:qJ0QkVF6O
反省しなきゃいけないと言う前提があるとして、
同じように戦争やってきた他国と同レベルの反省でいいだろ。
なんで日本だけいつまでも反省しなきゃいけないんだよアホか。

66 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:50:43 ID:/X1oYfdsO
反省猿

67 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:51:44 ID:S8MyXZ890
終戦直後のまだ国民が飢えと戦っていたころ吉田は
マッカーサーに「450万トンの食糧を緊急輸入しないと国民が餓死してしまう」と訴えたが、
アメリカ側は結局6分の1以下の70万トンしか輸入できなかった。しかし、餓死者はでなかった。

マッカーサーが
「ミスター・ヨシダ、私は70万トンしか渡さなかったが餓死者は出なかったではないか。日本の統計はいい加減で困る」と抗議した。

それに対して吉田は
「当然でしょう。もし日本の統計が正確だったら、むちゃな戦争などいたしません。
また統計どおりだったら日本の勝ち戦だったはずです」と返した。

これにはマッカーサーも大笑いだったという。


この程度の国にしてしまったのは、右翼が支配していた軍部のせい。
ロクな教育もせず、ただ戦争マンセーやっていただけだったからだ。
こういうバカを排除しなければならなかった、と反省すべきだ。

68 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:52:53 ID:EXrupjB30
日本ほど真摯に反省している国はないと思うんだけどな
武器も輸出してないし軍隊だって最小限のもの
敵国が日本のイメージを悪くしようといつまでも煽り続けている

69 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:53:09 ID:dl87NeE+0
戦後まだ戦争してなんだから十分だろw
まあ日米安保と軍隊持ってないなんて建前じゃ
一般人は思考放棄になるわ
原爆落としたアメリカは反省してんのかね、ずっと戦争やってんだが
どんな行為犯しても勝てばいいのかw


70 :アジア解放:2008/04/11(金) 11:53:17 ID:b5f/2Cgg0
大東亜戦争がアジア植民地の解放に繋がったのは歴史的事実だ。
この戦争がなかったら、アジアは今でも欧米の植民地だ。
シンガポールで残忍なことをしたというが、これはゲリラを処刑しただけだ。
これらのゲリラは殆どシナ系人で、中国本土の国府系や中共系の策略に乗せら
れて犠牲となったのだ。

71 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:53:25 ID:CNSZfNNG0
最近のねらーはソースを検証することすらしないのか。
共同通信のインタビューと称す元ネタを探したがどこにも存在しないぞ。
この中に確認できた奴が一人でもいるのか?
できた奴がいるならうpしてみろ

72 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:55:06 ID:NvqMcifu0
>>54
死ね

あああなんか馬鹿馬鹿しいわ

73 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:55:28 ID:S8MyXZ890


反省してる反省してると言うが、

右翼はシナチョンと同じことばかりヌカしてる。

【聖火リレー】 「『中国人はやられっぱなしでいいのか!』と怒り」…中国、ネットでの愛国心炎上で大暴動も?★6
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1207804558/l50


愛国愛国と、シナチョンと同じバーカをホザいてる。
この点は反省などしていない証拠。
また、愛国愛国と青臭えバカをホザいているから戦争に負けた。国が荒れた。
愛国心など所詮その程度の糞くだらんもの。クソくだらんから、チョンシナみたいなクソくだらんものは愛国愛国と叫ぶ。

74 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:58:08 ID:ZIibce7U0
伊原春樹

プロ入り 1970年 2位
初出場 1971年7月4日
経歴

* 北川工業高校
* 芝浦工業大学
* 太平洋クラブライオンズ(1971 - 1975)
* 読売ジャイアンツ(1976 - 1977)
* 西武ライオンズ(1978 - 1980)


伊原 春樹(いはら はるき、1949年1月18日 - )は、元プロ野球選手・監督、現巨人ヘッドコーチ。
広島県府中市(旧:甲奴郡上下町)出身。
現役時代の1971年から1973年のみ「伊原 春植」(いはら しゅんしょく)。

75 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:58:56 ID:CNSZfNNG0
何度でも言ってやる。
最近のねらーはソースを検証することすらしないのか。
共同通信のインタビューと称す元ネタを探したがどこにも存在しないぞ。
この中に確認できた奴が一人でもいるのか?
できた奴がいるならうpしてみろ

76 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 11:59:30 ID:DtoCSkzV0
sayoku になってノーベルねらう  あさましさ

       わろた!!!!!  ・?・


77 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:00:06 ID:f5okOUl9O
戦争に負けた。その後戦争をすること、戦力を持つことを一切放棄した。

これ以上の反省っていったい何なんだ?

78 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:01:05 ID:+7cmFXZsO
反省もなにも、自分等その頃生まれてすらないからな
人間何かを学ぶには経験させて、痛い目に一度会わないと


それに、何が善くて何が悪いのかなんて年代ごとにかわるのに、今の基準で考えて、過去を断罪するとか具の骨頂

79 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:02:21 ID:srEYCnC/0
>最近のねらーはソースを検証することすらしないのか。

はい、ニュース系ではとくに。こんなのもんです

(脳内の敵?にむかって)独り言ばっか言うのが流行ってます
レスをつけると、レスすんな、おまえに言ってないと
怒る人さえいたので、びっくりしたことがあります

80 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:02:45 ID:+QqcqMsp0


歴史を記憶しえぬものは、それを繰り返すべく呪われている

81 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:03:17 ID:yuaCLZT80
村上春樹の指す日本人氏はどの年代のことを言っているのだろう
自分たちのこと棚に上げて日本を悪く言うことに必死だよな

82 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:03:23 ID:mWAL5EkRO
戦争を知らない世代に反省を求められてもね

83 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:03:25 ID:d7mHDXTU0
>>1
中央日報にしては「反省していない」発言→同胞に持ってきていないな。
気持ち悪い。

84 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:04:34 ID:+QqcqMsp0
>>81
>>21
> それはわれわれの世代的責任じゃないかなという気もするのです。

85 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:05:01 ID:S8MyXZ890
どの時代だろうが、反省は反省。
反省しなければならない。


どのような経緯があれども、自分から仕掛けておいて負けることは大恥。


これは反省の対象。
これを反省すれば、「次、もしまたケンカがあったらどうやればいいのだろうか」がわかる。

反省しなければ、これも理解できないまま。

86 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:05:11 ID:XlvSXURW0
まだやってんのかよwwwww
もう飽きた

87 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:09:03 ID:Dl6VyfMe0
>>70
>大東亜戦争がアジア植民地の解放に繋がったのは歴史的事実だ。

大東亜戦争の主目的 ○資源確保 ×解放

日本&ナチスが万が一勝ってたら、アジアは今みたいに独立してないよ。
現地教育が敗戦後に役だった面はあるがな。

朝鮮、台湾・・・併合
満州国、中華民国(汪兆銘)・・・傀儡国家
インドネシア、マレーシア・・・直轄領として独立を認めず(サイパン陥落後に一部容認も達成せず)
仏印地域(ベトナム・カンボジア・ラオス)・・・ヴィシー政権存命中(ナチの傀儡)は、その統治を認める。
フィリピン・・・独立を認めたが、アメリカ領だった時から独立の予定。


88 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:09:50 ID:V22LBuWE0
たまには大河内春樹の話もしろよ

89 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:10:18 ID:S8MyXZ890


日本の「反省」はまだ終わっていない。

「謝罪」、そんなものはとっくの昔に終わった。

謝罪が済んだら反省。
なぜ負けたのか
バカをコイてる右翼がバカやったから
じゃあどうすればいいのか

そういう反省と勉強が必要。
それがないと、また何かあったときに負けるからな


90 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:11:29 ID:pQ5WbV6U0
>>75
数年前から2chのニュース系は基地外に乗っ取られてますよ

91 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:11:34 ID:CNSZfNNG0
何度でも言ってやる。
最近のねらーはソースを検証することすらしないのか。
共同通信のインタビューと称す元ネタを探したがどこにも存在しないぞ。
この中に確認できた奴が一人でもいるのか?
できた奴がいるならうpしてみろ

92 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:12:16 ID:z7ALzX8e0
ふーん。
戦争を絶対悪ととらえる人間が多い国って日本とドイツくらいだと思うけど。
戦勝国(気取り)の国は正義の戦いに勝ったとかいう視点を持ってるから、
正義の戦争はおk(でも相手から見たら悪なのに)だしね。

93 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:12:38 ID:McNnTGb70
>>27
赤尾敏なんかは数少ない対米開戦に反対した議員なんだが、
戦後は「右翼」とひとくくりにされたな。
逆に当時戦争を積極的に推進するよう煽ってきたのは、
今は批判者を「右翼」とレッテル貼りしたりしてる某新聞社。


94 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:12:38 ID:XlvSXURW0
>>91
電凸して聞けよwwwwwwwwww

95 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:14:17 ID:CNSZfNNG0
>>90
ひどいねー

>>94
飽きたなら絡まないでとっととどっかいけ

96 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:15:21 ID:KBkwUx0i0
>>19
謝罪じゃなくて、反省なw

97 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:15:26 ID:mBwIIpBy0
なんでこんな半島ソースのクソスレがまた立ってんだよ


98 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:16:20 ID:S8MyXZ890
シナチョン大好きの右翼w

赤尾敏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%B0%BE%E6%95%8F

また右翼としては珍しく昭和天皇の戦争責任を認め、日米安保に肯定的であった。


韓国にも好意的であり、「北朝鮮打倒のために日韓は協力すべき。領土問題がそれを阻むと言うなら、竹島など爆破して沈めてしまえ!」と主張した。


天皇ですら国民のためにあると主張し、
尊皇主義者からは嫌われている。

99 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:16:53 ID:Y62T8po+0
痛いとこ突かれたな

100 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:16:54 ID:+QqcqMsp0
>>95
>>17

確かにソースが見つからないな。
でも立場としてはこれじゃないの。まあ、10年以上前のインタビューだけど。

101 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:17:54 ID:W9QiIbXj0
村上龍のまちがい

102 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:18:02 ID:+M6jnCRZ0
謝罪なんてもう必要ないよね。

反省しなければいけなかった世代が反省しなかったせいで
戦争に対しておかしな教育、認識になってしまった気がする。

103 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:18:07 ID:+QqcqMsp0
要は左翼的な内容のない反省を批判しているわけだ、

104 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:18:17 ID:5qNawPzG0
「日本人は…」って
村上春樹も反省していないって事だよなw

105 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:19:43 ID:S8MyXZ890


謝罪なんかとうに終わっているから、あとは反省だけ。

なぜ負けたのか
バカのチョン右翼は戦前戦中を美化するが それなのになぜ負けたのか
なぜ国が荒れたのか


そこをまず反省して、改革せねばならない。

106 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:20:10 ID:uk+cu2J5O
反省するもなにも、経験すらしてないし、生まれてもいない、ましてや戦争に参加した事もない。

107 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:22:20 ID:dl87NeE+0
アメリカの核の下、戦力非保持の欺瞞、
結局団塊は安保で負けた訳で。
そのくせ未だこんな平和の下で机上の負け犬平和論こねくり回して
ばっかだからダメなんだよ。三島みたいに腹を切るか
老後の心配でもしておけ。

108 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:23:13 ID:BeRQcAr80
別に正しいことを反省するつもりはないが。

109 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:23:42 ID:69oO6JnQO
反省も利権と化すのかこの国では

110 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:23:52 ID:L4i9dIfWO
要は寄生虫は日本から出ていけって事だろ?
気色悪いんだよね、朝鮮人って

111 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:24:40 ID:o+smZI7H0
チョンの新聞と共同通信だからどうせまた言葉尻を誇張しただけだろ
で、バカサヨが大喜びw

112 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:25:16 ID:McNnTGb70
>>98
そもそも赤尾敏までが
なぜ「右翼」とひとくくりに評価されてるのか
分からんなw

113 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:26:08 ID:Dl6VyfMe0
>>108
>別に正しいことを反省するつもりはないが。

「日中戦争」
満州で危ない橋を渡ったのに、続いて華北にまで勢力圏拡大を計り、軋轢がエスカレート。

「大東亜戦争」
欧州混乱時にナチスと組み南進、基地作りを計り、警戒され石油止められ慌てる。

条約も、自他の国力検証も、引き際も蔑ろにし、無鉄砲な拡張路線で危機に陥ったのが、
君にとっての正しいこと。


114 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:26:46 ID:S8MyXZ890


味方の右翼からも嫌われるってのは凄いなw


右翼などマイノリティなのにマイノリティからも嫌われるとは

115 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:27:31 ID:NwR46vyf0
>>112
おまいが右翼の定義をわかってないだけでは

116 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:27:41 ID:dZZ2Hr8k0
■カッコイイ奴に投票してやってくれ
http://arn.kyosui.net/ib/img/o_man/o_man_1763.jpg
http://arn.kyosui.net/ib/o_man/90.html ←この画像に投票をクリック
http://arn.kyosui.net/ib/img/o_man/o_man_1784.jpg
http://arn.kyosui.net/ib/o_man/78.html ←この画像に投票をクリック
http://arn.kyosui.net/ib/img/o_man/o_man_1833.jpg
http://arn.kyosui.net/ib/o_man/60.html ←この画像に投票をクリック



117 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:27:43 ID:CNSZfNNG0
>>100

>>17 この文章は学生運動世代の事象を客観的に包括しようとしたもの
でないかい? 反省してない、とかそういう文脈ではないし、
日本人の残忍性などの話もまったく出てきてない。

>堅実な人が一瞬、残忍に突然変わる現象は、どこでもあり得るが日本人には特に強い

これのネタ元を知りたいんですよ

118 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:30:14 ID:McNnTGb70
>>115
だって
戦前は「左翼」として取り締まられてたんだぜ
赤尾敏は。

119 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:30:26 ID:RUPOSN+kO
昔から思ってたけど
戦時の日本てロマサガ2の七英雄みたいなもんだろ

欧州同化の法を編み出した日本は
西洋諸国の利権のために利用され、最後は狙われる

結局自壊的に暴走した日本は新たな英雄たる皇帝(米)に倒された

結局みんなワガママで動いてたから
だれも正しくないし…ただ悲しい話だ、という認識

なんかそれでいい気がした

120 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:30:49 ID:hREZH81Z0
>>105
ルーズベルトやハルが共産党のスパイに騙されてたからだろ
共和党は日本への制裁や戦争反対してたのに。

日本は近衛が騙されてた。


121 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:31:59 ID:S8MyXZ890
旧制愛知第三中学卒業後は左翼運動に参加し、
大杉栄や後の日本共産党書記長徳田球一らと活動するも逮捕され、


釈放後の1925年に転向。


建国会の書記長に就任。以後右翼活動に加わる。



日本語も読めんのか

122 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:32:09 ID:CAWpzVVO0
戦争をすると必ず反省せねばならぬものなのか?
それとも、日本だけそうせねばならぬのか?

123 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:33:47 ID:S8MyXZ890
今の中国なんか、謝罪も反省もないから世界中から嫌われてんだろうが

124 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:35:16 ID:McNnTGb70
>>121
だからどこがどうなると「左」から「右」って
されるのか、ってことなんだが。
右翼と言われているから右翼なのか。

125 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:35:58 ID:dLhSsMzl0
関係ないけど大江健三郎とか井上ひさしとか
なんでチベット問題には触れないのかね。
日本叩きばっかりして中国批判一切しないから奴らの反戦平和は全く信用できない。
村上もそう。団塊と一括りにされるの嫌みたいだけど立派な団塊オヤジだ。

126 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:36:31 ID:uWHLNkua0
発言の一部だけを取り上げた記事はずるいな。
こういう断定的な発言は村上春樹が一番嫌うところだと思うが。

127 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:37:07 ID:+QqcqMsp0
>>117
ないなあ。
しかも、この写真、転用っぽいんだよね。
前に見たことあるし。
ますます、あやしいソースになってきた。

128 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:37:41 ID:S8MyXZ890
保守なら当然右翼


だから、自分の政権保守に必死コイてる北チョンや南チョン、中国は当然右翼国家。
あれらの国に革新要素はない。

129 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:38:03 ID:dpIaLyGDO
しねばいいのに

130 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:38:50 ID:CNSZfNNG0
>>125
共同通信のソース持ってますか?

131 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:40:20 ID:dl87NeE+0
朝鮮民族の習性
大国に土下座事大、主人が変わると威を借りて
強姦略奪三昧。戦後は日本で暴れベトナムで残虐祭り

132 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:41:51 ID:+QqcqMsp0
>>125
>>21
> それはわれわれの世代的責任じゃないかなという気もするのです。

村上春樹は自覚してるよ

133 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:43:36 ID:mQkXRLRx0
まぁゆとり世代のネトウヨよりかは支持するが。
俺は保守だがね。

134 :アジア解放:2008/04/11(金) 12:46:15 ID:lywvtZ/g0
>>>87

偏った史観だ。戦争の勝ち負けは関係ないのだ。大東亜戦争がなければ、ア
ジアの植民地解放はあり得なかったのだ。

朝鮮、台湾・・・併合 >>> お陰で現在の両国の繁栄がある。
満州国、中華民国(汪兆銘)・・・傀儡国家 >>> 今のイラクよりははるかに
              治安が安定していた。
インドネシア、マレーシア・・・直轄領として独立を認めず >>> 戦争中だから当たり前
仏印地域(ベトナム・カンボジア・ラオス)・・・ヴィシー政権存命中(ナチの傀儡)は、その統治を認める。 >>> 
              敵性国でないのだから、当然のこと。
フィリピン・・・独立を認めたが、アメリカ領だった時から独立の予定。 >>> 当時は所詮米国の傀儡国家。

135 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:46:22 ID:O5vRVm9X0
プラス臭するスレ
ウザい

136 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:47:41 ID:dLhSsMzl0
このオッサンは、吉本ばななとかと並べられて
人畜無害なエロ小説書いてたころが一番輝いてたな。
オウム問題だのノーベル賞候補だの社会派になった頃から
劇的につまらなくなった。
本来、こんな問題は関わりたくないってスタンスの人だったのにね。

137 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:48:47 ID:McNnTGb70
赤尾敏の主張は、
天皇を「利用」することによって、
生産手段の公共化を計る国家建設をする、
つまり国家社会主義者。
始めは国のトップを天皇から革命勢力に代えて、
それが実現しようとしたが、
現状では無理と判断して、そういう意味で「転向」した。
北一輝の「純正社会主義」に近い。
だから左翼と見ることも出来る。死ぬまでレーニンの信奉者だった。
ただ「右翼」と言われているから「右翼」、
と頭ごなしに馬鹿にしてる人間には分からんな。

138 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:49:11 ID:Dl6VyfMe0
>>134
単に国益を計って行動してたにすぎない事を理解したか?

139 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:49:30 ID:Os9P+Woo0
7〜9日までどこかの地方紙にこのインタビューが出たらしいんだが
誰かもってないかなあ。

140 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:51:16 ID:PAa5gln80
村上春樹ってどんな内容の本を書いてるの?
俺の友達の韓国人なんだけど物凄いファンで、彼女が言うには
「そうね・・・私の周囲にも彼の本を愛読している人は多いわよ」と言ってたんだよ

141 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:52:08 ID:CNSZfNNG0
何度でも言ってやる。
最近のねらーはソースを検証することすらしないのか。
共同通信のインタビューと称す元ネタを探したがどこにも存在しないぞ。
この中に確認できた奴が一人でもいるのか?
できた奴がいるならうpしてみろ

>>127
怪しさ満点ですね

142 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:53:58 ID:rv85BsgX0
日本人って凶悪もになりうる因子をまだ持ってると思うね
競争させられると簡単に人間らしい感情が消えてしまう人とか
サラリーマン社会でもいるよ

143 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:55:30 ID:6/OCJvVc0
14世ダライ・ラマ法王と中国政府首脳との直接対話を求める声明文

私たち日本の文化人有志一同は、

1. 過去48年にも及ぶ苛酷な亡命生活の中で「愛と非暴力」の姿勢を貫き、ノーベル
平和賞を受賞された14世ダライ・ラマ法王を強く支持する者として、
2. チベット伝統文化の奥深さを学び、その叡智が未来の地球にいかに貴重なものであ
るかを理解する者として、
3. 強大な経済力を背景に中国政府が進めるチベット中国化政策がチベット人民にとっ
て、伝統文化を破壊する屈辱的なものであることを知る者として、

今、中国政府がチベット本国でチベット人民に加えている、激しい人権弾圧に対して、
深い憂いと強い憤りと悲しみを覚えるものです。
中国政府首脳は、できるだけすみやかに14世ダライ・ラマ法王と直接会い、 対話を始
めて下さい。

賛同者
有田芳生、生島ヒロシ、池澤夏樹、池辺晋一郎、市川森一、イルカ、UA
植島啓司、上田紀行、上野圭一、榎木孝明、加藤タキ、加藤登紀子、角川春樹
鎌田東二、亀渕友香、川原亜矢子、木内みどり、樹木希林、岸 恵子
喜納昌吉、小林研一郎、三枝成彰、酒井政利、堺 正章、佐治晴夫
佐藤富雄、志村史夫、下村満子、白鳥英美子、鈴木エドワード、竹村真一
田中章義、谷川俊太郎、つのだたかし、デーブ・スペクター、天外伺朗
富田佑弘、中嶋朋子、名嘉睦稔、中森じゅあん、西蔵ツワン、野中ともよ
鳩山 幸、早見 優、原田真二、ピーター・バラカン、日野原重明
広瀬洋一、フランソワーズ・モレシャン、細川佳代子、細野晴臣
槇小奈帆、真鍋圭子、美内すずえ、ミッキー吉野、宮本亜門、村上和雄
米良美一、山折哲雄、湯川れい子、吉田照美、ロバート・ハリス、渡辺貞夫、龍村 

http://gaiasymphony.com/tibet.html


144 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:56:36 ID:+QqcqMsp0
でも、ソースの真偽はどうであれ、問題点は間違いないと思うな

日本人の主体性のなさ、
自律性、カント的格率の欠如、
同質的で他律的な人間性
歴史の終わりの人間、オルテガ的大衆性
山本七平の言う空気支配だとか、

いろいろこの論旨と合致する、首肯すべき点は多い。

145 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 12:58:40 ID:KiFeASGJO
戦後生まれた人間に反省なんてしようがない

146 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:01:57 ID:dLhSsMzl0
>>143
井上ひさし、大江健三郎はいないなw
あと田原、筑紫も。
田原にいたってはマスコミの偏向報道とかほざいてるからな。
どんだけ中共の僕なんだよ。

こいつら進歩的文化人がチベット問題を取り上げて
中国を激しく批判するような平衡感覚があれば
日本はここまで右傾化しなかっただろう。
身から出た錆、そりゃ誰も信用しないわ。

147 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:03:43 ID:NScFChe0O
>>144
村上とやらの小説家が主体的に私財を寄付したらいいだろ。
左翼がそろって私財をアジアのために寄付したらトクアも日本人は反省してるって
認識してくれるさ。
才能が枯渇したからって民族や国家に粘着するなや。

148 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:04:54 ID:U4x8TrX30
面白いなぁ
本多勝一とかがネットで工作しても

こういうときに、日本のサヨクの偽者ぶりがあらわになるんだもん

149 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:05:21 ID:1ol5UmZd0
生まれてもいない頃のことを反省しろと言われても。
年寄りに向けてのメッセージでしょ?

150 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:06:15 ID:Os9P+Woo0
>>144
日本語でおk

151 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:06:17 ID:LwnyYLI70
ぶっちゃけ戦後世代にとっちゃ全く関係ないこと。一生償うとか馬鹿じゃないの?ゆすりだろ

152 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:07:01 ID:McNnTGb70
>>144
そういう
日本人が世界的にどうしようもなく劣っている習性をもった民族、
という物言いが多いが、
それでも現状、狭い国土と資源もない状況で、
現在の経済、生活水準をまさに「相対的に」考えると
そうでもないんだよな。
世界中から狡猾に搾取してるだけだ、
とも言われてるが。

153 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:07:59 ID:+QqcqMsp0
>>145
村上春樹だって戦後生まれだよ、自分の親も団塊の世代だけど、
その世代は概して倫理というものをもっていなくて、
経済一辺倒でやってきて経済が善くなれば幸せになれるんだ
という価値観でやってきて、それが破綻してで。

まあ、それで自分は親に教えられなかった
信念、理念、道徳律を探すのに苦労してる。
昔だったら家訓だとか、論語だとか修身だとかあったんだろうけどね。

それにたとえば、

中国はこうだからこうだとか、韓国がこうだからこうだとか
あるいは欧米ではとか、世間ではとか

2ちゃんねるでもよく見られるけど、たいていの日本人は
そういった他律的な価値観しか持ってないんだよね。

だからいざ、改憲しようというときに、自分の国の価値観はどこにあるのだ?
と疑問をもたざるをえないし、井戸を掘っていくと、必然的に戦争、戦後に行き当たる。
だからそういった意味で内省しないと、反省しないと駄目なんじゃないかなと思う。

154 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:08:31 ID:EW2iGuubO
スレタイひどいな


155 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:10:57 ID:Dd6rvLsl0
>>139
西日本新聞に載っていた。

156 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:13:15 ID:dLhSsMzl0
>>144
最近、小林よしのりが沖縄の同調圧力を問題にしてるな。
集団自決で下手なこと言うと村八分だそうだw
山本七平も左翼の同調圧力を問題視してたな。
20年ぐらい前は左翼にあらずんば人にあらず、
中国朝鮮批判するもの人にあらずだったからな。

戦前は右、戦後は左。
マスゴミと文化人の罪は重い

157 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:13:35 ID:tbfYE2VD0
世界はなぜ反省を日本にだけ押し付けるんだよ

158 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:13:46 ID:ULCiiGM40
謝罪と賠償の是非はともかく
マスゴミの垂れ流している情報に一喜一憂右往左往しているお前らの充満しているこの国で
いつ戦争に突入しないとも限らないという恐怖は常にうっすらと感じているな。

お前ら警棒でぶん殴られて豚箱ぶち込まれたりする「自分」に対する直接的な被害をこうむっても
反戦を貫き通す覚悟があるのか?

159 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:13:49 ID:nECFHL5L0
村上は両親とも教員だし、左巻き風味とは思っていたけど、
大江健三郎じゃあるまいし、左風ふかせてノーベル賞ねらいかw
そういうことに「無関心」なのが、この人のよさだったのにな。

せいぜいノーベル賞はペコペコもらいにいって、
叙勲は拒否ってくださいw
さようなら。

160 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:16:46 ID:NScFChe0O
>>157
トクアだけが言ってるからだろ。
外交的にも利用されてるしな。
村上みたいな左翼が飯のタネにするしな。


161 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:17:25 ID:ckTAGJsv0
村上春樹の小説なんて読んだ事無い
読む気すら起きない

162 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:18:38 ID:O+MHDtyW0
>>1

・事実に対して仮定を持ち出す
・ごくまれな反例をとりあげる
・主観で決め付ける
・一見、関係がありそうで関係のない話を始める
・レッテル貼りをする
・決着した話を経緯を無視して蒸し返す
・新しい概念が全て正しいのだとミスリードする

163 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:20:47 ID:McNnTGb70
>>153
それは多少でも経済をよくしようとする取り組みをしてきた人間の
言えることだなw
それで一生没頭して結果が出なくても有意義で幸せな人生だろうと
俺は思う。
お前が>>153みたいな思いをめぐらせるようなことが出来る環境を
作り出してくれている日本人は優秀だよw
経済がよくなる、って価値観が破綻して、
実際リアルに食えなくなったらそんな暇はないからな。


164 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:20:48 ID:Yp3HKAfv0
いつものことだが

 本当に語った記事なのか?w
  

165 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:21:45 ID:CNSZfNNG0
何度でも言ってやる。
最近のねらーはソースを検証することすらしないのか。
共同通信のインタビューと称す元ネタを探したがどこにも存在しないぞ。
この中に確認できた奴が一人でもいるのか?
できた奴がいるならうpしてみろ

166 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:22:49 ID:zC1YrZ5cO
>>161
別にいいんじゃない。つーかそんなの書いてどうすんの?人に見てもらいたいの?

167 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:22:56 ID:W9QiIbXj0
2chは在日が多いからな

168 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:23:16 ID:dLhSsMzl0
ノルウェイの森とかでクンニだのフェラだの言ってた頃が
この人の最盛期。そんなの関係ねーがこの人の持ち味だったのに
ノーベル賞に色気を出してどんどん社会派まっすぐ君に堕していった

169 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:29:22 ID:tjkpUtAf0
大体、広島平和公園の文言
「二度とあやまちは繰り返しませんから」

の「あやまち」って何だ?
少なくとも、このバカ作家の考えるモノとは別物だろうケドな。

170 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:30:21 ID:ZqOSoAyR0
戦争だろ
主語は人間全体

171 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:31:39 ID:dsyQo6Je0
村上春樹の小説を若い頃に読んで、人生を左右されたとは思わないが
嗜好はかなり左右されたと思う。

172 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:33:32 ID:hvk0WIoE0
団塊死ねば日本も少しはまともになるかな
無理がたたって内臓ボロボロだろうし

173 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:34:25 ID:+QqcqMsp0
>>163
確かに、考える暇もなく働いてきたんだろうからね。
でも、考える暇ができたときに、
戦後の矛盾や齟齬が自覚されてきた
ってことなのかなあ。

174 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:34:58 ID:Dd6rvLsl0
西日本新聞、4月4日付、朝刊
「物語の力」〜村上春樹インタビュー〜
□自責の念
「戦争中、上官から捕虜を殺せと言われたら、ノーとは言えない訳ですよね。
日本人は、戦争でそういうことをやってきた。そのことに対する日本人の本当
の自責の念というのは、まだ出来ていないと思うんです。」
これに関しては、村上さんはリー・クアンユー・シンガポール元首相が日本の
新聞に寄稿した記事の事を紹介した。
元首相によれば、戦争中、シンガポールを占領していた日本人は信じられない
くらい残酷だった。だが、戦争が終わり英国人の捕虜となると皆、良心的で懸命に働き
シンガポールの街をきれいに清掃していったという。
「これは日本人の怖さみたいなものを物語っている話だと思うんですよ。
良心的で懸命に街をきれいにする日本人が、ある日、突然、残虐行為を働く人間になって
しまう可能性も示している。きっとどの国民にもあるのでしょうが、日本人はとくにそういう
面が強いのではないかという気がしてしょうがないんです」

175 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:36:15 ID:AypYJTbH0
反省しろと言われてもその頃生まれてもいなかったからなあ
村上春樹はその頃何かしてたの?

176 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:37:40 ID:AypYJTbH0
とうきあ戦前って現在の日本人からすれば外部のことであって、それを反省しろとか言われてもはぁ?ってなるんじゃないのかな

177 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:38:21 ID:McNnTGb70
>>173
いや俺の言ってるのは、
お前に考える暇を与えてくれている
働いている人にも感謝しろよ、
ってことだw

178 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:39:51 ID:+QqcqMsp0
>>174
お、あったか。おつかれ。

> 自責の念

村上春樹が自責してるのか・・・

179 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:40:09 ID:LBpGPOOU0


竹島は日本

日本は竹島

FUCK CHOSEN







180 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:41:11 ID:9oru/0RjO
ウィットに富んだ会話

181 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:44:29 ID:mYMtxe1wO
>>163
バブルで惚けてた馬鹿にはもっと言う権利はないなw

182 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:47:03 ID:Yzei3L4HO
「ねじまき鳥さん、世界が終わりに近づいてると私思うの。」
「ギイイイィィィ」

183 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:48:06 ID:mwavak6CO
村上春樹さん…

184 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:49:49 ID:lYOBhh9pO
村上春樹の本がわからない

185 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:51:12 ID:+QqcqMsp0
>>177
確かに、最低限の感謝はあるね。
でも、考える力を養ってきたのは自分の力だし、その点の自負はある。
働いて、本買っていろんなもん削って
けっきょく、学校の教育はあんまり役に立たなかったなあ。
感謝よりも批判したい気持ちのほうが強かった、
その点責めたら、親に謝られた。

186 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:53:29 ID:fy3fUbxI0
在日村上春樹め

お前が反省しろ

すっこんでろ カス



187 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:55:00 ID:yqEE7q1f0
春樹は想像でもの言ってやがるな

188 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:55:28 ID:u/Ze7bhzO
ハルキスト(ワラ

189 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:55:34 ID:U4x8TrX30
戦争って朝鮮戦争だよね、もちろん

190 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:56:05 ID:AypYJTbH0
結局自分の外部においてそれを攻撃したいだけ
認めて受け入れる力のない人間はいつまで経ってもゴミ屑だ

191 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:56:20 ID:3SWRD5cd0
>堅実な人が一瞬、残忍に突然変わる現象は、どこでもあり得るが日本人には特に強いと
いうのだ。

つまり日本人を怒らせると怖いってことですね
よくわかります

192 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:57:09 ID:a9COgIYsO
海辺のカフカ長すぎて断念した

193 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:58:00 ID:+QqcqMsp0
むしろ、こうした村上春樹の批判って、保守側とみなされる
山本七平とか小室直樹とか、江藤淳とかがよくやってるのにな・・・

在日とか死ねとか、全人格を否定するような
感情の発露をする人間の気持ちがよくわからない。

194 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:58:42 ID:YgcGgQrkO
じゃ、金を送るんだな?
何もしないで
「俺は考えてるから良いけど、
他の奴は鈍感だから困る」
とか、女子高生のポエムみたいな
自己陶酔で終わらないんだよな?先生よ

195 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 13:59:16 ID:nf3dE5nc0
戦争の反省って誰がするもんなんだ?

196 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:00:03 ID:McNnTGb70
>>181
ああ、
その前の世代や浮かれてない人間の努力と、
単なる環境の変化のおかげなのに、
自分で金稼いでる、
自分の力で物事を実現できてるって勘違いしていた奴らな。
今でもその劣化版みたいのがいるな。

197 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:01:14 ID:b4IXzNsu0
近くにあったこのニュースが気になった
http://news.livedoor.com/article/detail/3593698/

198 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:01:41 ID:AypYJTbH0
まあなんだ
日本人は生まれ落ちたときから罪人だ

199 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:02:44 ID:McNnTGb70
>>185
すごいな、よく謝ったな親がw
まぁ、内心お前みたいなの生まなきゃよかった、
と思っているか、どうかは知らんが。
親がいなけりゃ、
お前自体の「存在」すら無いんだしw


200 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:03:00 ID:AypYJTbH0
反省すべきは戦争を起こした連中の子ではなく親だろ
こんな子供を育ててしまって済みませんと謝らせたらどう

201 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:03:08 ID:nECFHL5L0
戦時中の集団心理にたいして、今の世代に反省しろwといわれてもね。
それより、比較しようがないほど選択の余地がある現代に
オウムにはしって人殺した集団の心理は?
インタビューしすぎてミイラ取りがミイラになって、
世の中がわるい、社会がわるい、日本人がわるいwってか。

202 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:03:37 ID:+QqcqMsp0
>>196
それは俺に対する批判かな?
構造と人間って相互に関連しあってるもんじゃない?
環境のおかげだ、全てだなんて意見は暴論だと想うな。

203 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:05:02 ID:UbV4syHD0
身の程知らずのアホウヨwww
大江の次は村上かよ

こいつら自分が大江や村上と同格だと思ってやがるwwwすげえwww

まぁ新聞販売店と新聞社本社の違いもわからないアホウヨ脳だからしょうがねえなwww

204 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:05:17 ID:+QqcqMsp0
>>199
むしろ、それ以降関係はよくなったよ。
それまで父親と断絶してた。
そこで、いわゆる父親殺しをしたんだろうね。

205 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:05:42 ID:M01Qi0zP0
翻訳字体の作家って全員つまんない小説しか書けないよね
外国語マトモにしゃべれない奴多いし

206 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:05:50 ID:CNSZfNNG0
ttp://af-site.sub.jp/blog/etc/080330-murakami-hi.html
やっと記事見つけた。この信濃毎日も>>174と同じだね。
本人が「そんなことは言っていない」と否定しない限り
これはクロというかノーベル賞くれ厨といわざるをえない。

やれやれ。

207 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:06:00 ID:W/wSfldFO
ちば先生の事もあるしなぁ

208 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:07:37 ID:IqBGykuI0
負ける戦をしてはならぬってことよ

209 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:08:27 ID:Tgg2ONaI0
小説家風情が何言ってんだ

210 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:08:35 ID:LM6kRdBT0
例によって内向きで相対的な視点の欠如

211 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:09:40 ID:qYUJhQ+YO
まず村上が謝罪しろよお前も日本人だろ

212 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:11:00 ID:AxAcNDFd0
宣伝かよw

× 30年以上、話題作を出し
○ 30年以上前、話題作を出し

だろwww

213 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:12:06 ID:ja4o2y+e0
やれやれ

214 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:12:16 ID:McNnTGb70
>>202
君のことかどうかは分からんがw
金を稼ぐ、
君が言うところの、経済をよくする、
って価値観すら喪失して、
自分の力で物事を成し遂げてきた、
と勘違いする人間だから劣化版と書いた。

215 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:12:41 ID:DqXLJmPS0
極限状況における人間の理不尽さってのは
作家なら一度は書いてみたいテーマだろうけど
いかんせん、手垢がつきすぎてて
中途半端な洞察や型どおりの結論になることが大半なんだわ。

216 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:13:21 ID:jUs1gRtM0
朝鮮人の仕業なのに…。

217 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:13:59 ID:+QqcqMsp0
>>212
海辺のカフカは話題になったよ。

>>205
http://www.youtube.com/watch?v=U4cj_J0PfSk

218 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:16:48 ID:V7IeJFPU0
戦争を否定するならアメリカの戦争に協力するの辞めようや



219 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:16:51 ID:McNnTGb70
>>204
いや君の家庭がどういうのかは想像付かんが・・・
すごいよなぁw
「学校の教育は役に立たなかった」
ってそれで文句言ったら親が謝る、
ってw
「あなたを学校に行かせてしまってごめんね」
って謝ったのか?

220 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:19:02 ID:+QqcqMsp0
>>214
金を稼ぐ価値観、金を稼ぐってのは
マズローの欲求段階説だと、安定の欲求だろうね
喪失したんじゃなくて、もうそういった欲求は必要なくなって
上の段階、自我の欲求、自己実現の欲求に来てるってことだろうね、きっと。

マズローの欲求段階説
http://www.dango.ne.jp/sri/maslow.htm

221 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:19:56 ID:FYyUvYkpO
>>56
総括ってお前が書いた文章貼り付けてるだけじゃねーか

222 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:21:08 ID:+QqcqMsp0
>>219
いや、学校教育だけに頼る親を責めたんだよ。
文化資本がないよねって点を批判したの。

223 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:21:33 ID:+QqcqMsp0
>>221
他の人のも貼ってるけど。

224 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:22:50 ID:5o/VSPzzO
人が死ぬのって、素敵よね

225 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:25:34 ID:WkGXxo0k0
>>村上春樹ってSMクラブでうんこ食べてたって何かに書かれてたな


チョン(朝鮮系日本人)じゃねーの?
性嗜好障害の一つに挙げられるからな、スカトロは


226 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:25:58 ID:8004KWRS0
普段から優しくしなければ、残忍に突然変わるとは言われなくなるんだな
じゃ普段から外国人に優しくしないもんね

227 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:25:59 ID:+QqcqMsp0
村上春樹の父親は住職で、国語の教師だよ

228 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:26:55 ID:1AHUvrG50
>>168
俺今23歳なんだけどさ、これくらいの世代の人って小中生くらいの時に読んだゴーマニズム宣言そのまま鵜呑みにしてるような人結構多いよね・・・

229 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:27:08 ID:AypYJTbH0
学校教育だけじゃいけない
文化資本が必要と言い出す世代が出てきたってことはやっぱり上の世代は正しかったってことだな

230 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:28:21 ID:WYT2UiDR0
戦争は間違いではなかったよ。負けたことが悪なだけ。

231 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:31:16 ID:MzSag8tt0
てめえの脳内でかってに妄想してろカス


言葉に出すなら責任を持てカス


232 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:33:30 ID:e7JO+3xLO
加護あいはねじまき鳥さんに出会って変わった

233 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:34:10 ID:McNnTGb70
>>220
あのさ
本当は簡単な内容を、わざと難解に書く癖があるね、
って言われたこと無いかなw

>>222
ああ、これは分かるよ、
君の親は、
「あなたをもっと知的素養に富んだ環境で育てられなくて
ごめんね。
そのせいであなたの知性の向上を私たちが妨げてしまった。
私たちのような親からあなたのような人間を生んでしまって、
ごめんね」みたいに謝ったんだろ。





234 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:34:29 ID:YwdPW4Iy0

ごめんなさい。正直反省してません(´・ω・`)


235 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:34:35 ID:5o/VSPzzO
タバコ吸うのって、素敵よね

236 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:37:24 ID:+QqcqMsp0
>>233
え、難しかった?
>>233
むしろ逆で、
自分みたいな人間にはなるなよっていわれたな。

237 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:37:33 ID:AypYJTbH0
親を批判しても仕方ないけど、それを悟るのは親を批判した後だよな

238 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:37:51 ID:Dl6VyfMe0
>>230
>戦争は間違いではなかったよ。負けたことが悪なだけ。

日米戦は負けて当たり前。ナチス活躍等の外部要素が上手く働かない限り。

間違いは、引き際を蔑ろにした事。日中戦でも、大東亜戦争に繋がった南進でも。


239 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:39:12 ID:Dqu6B3Q70
反省してます。
あの頃の日本人がヒトモドキに情けをかけて、駆除をちゃんとしなかった事に。

240 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:39:31 ID:dJWoE8e00
極端かもしれないけど、この人の発言には常に当事者意識の無さを感じてしまい
サヨクとの違いがわからない。ノーベル賞、ご冗談でしょと思ってる。


241 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:39:54 ID:AypYJTbH0
戦争で死んだ人間からすりゃ戦争は悪だろ

242 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:39:57 ID:V7IeJFPU0
戦後生まれの人間が反省を促す気持ちが全く無かったな
これはこれで問題だろw
国連で日本大使の反省の弁を聞くとびっくりするよ

243 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:40:06 ID:Lf+JkJNFO
>>230
大戦前夜って異様な雰囲気だったんだろうな…。
戦争回避は無理だったろうね。
一番の失敗は枢軸側に属したことだよ。

244 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:40:57 ID:30YfCGyQ0
俺は豊臣秀吉の朝鮮出兵だって反省してないよ

245 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:41:36 ID:1AHUvrG50
>>219は内田樹とか好きそう

246 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:44:20 ID:iR/BlVH90
戦争の余韻すらない時代に産まれた俺にとっちゃ関係ない。一度は謝罪してもいいが(既にしてるが)一生謝罪する気などない
あんましつこいと紀元前まで遡って追及するぞ守銭奴どもめ

247 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:46:00 ID:tAqw0NX90
韓国併合なんてしなくて良かったんだよ。
ロシア人が根絶やしにしてくれたはずだったのに。

248 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 14:48:11 ID:3w7uP8GG0
そんな昔のことより今の中国の侵略について言及すべきだよね

249 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:06:14 ID:cp7EtpSyO
よくわからんけど…

日本語の反省と中韓語の反省ってニュアンス違うんじゃない?
多分中韓の反省は屈辱的で無様な事をさすんだよ
だから経済的にも成功し平和な日本に反省しろ反省しろ言うし
自分等は反省をしないと

250 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:06:56 ID:+QqcqMsp0
確かに中国の、人権侵害と自由の侵害は許せないよね。
ネパールの人たちが人権と自由を求めているのを見過ごすわけにはいかないよね。
でも、日本にとって、というか自分にとって、憲法に規定された、人権と自由ってなんだろう?

251 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:09:41 ID:5Rd/1zyJO
大東亜戦争で何を反省するの?

252 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:10:12 ID:dLhSsMzl0
文壇政治が嫌いだ何だと言っておきながら、
ちゃっかりノーベル賞受賞のための足固めか。
日本を誹謗中傷してノーベル賞もらった大江ナニガシの路線踏襲。
そして中韓に「あの村上春樹もこういってる!」として利用される。
はーあ。

253 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:11:18 ID:qWhNaKD80
負けた事を反省するんですね、わかります

254 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:12:51 ID:aYqC2bFX0
ここはマジレスじゃなくて、やれやれで返すべき

255 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:14:50 ID:LgzvTTaP0
今のアメリカや中国の姿を見てしまったので全く説得力は無い
逆に日本以上に戦争に対して反省してる国はないだろう

256 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:15:01 ID:7ek69f+Q0
村上の馬鹿一人が反省なり賠償するなりして自己満足に浸る分には構わないが
村山や河野みたいに自分の反日心理を元に日本国民を巻き込むような事は許さん

257 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:16:25 ID:DhWIZ68n0
米国なんか戦争ばっかりやってるけど反省しないよ〜。


258 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:18:24 ID:+QqcqMsp0
団塊の世代の世代的な問題っぽいから、
自分ら若い世代は耳を傾け、
どうこの日本の文化と、内面と向き合って
どう、その内面から外国と向き合っていくかって話なのかなあ。
難しいね。

259 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:21:06 ID:NScFChe0O
こんな幼稚な思考な奴の自慰小説読んでた奴実に哀れ。
同情する。

260 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:28:42 ID:GpuiZG940
>256
日本の問題というか、特殊点は真性Mな所だと思う
村山や河野みたいな売国奴や橋竜みたいにハニトラかかる
奴はどんな国にでも存在するし、根絶することは出来ない

ただ、この国の場合は自分から「中国様勧告様すいません」
と土下座してチンコ立たせる万個ぬらす変態が多数だからなあ


261 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:31:35 ID:05CafRmw0
で、孫子の代まで延々と反省を促される訳?
いい加減にしてもらいたい

262 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:31:49 ID:+QqcqMsp0
>>259
同情するってことは難しいってのが
近代の立場なんだよね。その同情は本当に同情してるの?

安易に同情する、って言葉を使う態度に
自分は幼稚な思考を感じるな・・・

263 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:36:21 ID:NScFChe0O
>>262
言葉遣い間違ったよw。正しくは「村上なんてよんで馬鹿じゃねえ」のだ。


264 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:37:00 ID:0/bNWlASO
そんし

265 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:37:58 ID:08h3JIWs0
反省しろって言われてもなぁ。。。
そんな昔の戦争なんか教科書でしか見たことないし、正直実感ないしなぁ。
困るわぁ。
実際に体験もしてないことを反省しろと言われても、、、う〜む、、、

266 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:40:07 ID:+QqcqMsp0
>>263
自分は無知だからわからないのだけれど
どこが馬鹿なの?
詳しく、教えて欲しいな。
ただ馬鹿っていうだけなら、感情の発露にすぎないよね。

267 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:42:43 ID:NQHdcT4R0
大岡昇平が言うんなら分かるけどね

268 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:47:00 ID:08h3JIWs0
いったい誰が反省すべきなのか、具体的に言わないとわからんわ。
日本って、漠然と言われても、、、日本の誰よ?
もし政府なら政府って限定してよ。
それか年齢で区切るとか。
戦争後に生まれた人達も反省しろと?
まさか日本人全員が反省しろっつの?
うそだろ。。。勘弁して。


269 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:50:10 ID:V7IeJFPU0
ぶっちゃけアヘン戦争はイギリスが悪いと思うわ

270 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:50:20 ID:xYx3v1VW0
まずこいつが反省の模範を示すべきだろ。あいかわらず言葉に実態が無いな。
利口なやつはたんと反省するといい、
俺は馬鹿だから反省などしないと居直った小林秀雄をちっとは見習いやがれ。

271 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:52:09 ID:+QqcqMsp0
勘弁してと自分も思うけど
憲法とか自衛隊がある限り、
その問題をどうしても避けられないから困る。

272 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:54:11 ID:iY3lrj9V0
村上春樹って何事にも距離とってさ、なんかスカしたヤローなんだよな

273 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:55:57 ID:i/ZLKBHB0
村上ってバカだよな
自分が何を言っているのかが分かっていくせに悦に入ってるんだろ?
こういうのってただのオナニーなんだよな
そんでこの村上の言葉尻を捕まえて他人の褌で相撲をとるやつが大量に出てくる
バカがバカを産むんだよな

274 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:56:06 ID:EDDndtfG0
逆に反省し過ぎです

275 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:57:28 ID:1layR5ywO
日本ほど反省してる国はないと思うが

276 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:58:03 ID:CAWpzVVO0
確かに負け方はあまりよくなかったな。
国力無視して調子に乗って、長引かせた点は反省すべきかも。

277 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:58:25 ID:9Mfw1bzM0
オッサン一人で反省し続けてく太宰

278 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:59:02 ID:9zqIZ/ZaP
空気嫁だ、KYだ言ってる
政治クズやマスコミクズの馬鹿どもばっかりじゃねえかよ
ぜんぜん反省してねーし、山本七平ぐらい嫁よw

279 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 15:59:24 ID:08h3JIWs0
つかさ、日本人は反省したから、こんな平和ボケな国になったんじゃねーのか?
反省してなかったら、戦後もまたなにかやらかしてるだろ。
なんかやらかしたか?他国に武力行使でもしたか?
反省を態度でしめしたら、平和になるんじゃないのか?
それ以上まだ何を望む?
日本人全員が毎朝、中国朝鮮の方角に向って土下座すればいいのか?
それでもまだ納得しそうにないよな。この作家は。

280 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:04:39 ID:mAJ0FTimO
どんなに国家の存亡がかかっていても戦争自体が悪と考える人もいるんじゃない?
とくに戦争で死んだ人が周りに多いとさ。
国家は守られたけど家族は全員失ったとかだと特にね。
だから中国や韓国の人たちが謝罪を求めるのは理解できるんだけど
なぜ日本が戦争に至ったかっていう視点は謝罪とか反省とかとは無関係に
客観的に歴史を考える必要がある。

謝罪は心の問題だから絶対解決しないよ。
謝罪したって解決しない。

客観的に歴史を見直す作業をもって、それを「反省」と呼ぶなら理解できるけど
ちょっと誤解を生むかもね。


281 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:10:44 ID:a8sbeVmhO
朝鮮戦争に、日本から米軍機が飛び立っていて、その戦争が本当は終わっていない。一考の余地はある。

282 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:12:40 ID:tZzoKUn40
先の戦争で反省すべき点は
負ける戦争をしたこと。

283 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:13:20 ID:9zqIZ/ZaP
公約は守らねえ政治家ばっかりだしよ
大体、公約を守らないってことは
自律できてねえってことだろうがw
党利を優先させて、空気がどうのこうの言って
自分の理念を捨てる政治家や、
自衛隊がいくところが非戦闘地域だなんて
言ってるこの曖昧な状態。
そういったものに、苛立ちを感じない今の日本人。
こういう状況だから、そういう空気だったからしかたない
諦める日本人。そしてそういう空気によって
戦争に突入したことを自覚できていない日本人。
戦争で負けたんだから仕方ないといって諦める日本人。
ぜんぜん反省してないし、自覚していない。

284 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:22:49 ID:zAEFgLE6O
中国や韓国で小説売るためにやってるの?
それとも日本の教育現場でどういう歴史教育がされてるか全く知らないの?
小説家なのに無知なの?
少なからず日本人は歴史から戦争が悪だということを学んだでしょ
歴史認識を口にし、自分達を正当だと決め付けている国よりはよっぽど良い
歴史的事実は揺るぎないもの、しかし、その事実に対する認識は様々あっていいもの
自分達の歴史認識を他人に押し付けるということは歴史という学問の冒涜以外のなにものでもない

285 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:26:42 ID:UBvEmGhI0
やれやれ。記事の真偽もわからないんじゃ2スレ目なんて
いらないじゃないか。ぼくはストーンズをききながら3杯目の
コーヒーを飲み干し8本目の煙草に火をつけたが
レイコさんは結局あらわれなかった

286 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:26:46 ID:7KmpDEEqO
春樹はノンポリだろ?

287 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:28:57 ID:7x+EE2yB0
>堅実な人が一瞬、残忍に突然変わる現象は、どこでもあり得るが日本人には特に強い

ここは同意。毛唐やチョンチュンとはまったく異質な残虐性を秘めているとは思う。

288 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:30:16 ID:+QqcqMsp0
>>284
>>21
どうなんだろう?
歴史とは違った別の形の
暴力が日本にはあるってことではないのかな?

289 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:30:20 ID:UBvEmGhI0
>>287
中韓は日常的に危ないけど、日本人はある瞬間に腹くくって
感情がMAXになるかんじはするね。それが各分野の技術的な
革新にもつながってるとはおもうけど

290 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:32:18 ID:ESHb3a1V0
反省して、負けたアメリカには従っているじゃない。


291 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:34:35 ID:nqSlnzH8O
やれやれ、
世間はすっかり春の様相にそまり街には新入生や新社会人らがあふれている。
私は変わらずパソコンの前にいた。夕暮れが迫る薄暗い部屋の中、

僕は射精した。

292 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:34:51 ID:C8XPYJy00
いまの文筆家でいいのっていないよね。よくわからんけどバナナくらい。

293 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:36:17 ID:FodsESfxO
やはりこいつは無知だった。こんな奴の本買う奴まだいるのか?

294 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:37:18 ID:UBvEmGhI0
>>292
若いときに本読みまくるような環境を得にくいんじゃないの?賢いのは
受験勉強漬けだし、アホは携帯電話やゲームなんかで時間消費するし
勉強に時間をとられすぎず十分に古典を吸収して、なおかつ
大きな才能がある、みたいな条件は揃えにくいのでは

295 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:37:37 ID:DyPBVdYbO
日本は実験場だよ

296 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:41:34 ID:gG7g4jiqO
こいつの本読むなら宮本輝か船戸与一でも読んだ方がまし

297 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:44:26 ID:+QqcqMsp0
歴史的人間の力は、対立を前提とした力。

それとは違う、
コジェーヴ=フクヤマの
歴史の終わりの人間の力、同質的な人間の力
同質圧力。

この空気が山本七平に言わせれば、戦争に向かわせた。
その力をどうするべきかってことなんだろうか。

空気という大きな暴力性とどう向かい合うか、
うーん、考えれば考えるほど、大きな問題だなあ。

298 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:51:25 ID:zAEFgLE6O
>>288
仮に残虐だとしてもその残虐性も含めての人間という存在があるじゃないかなっと
日本人に限ったことではないと思うんです
言葉を使って仕事をしてるのに言葉の持つ力を見誤ってるように感じたんです


299 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 16:54:09 ID:NlQwCBTv0
第二次世界大戦というと
ヨーロッパ戦線とかアフリカ戦線も含まれるが
やっぱりそこまで反省しないといけないのだろうか?


300 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:02:10 ID:+GpgiepE0
反省しずぎて、一体いつの事かもわからなくなってきているのは確かかも。

いつも、謝っているイメージがあるけどね。中国と違って。(死んでも反省しないお国柄だろう。中国人は)

301 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:10:08 ID:76eVYZjn0
お前は日本人を理解してない

302 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:12:31 ID:8CLI03o80
お前は小説を書いてりゃいいんだよ

303 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:15:33 ID:+IUWK5040
反省というか当時下手こいた人ら(政府、軍部)を
もっとコキ下ろすべきだとは思うね。

戦地で手榴弾持って自爆自決するための人生はほんと虚しい

304 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:15:56 ID:1jGYjdJe0
>>279
村上春樹だけがどうというわけじゃなくて
日本は責任の所在を曖昧な形にして
あそこが悪かった、ここが悪かったという具体的な反省を
飛び越えて、戦争がなければこうならなかった
被害者にも加害者にもならずにすんだ
つまり「戦争そのものが悪い」という究極の結論を出した

そのことを問題視してる人は昔からいるし
平和憲法というファンタジーが日本人にとって強固なのはそのため

305 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:21:28 ID:6GQFeeOK0
つまり侵略の非道性を理解して中国のチベット侵略を批判しろってことだろ

306 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:21:59 ID:h44aBc8/0
やれやれ。いったい誰のフィルターでこんなことになってしまったのか。
ぼくは、先週のプレゼンがうまくいかなかったことを反省するのと同じように
”戦争で犯したことについて反省する気持ちが無い”と言っただけなのに。
どんな国だって負けるのはまっぴらだ。
それが自国のミスで発生するのならなおさら反省すべきだろう。
戦争になった時期、人員、装備、配置、戦争になるまでの情報戦、
反省すべき点は多々あるのだ。

307 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:23:23 ID:3h3HfBRg0
負け戦を賞賛するカスウヨのことだな^^

308 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:26:08 ID:5sUqOlGJO
帝国主義にかぶれず、ロシアを倒したくらいで止めときゃ良かったのに・・・

309 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:32:01 ID:rQWerNm00
日本の分岐点は日露戦争で戦費を出してもらったアメリカに
南満州鉄道共同経営を日本が拒否した所
アメリカはそれで大陸進出のきっかけが無くなり
みごと反日ww

310 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:33:56 ID:J2IJL4VE0
「前大戦を反省」って言葉に反応する、右翼印の安物瞬間湯沸かし器もいるけど、
春樹って左翼っつーか、ニューアカの連中からの批判の方がすごいよな。
浅田彰なんか「川端康成の空虚な日本的美学をぐっとポップ化したのが村上春樹だ」とか酷評してるし。

311 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:37:50 ID:SbfGUvML0
もう既出かもしれないが、記事の二段目以降を見ると、村上氏は
「日本人は第2次世界大戦を反省していない」とは言っていないのでは?むしろ
「シンガポールでは戦後の日本人捕虜の方々が、町を掃除して回った」
という話を出して、そのように他人を思いやる人々が戦争の中で自分を見失ってしまう、
そのことを問題にしていると思うのだが。

「街中を掃除して回る」って、ものすごい反省からではないですか?
記事自体が矛盾していて、村上氏が本当は何を言ったのか、これだけではわからない気がする。
怖いのはこのヘッドの部分だけが独り歩きして、これだけを読んだ外国の人たちが
本当に「日本人全体が戦争を反省していない」と受け取って
日本人への感情を悪くしてしまうこと。

最近すごく気づいたけれど、日本人は一枚岩ではない。昔も、今も。
私なんかよりよくわかっている人たちが大勢いると思うけれど、
そういう方たちは、しがらみがあって言えないんでしょうか。
そういう方たちがもっと話してくださると、若い人たちにも
外国の方たちにも、伝わっていくものがあると思うのですが。

312 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:42:01 ID:5sUqOlGJO
>>310
浅田は島田雅彦と並んでアンチ春樹の筆頭だからな
その批判も的外れな気がしないでもないが

313 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:44:46 ID:VgoKoCbiO
ドラゴンのほうが好きになった

314 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:48:02 ID:EjjyPzqW0
勝ったんだものいいじゃないか みつを

315 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:50:27 ID:dWIm/BIH0
反省していない日本に国際的発言権は無いと思う

316 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:50:49 ID:tVJaulYR0

シェフィールド「単打200本大したことない」
http://web.archive.org/web/20041011205021/http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/ichiro/20041006/spon____ichiro__000.shtml
「200本のシングルヒット? おいおい、そんなのはグレートな打者とは言えないぜ」
「もし、オレがボールをハードに打ってスタンドに入れることを考えなければ、毎日でも単打を打つことができるね。ほかの打者だって、そういうふうに打席に立てば、単打くらい打てるさ」


異論を許さない世論
てかコワすぎ=日本www




317 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:51:21 ID:CT9bByY4O
春樹がブサヨになったかとびっくりして内容読んだら違うじゃん
誠実な善人が周囲に流され変貌する、確かに日本人に多い欠点だな
戦争問題だから荒れてるけど、良くも悪くも空気読むのが上手い日本人では犯罪でも多いパターン

318 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:53:14 ID:rNRmud67O
反省?
また反日ですかそうですか

319 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:53:34 ID:VGtT4RfN0
だから、チョンソースで議論することになんの意味もないっつーの。
この手の記事で捏造じゃなかったことなんかないだろ。

320 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:55:56 ID:1jGYjdJe0
>>311
反省ってのは「謝罪と賠償」のことじゃないんだろう

321 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 17:57:22 ID:+QqcqMsp0
>>319
>>174

322 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:02:28 ID:dQiyGd3k0
>>319
とっくにソースでてますが
春樹ヲタとして認めたくないのはわかりますがw

323 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:31:19 ID:lqFnch6m0
反省すべきだよ

「負けた」ことをね

324 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:33:45 ID:hWIP24PT0
デビュー作で枯れた作家

325 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:35:07 ID:Dl6VyfMe0
>>323
「負ける戦争」に突入したことだ。
過程を検証すれば自省点は多々ある。

326 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:38:04 ID:4cHZpmxb0
そもそも現代人が反省する必要がない
関わった人が反省すれば良いだけで
いちいち史実に子孫が反省してたらきりがない
アヘン戦争に反省する英国人や元寇に反省するモンゴル人は聞いたことが無い

327 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:39:34 ID:lqFnch6m0
>>325
もっと言えば
突入する状況になったこと、だね

反省する対象を間違えれば
また過ちを繰り返すだけ

328 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:44:05 ID:T9aliumn0
やれやれ、また中央日報か、と僕は思った。
おいキスギ、ここは酷い世界だよ。

329 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:44:13 ID:EviTo2xg0
いったい誰が戦争に向っていったのか、なんで向っていったのか
っていう教育をちゃんとやってないからな。

だけど、日本は被爆国で戦後も被害者が生まれ、それが長く続いてるからな。
それに対して、アメリカがなんの謝罪も反省もしてないの見てる。
恨みや傷跡を持ち出されて反省しろと言われても、戦勝国と敗戦国に
カテゴライズされて反省を促されることに疑問が生まれる。

日本は戦争において罪と罰のすべてがあったという認識なんだよ。
少なくとも原爆に対して罰として折り合いをつけた時点で、
戦後は終わったし、罪に対しての意識も希薄になった。


330 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:44:33 ID:ikNza0MM0
まぁ実際ないよな。

俺まったく反省の気持ちなんてないもの。


331 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:48:49 ID:/wlGwl190


そもそも外国人は歴史に対して反省なんかしない。
日本人だけだよw
こんなに反省してるのはw



332 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:49:28 ID:kEJSjubXO
スイーツ(笑)がどうしたって?

333 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:51:42 ID:6GTXxItsO
>>324
いいや。
ねじまき鳥の前まで。ねじまき鳥はクソ。以降読むの止めた

334 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:53:56 ID:PmXJCLmd0
戦争の結果、「アメリカとは戦争しない」って事を学んで、
実践してるじゃん。

335 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:56:56 ID:KBkwUx0i0
>>333
いや、ダンスダンスダンスまで
最高傑作はピンボール

336 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:57:03 ID:VtAc6WS40
>>333
いや、「TVピープル」以降糞。

337 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 18:59:44 ID:DPFUflaq0
射精の人か

338 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 19:01:32 ID:yb6/adc+O
村上春樹とかこういうことで話題になるのを一番嫌ってそうだけど
なんかソースからして胡散臭いね
日本人の特性云々の所は理解できるんだけど、反省ってとこは意味不明
かなり拡大解釈してるんだろうね

てか反省とかいう発想になるのってあっちの人だけじゃないかね
じいちゃんが犯した罪を自分が反省するっていうのがまずわからん
それがどれだけでかい規模の事だろうと、よくわからんし、反省なんてしようがない

339 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 19:03:08 ID:y6HF8vBu0
>>327
反省というより検証とか教訓だなぁ。

340 :名無しさん@恐縮です :2008/04/11(金) 19:05:29 ID:vVjuA/Zg0
俺村上春樹の本って大体読んでるし、リベラルなのも知ってるけど
こういう政治的なことは大江みたいにベラベラ喋らないと思うんだけどな

多分インタビュアーが誘導したか曲解してるんだと思うよ

341 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 19:08:00 ID:9HCgnKLtO
反省なんかしなくてもいいのに、十分させられたから

342 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 19:08:23 ID:VGtT4RfN0
>>321
>>322
なるほど。
「自責」かあ。じゃあ、逆に戦争に対して本当に「自責の念」が出来てる国って言うのは一体どこなんだろうな。
戦争に関しては、戦争に関してはどこの国も酷いことをやっているが、自責の念なんていうのは聞いた事がない。
戦争なんていうのは、相手を叩き潰すまで終わらないんであって、そんなことに対して「自責」という言葉で論じるのは
違和感を感じる。

343 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 19:10:09 ID:X0yH/43x0
ネタだと思ったらマジだったのか

344 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 19:27:48 ID:PJ6etIDo0
どんなに謝っても土下座しても反省は足りませんかそうですか

345 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 19:29:18 ID:+QqcqMsp0
> 良心的で懸命に街をきれいにする日本人が、ある日、突然、残虐行為を働く人間になって
> しまう可能性も示している。

社会学的にいえば、小室直樹が『危機の構造』で示したような
アノミーの類型で説明できるな。

346 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 19:39:08 ID:/wlGwl190


こいつらは理屈だけだ。
どんな善人でも家族を殺されたら
犯人を殺したくなる。
良心と残虐性なんて論じても意味がない。



347 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 19:59:55 ID:X0yH/43x0
>>340
俺もそう思う
春樹は政治とか文壇とか、権威が絡みそうなものの話は基本的にしない
ノルウェイの森では学生運動を批判していたし

348 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:05:08 ID:b5GQLIfC0
【レス抽出】
対象スレ: 【文学】村上春樹 「日本人は第2次世界大戦を反省していない」(中央日報)★2
キーワード: やれやれ


抽出レス数:8

349 :sage:2008/04/11(金) 20:07:48 ID:SbfGUvML0
>346
もし自身の体験で辛いことがあったのなら、大変申し訳ないのだが、
家族が殺されても復讐を望まず、争いを回避する方を選ぶ人もいるかもしれない。
それぞれの人の気持ち、考え方、事情によるのではないか?
逆に復讐を望まない人を、家族を愛していない、または意気地無しだと
責める人もいるかもしれないが。
でも個々の事情はその人にしかわからないわけで。


350 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:13:21 ID:7g1JEdQC0
>>335
俺もピンボール。そして蛍。
ノルウェーの森を書かなきゃよかったのに。
そうすれば、蛍はほんとにもう最高に完璧な短編小説だったのに。

351 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:17:05 ID:3Kth5s1f0
やれやれ、僕は2ちゃんねるという巨大な掲示板について考えてみた。
にちゃんねる・・・そうつぶやいてみる。それはなんだか僕にとってどこかの
愛犬家がつけた子犬の名前みたいに思えた。誰もいない日曜日の気持ち
のいい公園で、走っていく犬を見ながら僕はその犬の名前を読んでみる。
「にちゃんねる!」僕の方をちらりと見た後に飼い犬としての最低限
の義務を果たさねばならないと言う表情でにちゃんねるは僕に近づいてく
る。でもこんな気持ちのいい日曜日の朝には、僕だって世界に対して果
たすべき最低限の義務なんてわかりやしないし考えたくもない。
僕は彼女の素敵な耳の形を考えながらこうつぶやいた

ぬるぽ

352 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:23:47 ID:AJW3MStT0
補給線や航空戦力の過小評価が敗戦に繋がったとか
そういう反省のことだろ

353 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:26:39 ID:u0DgoMPm0
日本人ってことは
コイツ自身も反省してないってことだろ?
何言ってんだこいつは

354 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:27:37 ID:PEBi13aI0
日本人は世界中から嫌われてるよね(^^;)日本人は強がって否定しているけども(^^;)

355 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:29:53 ID:WhSKelxSO
>>351
おもろいやないか

356 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:32:36 ID:cavTZ9LZ0
外人が日本人を特別視してるってのは、自分の歴史少しでも知ってたら誰でも分かるだろ。
まず、資源が全くないってことはすごいこと。もう両手両足もがれたぐらいのハンデ。
しかもすごいのは、米国の3分の1の人口、わずか25分の1の領土で、
その上そのただでさえ極小の国土の7割が山、山、山。なーんにもない、山・・・。
だから農業で輸出して食べていくことすらできない。条件からして最貧国でもおかしくない国。
そんな国が、100年ほど前で当時世界最強クラスだった露助とか清をあっさり倒して、
非白人国家で普通に白人常任倶楽部仲間入りしちゃってて、おまけに米国敵に回して
ガチで戦争して、世界で唯一米国本土爆撃して、英国の無敵艦隊フルボッコにして、
オランダ倒して、世界で唯一原爆落とさせるほどてこずらせて。しかも二発だよ。二発。
考えられない。敗戦とか言ってるけど日本のせいでアジアから白人の植民地全部消されたし。

しかも信じられないのは、戦争に負けてただでさえ何にもない国がさらに
インフラまで全部叩き潰されて、多額の賠償金まで背負わせて100%再起不能に
しといた極貧衰弱国家で、今度こそ生意気なイエローモンキーが消えて数百年は
ウザイ顔見ないで済むと思ってたら、直ちに再び白人社会に経済で参戦して来くさって、
参戦どころかごぼう抜きでたった2,30年であっという間に米国さえ抜いて世界第一位。
東京の土地だけで米国全土が買えるほどの呆れた価値になっちゃう程の超絶経済力で
世界中( ゚Д゚)ポカーン・・・状態。その後もずーっと二位維持。頭一本でそれ。
しかも経済の80%が内需。内需だけでそれ。金融とかでまだ全然進出してないし
車や家電、工業製品ももまだまだ進出しきってなくてそれ。もうキチガイの域。
伸びしろありすぎワロタ。戦後60年一発も打たずに侵略せずにこれ。何気に世界最長寿国とかなってる。
んで今度は漫画・アニメ・ゲーム。気がつけばハリウッドの規模とっくに超えてる。
アメリカの検索で一位になってるのが日本のアニメとか。世界中で一番人気の映像作品が日本のアニメとか。
極めつけは世界一長い国号、2000年のどの白人より長い王室ならぬ、その上の皇室保有。
エンペラーに代表される歴史。普通の神経してたらこんな国怖くて関わりたくない。

357 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:34:12 ID:D3+agQ4T0
そりゃ、戦後生まれの世代が、戦後生まれの世代に謝罪するなんて、ナンセンスだろ。

今の、社会の中心は戦後生まれの世代なんだってw

村上よ、いつまで“戦後”を引きずるつもりだ。

それても、韓国メディア向けのリップサービスか。

358 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:34:17 ID:twgeC15dO
>>

359 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:38:42 ID:IR+SqMQu0
>>354
>日本人は世界中から嫌われてるよね(^^;)日本人は強がって否定しているけども(^^;)

そんな日本に住み着いてる、寄生虫ミンジョクのたわごとかwww

360 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:39:01 ID:MHmlXqjnO
大東亜戦争と第二次世界対戦との区別つかない奴ら多そう

361 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:40:04 ID:AJW3MStT0
あのコピペないのかな、日本料理天 ってやつ

362 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:40:45 ID:TK6j9kIV0
★★★ 善光寺作戦、開始!! ★★★

北京オリンピックの聖火リレーの日本での基点である善光寺が対応を迷っている
ようです!世界初の「出発地点のボイコット」を世界中に見せつけろ!

善光寺の認識まとめ
・聖火リレーの出発地を引き受けたのは東京オリンピックからのご縁があるから。
・チベット仏教と善光寺の宗派は別だが同じ仏教仲間という認識。
・チベット問題が表面化して善光寺側も大変憂慮している。

善光寺への抗議の現状まとめ
・抗議の電話が非常に多い。
・住職の人達の中で聖火リレーの出発地をボイコットする意見が出てきている。
・中国当局からリレー出発地を引き受けろという通達がJOCを通さずに毎日来ている。
・本当に聖火リレーの出発地点を引き受けていいのか近々会議を行う。

どう抗議したらいいの?
・抗議電話数を数えており、数によってはJOCに数字見せて断るつもりらしい。
・文書で抗議する場合は先方の手間を考えて封書よりも葉書がよいかと。
・「※聖火リレーへの意見奏上」とか表に書いとくと仕分けしやすくてよいかも。
・できたら年齢職業など書いたら重みがあるかもしれんが、不安な方は匿名でいいかも。

抗議先:善光寺事務局
〒380-0851 長野県長野市元善町491
善光寺事務局 御中
TEL:○二六(二三四)三五九一(代)


↑あちこちにコピペ転載推奨

363 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:42:33 ID:2HCRvHqS0
はい春樹の本ゴミ箱行きだな

364 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:42:58 ID:lIpcPg5rO
日本人が沢山死んだ事と戦争に負けた事は反省せねばなるまい

365 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:43:13 ID:I7v9gHqN0

反省するから、

在日朝鮮人と支那人は国へ帰れ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

日本に来るな! ゴキブリども

366 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:43:25 ID:BXzEh/5q0
>>350
蛍はすごくいいね。あの終わり方の美しさは史上最強だと思う。

367 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:44:07 ID:3Kth5s1f0
>>324 >>333 >>335
ごめん><
時間軸がずれてるかもしれないけど
国境の南 太陽の西
アフターダーク
は良かった・・・と思う・・・

368 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:44:43 ID:5MGw+kEk0
第二次大戦で反省とかしてんのはドイツくらいじゃねーの

369 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:44:47 ID:HeK0FBO3O
まぁ日本人は何度となく謝罪をして来たし、すごく反省してるよね。
この人そんなにノーベル賞が欲しいのかな。

370 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:45:26 ID:AMh96RMlO
自虐するつもりはないけど、とりあえず>>356はキモい

371 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:46:00 ID:ZKedkxZ00
俺は反省してないが

372 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:48:00 ID:XdiBcO+fO
今でも経済戦争やってるだろうが。
春樹は戦争終わったと思っているのか。
物事を表面的にしか見れない奴はこれだから困るwwwww

373 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:48:42 ID:azY7xMsL0
ノルウェイの森は創作。

374 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:49:00 ID:Ocovs3C6O
>>368
まあドイツ人にしても戦争の責任は全てナチスに押し付けてるだけだがな
日本人が敗戦の責任を軍部に押し付けたように


375 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:50:10 ID:3Kth5s1f0
>>372
戦争は至るところで偏在しているとわりとあちこちで
発言してるように思う

376 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:50:24 ID:IR+SqMQu0
村上は、現在の中国の人権弾圧については、何も言わないのは何故?

377 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:50:58 ID:xG4feWNN0
お上幻想を未だに捨て切れないという意味では
第二次大戦を反省はしてないな
あそこでアメ寄りでない、独自の民主主義の歩みを始めていれば
今頃、地味でも堅実な民主主義国家になっていたかも知れない
あの状況じゃこうなるより他なかったんだろうけど
高度成長はみんな楽しめたかも知れないが現在に生きる者にとっては…

378 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:51:15 ID:l5OaAmHAO
過去を教訓にするのは大切だが
なんで過去の奴が起こした事を反省として押し付けるのか?
政治の借金とか未来に不ばかり残した昭和の世代は戦争の反省より先にすることあるだろよ

379 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:51:42 ID:5sUqOlGJO
ノルウェイの森の終わり方の美しさも、近代小説ではトップクラスだと思う
蛍が名作なのは同意だが、俺的には納屋を焼くの方が好き

380 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:52:13 ID:Djv32M9K0
だんだん起きる時間が早くなってるww

381 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:53:27 ID:ZJFsDCdp0
村上春樹が一方的に「日本人は反省していない」
なんて言うならついに才能も枯れたんだろう
そういう良識的な物や右へ習えを否定して、自分と
その他の距離を測っていくのが持ち味だろ

「確かに僕は日本人だけど、僕は戦争に行ってないからよくわからないんだ」

って答えた方がよっぽど春樹らいしけど

382 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:53:27 ID:QxasjyylO
いつの話や

いつまで反省するの

アメリカ他は反省しなくていいのか

383 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:53:38 ID:LXsZwr1n0
だから戦争世代は糞だと思ってるよw

できれば生きてる戦争世代は全員処刑してくれた方が国のため






しかし俺ら世代は戦争してないから反省はする必要ないだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


ロリコン村上さんよwww


384 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:54:18 ID:+QqcqMsp0
>>378
>>381

>>17

お前ら過去レスぐらい読めよ

385 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:54:48 ID:y10j4ZUxO
日本人はじゃねーだろボケ、戦争始めたのは一部の軍国主義者だろ多くの日本人は戦争なんかしたくなかった。それに戦争を伝えなかった教育に問題があるんだよね。そう言う状況の中で、戦争を知らない世代に反省なんてお笑いだよ。

386 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:56:40 ID:nI9upWhx0
はやく日本も核武装して、こんな奴らを憤死させてやろうぜ。


387 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:56:52 ID:+QqcqMsp0
人がいなくなると、すぐに脊髄反射するやつが出てくる。
どうなってんだ。

388 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:57:34 ID:ZJFsDCdp0
>>384
それ知ってるからこそ
一方的に言ったならって書いたんだけど

389 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:57:52 ID:DNzfGDhf0
まず、なぜ反省しなければいけないかわからん。

390 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 20:58:17 ID:diPhC4rD0
>>134
暴れまくりの中国人








【醜い中国人】チベット旗を暴力によって奪い取ろうとして【警官と乱闘】


中国人の目が逝ってるので注意
http://jp.youtube.com/watch?v=4K1XctEI0DU

391 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:01:22 ID:+QqcqMsp0
>>388
それ対談で、1995年の発言なわけだけど。

392 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:02:45 ID:xRBuXYGKO
けぇるぞ ユータ

393 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:03:44 ID:6eZT1t9IO
戦争を知らない世代はこれを教訓にしても反省する必要はないな
同じ日本に生まれてもでも同じ人じゃないんだからさ

394 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:04:31 ID:hi0VoUE40
半島を出よは面白かったな
簡単すぎて読み応えは無かったが、まあ良い作家だとは思うよ

395 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:05:23 ID:diPhC4rD0
>>134
暴れまくりの中国人








【醜い中国人】チベット旗を暴力によって奪い取ろうとして【警官と乱闘】


中国人の目が逝ってるので注意
http://jp.youtube.com/watch?v=4K1XctEI0DU

396 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:05:28 ID:+QqcqMsp0
>>393
構造的に今も変わってないから
反省しないとまた同じことを繰り返すって話。

397 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:06:02 ID:1Rg7P7k60
同じことを繰り返すって戦争に負けるってことか

398 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:07:25 ID:/wlGwl190


>>396
ばかw
前回は我慢しすぎたから戦争になった。
今回は我慢せずに言いたいことやり
やりたいことをやればいい。



399 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:07:45 ID:NSfp/CCyO
才能の枯渇と老害化の見本だな

400 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:08:11 ID:IvjbNNyX0
「反省」とか言う前に、先ず捏造だらけの歴史観を止めさせろよ。

401 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:08:37 ID:+QqcqMsp0
>>398
だから、いいたいことをいえない構造があるんだって
お前過去レス読んでるか?

402 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:09:40 ID:GER9tQFo0
そもそも欧米やロシアがアジアを植民地にしようとか考えてなかったらおこらんかったろ

403 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:10:10 ID:1Znjp9wV0
何を反省するんだ、負けたことだけが問題だ、これは真摯に反省したい。
次は絶対勝ち組に入ろう。

404 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:10:39 ID:VlZfo3VQO
これは、ノーベル賞で劣等感持ってる朝鮮人が、離間工作のつもりであえて記事にしてるんだよ。
馬鹿馬鹿しいけど、こういうことやって喜ぶ程度の低い連中だってこと。
そしてここの在日が自作自演で村上を叩く、と。
同じような工作は、各種スポーツでも政治系でもやってるよ。
こういうことやってる朝鮮人をのさばらせちゃいけない。
朝鮮人に苛ついたら、パチンコ等朝鮮産業の不買、呼び掛けを徹底的にやろうね。
パチンコなら、北朝鮮の兵器、反日活動の資金源に使われてること。元締めが日本に出稼ぎにきた朝鮮系(マルハンの会長は密入国者)。遠隔操作で当たりを操作してて、出るも出ないも店の思うがままのイカサマ。
この事実をパチンコのCMやパチンコ屋みたとき周りに伝えよう。

405 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:11:47 ID:rs5/EFr40
>>403
ガダルカナル島の戦いは反省しなくてはいけない

406 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:14:20 ID:SBMS7h5G0



【虐殺五輪】NHKキャスター青山祐子さん【聖火ランナー】


長野で26日、聖火ランナーに予定されているNHKニュースキャスター、
青山祐子さんをみんなで応援しよう!!!


虐殺五輪聖火ランナー青山祐子
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1207542054/l50
(・)(・) NHK青山祐子 79 (・)(・)
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/ana/1206417940/l50


【NHK視聴者コールセンター】TEL:0570-066-066



407 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:14:32 ID:daDhV6R00
悪かった悪かった。ごめんね。で終わるのは反省とは言わない。
次やるとき如何にして負けないか。どこの国を巻き込んで保険かけとくか
じっくり研究してこそ反省というのである

408 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:14:57 ID:5sUqOlGJO
日本が反省すべきなのは、44の段階で敗戦は決まってたし、近衛も降伏しようと言ったのに
昭和天皇がもう一回盛り返してから降伏しようとしたところだな
沖縄は取られるし原爆は落とされるし踏んだり蹴ったりだ

409 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:15:44 ID:+QqcqMsp0
『文藝春秋』昭和五十年八月号の『戦艦大和』でも、
『全般の空気よりして、当時も今日も(大和の)特攻出撃は当然と思う』
(軍令部次長・小沢治三郎中将)という発言がでてくる。

この文章を読んでみると、大和の出撃を無謀とする人々にはすべて、
それを無謀と断ずるに至る細かいデータ、すなわち明確な根拠がある。

だが一方、当然とする方の主張はそういったデータ乃至根拠は全くなく、
その正当性の根拠は専ら『空気』なのである。
従って、ここでも、あらゆる議論は最後には「空気」で決められる。
最終的決定を下し、「そうせざるを得なくしている」力を持っているのは
一つに「空気」であって、それ以外にない。

山本七平 『空気の研究』

410 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:16:29 ID:yScqU560O
勝ち目のない戦争に突入した愚かさを反省せず、戦争に負けたことを恥じてるバカがいるな

411 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:18:29 ID:dvYL+t+L0
やれやれ
僕は彼女と寝た後5本目の煙草を吸い、ビールを一本飲んだ


412 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:20:42 ID:CjRSD8UYO
反省点として次はイタリア抜きでやろうぜ!

413 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:20:52 ID:61dkEOFW0
やれやれ

414 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:21:06 ID:x7g70OYG0
反省してるよ
つぎは勝てる戦争をやるって

415 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:21:25 ID:mKNtx8UQO
>>396
大戦時と構造が同じ?
国際関係も軍事情勢も何もかも違うが?

416 :名無しさん@恐縮です :2008/04/11(金) 21:21:36 ID:vVjuA/Zg0
彼の本読むと、主人公はゴルゴみたいにどんな女とでもすぐ寝るんだけど
村上氏があの顔でそんなにもてると思えないんだが

417 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:21:47 ID:+QqcqMsp0
いくら過去の歴史からデータを取ろうが
失敗の原因を研究しようが、

それでも「空気」によって意思決定がなされてしまう。
この暴力装置にどう向き合うかなの。

418 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:22:25 ID:dvYL+t+L0
お金持ちなんて信用できない
ジェイはそういうと僕にサンドウィッチとビールをおごってくれた
鼠はまだこない

419 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:23:15 ID:y10j4ZUxO
反省と言うか恥を知れと言える連中が歴代政治家や官僚だろ こいつらは私利私欲で今の日本の搾取システムを作り上げ 財政破綻寸前まで労働者の資産を食い散らかしている今現在も。お国の為に命を捧げた英霊達が今の日本を見たら…。

420 :名無しさん@恐縮です :2008/04/11(金) 21:23:44 ID:vVjuA/Zg0
>>417
じゃあ「反省」という情緒的な儀式は必要ないな

421 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:25:31 ID:+QqcqMsp0
>>420
なんで反省が情緒的なんだよ。
反省ってのは振り返って考えることだろ。

422 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:25:49 ID:5hzQzg/NO
こいつコカインか何かで逮捕された癖にエラソーに。

423 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:26:24 ID:/wlGwl190


簡単じゃん。
すべての国が核武装したら世界は平和になるよ。
せいぜい国境地帯での小競り合いしかできなくなる。



424 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:27:46 ID:k5GvLez50
A.J.クィネル著『イローナの四人の父親』(新潮文庫)より

(ドイツ人のセリフ)
>私は集団的罪悪感というか……あるいは民族的罪悪感というか……そういうものを信じていない。
   (中略)
>私とか私の同世代の者が物心ついて佳子の出来事を知り、理解するようになった時、
>我々は集団的罪悪感を感じなかった……感じたのは集団的悲しみじゃなかったかと思う。
>我々に責任はなかったと私は思っているし、ドイツの今後の世代の者達もそう思うだろう。
>しかし、ああいうことを二度と起こしてはいけないし、そうならないように努力する責任はある。
   (中略)
(アメリカ人のセリフ)
>僕もヒロシマとナガサキについて個人的罪悪感を感じていない。
>しかし、クラウスと同様、二度と起こらないようにするための責任感は感じている。

425 :名無しさん@恐縮です :2008/04/11(金) 21:27:57 ID:vVjuA/Zg0
>>421
日本が反省というとき、なぜか謝罪とセットにされてるだろ

426 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:28:45 ID:yXLhy7Zn0
悲しいよな
中韓が日本の揚げ足を取ろうとしたら60年以上も遡る必要があるw
逆に日本が60年以上も継続して見事に反省している事を示す最高の証左www

427 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:29:02 ID:k5GvLez50
佳子さま、ごめんなさい。

428 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:30:15 ID:+QqcqMsp0
>>425
謝罪が情緒ってのは日本的な考え方だね。
謝罪したら罪を償わなきゃいけない。
だから欧米の人間はなかなか謝らない。

429 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:33:08 ID:xef9FTX5O
確かに何で負けたのかと言う事を反省してないな。
勝てば官軍だからな。戦争は負けちゃいけねえよ

430 :名無しさん@恐縮です :2008/04/11(金) 21:33:23 ID:vVjuA/Zg0
>>428
お前ホント場かだな、日本は謝罪において謝意が足りないって
叩かれてるんだが。
日本的もクソもない

431 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:36:00 ID:mLQIKks+0
海辺のカフカは最悪の作品だった。
こいつの作品はもう絶対に読まない。

432 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:36:26 ID:+QqcqMsp0
>>430
だから謝罪したら、賠償金払う義務が生じるって考えなんだよね。
何度謝っても無意味なの。だから誠意が足りないってことになる。
情緒じゃないの。

433 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:38:19 ID:zHfElBKoO
戦争に関わった奴だけ 反省しとけ

434 :名無しさん@恐縮です :2008/04/11(金) 21:38:53 ID:vVjuA/Zg0
>>432
最初から謝罪するなってこと?
それなら俺も同意だが

435 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:39:15 ID:cavTZ9LZ0
「空気」というのは日本人にとって長所でもあり、短所でもあるのだから
反省して「空気」を形成することを日本人がやめたら、一神教でない日本人は
デメリットのほうが強く出るお。

だから「空気」を形成することを反省するのではなく、「空気」のベクトルの操縦方法
を反省すべきだお。

436 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:42:45 ID:R4YrULDH0
この人の本はどうしても買う気にならない


437 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:44:42 ID:tPGSOgSr0
とりあえずハードカバーのノルウェー森は捨てといた

438 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:45:13 ID:k5GvLez50
実話じゃなかったらしいけど、
ワシントンが父親の桜の木を切り倒してしまったと、正直に名乗り出た話って、
今のアメリカでは考えられない。
今や訴訟大国になったアメリカでは、自分の非を認めたら負けだもんな。

何でも訴訟で解決しようとする欧米。
謝る人間に対して賠償請求する特亜。
やられたら報復行為を実行する中東。
笑って何もなかったことにする南米。
……日本は美しい。

日本






439 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:46:14 ID:DS4ntWLhO
ちょっと増長してないか?ノーベル賞なんてとんでもないなw

440 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:47:10 ID:+Hi0z48q0
慢性集団ヒステリーがまったく改善してないわけだから
日本人には今でも戦争を生んでしまうシステムが残っていると考えるべきだと思っている
日本がいかにして先の戦争へ突入したかという問題は一般人にはほとんど考える機会も与えられていない
学校教育では現代史や戦史がほとんど扱われていないしね
扱おうとしても左翼と右翼の無駄な対立を煽るせいで今でも教科書的にはタブー視されているから
社会科の教師が独自に資料を用意したりしない限りあまり戦争についての知識を得ることもない
どんな人間でも戦争に突入する危険はあるのに、その事実から目を背けているしている現在の日本の状態は危ない

441 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:47:38 ID:6JKeA+x2O
反省じゃなく時代背景に基づくしっかりとした総括だろ?


今も昔も派閥と利権争いにしか目が向かない奴が上にいるから無理な話か

442 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:51:39 ID:+QqcqMsp0
>>434
法では解決していることでも、
謝罪し続けてるというこの矛盾、あいまいさだよなあ。

>>435
村上春樹もそういってるね、>>21

河合 
そうですね。暴力性をどういう表現に持って行けばいいのか、
いまの若者がそこまで気がついてくれるといいんですけどね。

村上
これから暴力の時代がもう一度来るんじゃないかという気がすごくするのです。
そのときに、われわれがそれに対してどのような価値観を付与していけるかというのは、
大きい問題だという気がするのです。

『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』

443 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:52:18 ID:w0K2lmvf0

10年前に村上春樹はノーベル文学賞欲しさにアンダーグラウンドを書いて
地下鉄サリン事件の被害者をダシに使ったと思ったら、
今度はノーベル文学賞欲しさに祖国日本を外国に売り始めた。
あ・き・れ・た

【村上春樹がアンダーグラウンドを書いた本当の理由は?】
http://okwave.jp/qa3684233.html

444 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:54:54 ID:1y/VJ9SR0
>>日本人には、まだ戦争で犯したことに対して本当に反省する気持ちがない




戦後生まれのオレは、反省する必要はない!!!!!!

445 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:56:45 ID:k5GvLez50
>>424で引用した一節を読んだとき、
オレは何度もうなずいた。

「反省」は
「過去の出来事をくよくよすること」なんかじゃないし、
「過去の出来事を責められて自虐的になること」でもない。
「過去の出来事を今後に活かすこと」だ。

「戦争を二度と起こさないようにしよう」という責任感は持っているが、
「もっと責めて、もっと責めて」なんていう気持ちは持っていない。



446 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:57:02 ID:DySICj+D0
こいつに朝鮮の法則発動しねーかな

447 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:58:10 ID:T0MKYiRIO
解決なんてするかよ、何万人も殺しあったんだぞ?

448 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 21:59:28 ID:+QqcqMsp0
>>446
西日本新聞にのった共同のインタビュー記事を
中央日報が引用してるだけだからな、勘違いするなよ。

449 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:01:19 ID:cavTZ9LZ0
結局、村上春樹の意図を無視して、朝鮮人が恣意的解釈(反日)で引用したという
最悪のケースがこの中央日報の記事ということだおね。

ほんと朝鮮人って酷いヤツラだなあ
(´・ω・`)ショボーン

450 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:07:11 ID:y10j4ZUxO
朝鮮半島を分断したのは米中ソの3ヵ国です 謝罪してもらって下さい。

451 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:09:41 ID:/wlGwl190


核兵器を持てば、戦争は無くなるよ。



452 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:12:33 ID:4ECMP+BsO
反省汁!

453 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:13:20 ID:5IhtH43A0
村上春樹は朝日批判もしてたから、単純な左翼じゃないと思う。
彼は、論壇やジャーナリズムからは意図して距離をとってる。
この記事は最後まで読んでも、原文が提示されてないな。
発言を自分の都合の良い風に解釈する、いつもの民族新聞って感じだ。

454 :冥土で逝く:2008/04/11(金) 22:21:38 ID:XczRjp+o0
小説でノモンハン事件のこと書いてたな。そんな他の作家でも出来るから、
あんたは「僕」がサンドイッチ食ったり街をぶらついてぼやいてる小説書いてるだけでいいよ。

455 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:22:34 ID:nUb4sPgi0
初期の大江もサヨクを馬鹿にした小説書いてたんだけどね
なんかいつのまにか捏造を書いたりおかしくなっちゃったね

456 :村上春樹:2008/04/11(金) 22:24:07 ID:vfAaN9mZ0
ノーベル文学賞の魔力には誰も勝てまへん

457 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:24:14 ID:+QqcqMsp0
>>455
大江健三郎が左翼批判した小説ってなに?
右翼批判したセブンティーンなら知ってるんだけど。

458 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:24:26 ID:od2Cv2+10
勝手に断定して決め付けるな
反省してる日本人も一人くらいはいるのに

459 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:31:09 ID:fpdxwWHG0
いい加減チョン記者の脳内翻訳記事をこっちでもそのまま真に受けるのはよせよ

460 :村上夏樹:2008/04/11(金) 22:31:50 ID:HeK0FBO3O
俺はイグノーベル賞が欲しい。

461 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:33:40 ID:+QqcqMsp0
>>458
だれも痛みを引き受けていない」というのは、
あるいは僕の言い過ぎかもしれません。
中にはちゃんと引き受けていた人もいたはずだし、
それは僕に断定できることではない。
まあたぶん、多くの人は引き受けていないと思うけれど……

少なくとも僕は、「おそらく自分にはそういう痛みを引き受ける道が、
今のところうまく見つけだせどうにない」と思ったので、そのような
行動にはうまくコミットできなかったのです。

『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』 p181

その痛みを引き受けた数少ない人間が、
山本七平だったんだと自分は思うな。

462 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:33:57 ID:nUb4sPgi0
>>457
題名なんて覚えてないけどアメリカ兵にぼこぼこにされた主人公にどうして反逆しないんだニダニダファビョる左翼の馬鹿を無視する小説

463 :名無しさん@恐縮です :2008/04/11(金) 22:38:41 ID:vVjuA/Zg0
>>462
バスの中で黒人に辱められる話?
それ読んだけど、サヨクをバカにする内容ではなかったと思うよ

464 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:43:02 ID:OK8Fi2b30
戦争に負けたからと言って反省させられるいわれはない。

465 :名無しさん@恐縮です :2008/04/11(金) 22:45:07 ID:vVjuA/Zg0
大江の不思議なところは、コテコテの反米なのにそのアメリカが持ち込んだ
戦後民主主義だけは無批判に称揚するところ

466 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:51:08 ID:VGtT4RfN0
当たり前だが、>>1と174>>ではまったく印象が違うな。
>>1だと、まるで「日本人は反省していない」みたいに、非難しているように聞こえるが、
>>174では、日本人の精神的状況を分析している、みたいな感じ。
自分は、どっちかって言うとネット右翼よりの立場だけど、>>174にはそんなに違和感を感じない。
確かに自分も、「なんで日本人は、戦前と今の日本人を断絶して考えるようになってしまったんだろう。」という風に
いつも考えている。
そういう意味で、戦前の悪い部分もなぜか自分たちの事としてあまり考えれていないような部分は、確かに気になる。

467 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 22:53:00 ID:I0iEciT90
確かに反省してないよね なぜ負けたのかを
次回の勝利のため徹底的に反省する必要があるよね

468 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:02:46 ID:zdUj7Q4U0
とりあえず恋空買ってくる

469 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:19:36 ID:dqP2KZnf0
>>67
ちょwwwww

470 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:22:28 ID:+QqcqMsp0
>>462
「人間の羊」、今読んだけど左翼を馬鹿にした話じゃなかったよ。

471 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:23:11 ID:8DRRqskc0
実際に戦地に行っていた親戚の伯父さんの話を何度も聞いたことがあるけど、
過去の日本の戦争についての反省云々など戦後生まれの人が簡単に語れるものじゃない。
物書きの人は、宣伝も含めてガツンと注目を浴びる発言するのが手だから流されないようにしなくちゃね。

472 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:24:49 ID:3EzZxalu0
戦争の反省って何だね?

今度は負けない戦争をしよう!ってこと以外
反省する点なんかないよ

473 :名無しさん@恐縮です :2008/04/11(金) 23:26:48 ID:vVjuA/Zg0
大江は偉そうなこと言う前に
「政治少年死す」を出版させろ

474 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:27:03 ID:5sUqOlGJO
うろ覚えだけど人間の羊は左翼批判ではなく
アメリカ批判とどうしょもない日本人の立場的弱さを書いた話だろ

475 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:31:17 ID:+QqcqMsp0
>>471
村上春樹の父親も戦争にいって中国でひどいことをしたらしいよ。
村上春樹が中華料理が苦手なのはそのせいだとかって話を
どっかで見た気がする。

476 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:36:17 ID:jKJ7cmfG0
当時、辛くも生き残った人間に対して同じ事を言えるか?
終戦後国際的な裁判で解決積みの事に
日本人が異を唱える不自然さに気がつけよ
反社会的な活動とはこういう事をさして言うのよね

477 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:37:16 ID:VGtT4RfN0
>>475
父親が経験したのは、ノモンハン事件。
酷いことをした側なのか、された側なのかは分からない。
「中国(満州)で酷い物を見た」と、それだけしか聞いてないらしい。

478 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:40:14 ID:ANY1hVpS0
>>476
じゃあ、解決済みのことを反故にするような物言いの政治家なんてもってのほかですね!

479 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:41:02 ID:n3LYOKj40
日本って戦争したんだっけ?

480 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:43:21 ID:9YplENdR0
>>475
それはノモンハンだろ
ソ連との戦争だよ


481 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:48:37 ID:sMiVGybM0
シナは、南京大虐殺の被害を何時までも訴え続けるが

世界中から「FREE TIBETTO !」と言われる様な民族大虐殺してても

棚上げなんだよね。何時まで日本国の経済にダニとして存在するのかね?

482 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:49:30 ID:+QqcqMsp0
>>477
>>480
ありがと、不確かだったから
今ソース探してたところだった。

483 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:52:21 ID:vMF7IaNH0
大江が左翼を批判的に描いたのなら「他人の足」があるんじゃね。
もっとも「左翼」に限定されないが。

484 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:53:12 ID:ATwsvh8e0
本当に言ってるのかから検証しないといけないのが
中央日報

485 :名無しさん@恐縮です:2008/04/11(金) 23:57:58 ID:y2DGHnKoO
アンチ春樹的な発言(あくまで作品について)した有名人て誰かいたっけ?
中島義道、小谷野敦、中野翠(?)、島田雅彦(?)あたりか。

486 :名無しさん@恐縮です :2008/04/11(金) 23:59:19 ID:vVjuA/Zg0
>>485
蓮実の一派

487 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:01:56 ID:+QqcqMsp0
しかし、同じ価値観を求める日本ってほんと怖いね。
どんな主義主張も全体主義になりかねないってことでしょ。
それがたとえどんなに素晴らしい思想でも、
みんなが同じ考えになってしまうって、本当に怖いな。
イデオロギーを拒否した村上春樹の、怖がる気持ちは理解できる気がする。

488 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:02:24 ID:y2DGHnKoO
>>486
蓮實重彦か、ありがとう。ちょっと読んでみよう。

489 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:04:40 ID:2Y/BZQ/WO
>>487反日一辺倒のチョンとシナチクのことか。納得。

490 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:07:36 ID:M40gBSBf0
正直、村上春樹の文章は苦手。回りくどい文章がつらつらと続いて、当たり前のことを無意味に理屈っぽく言ってるみたいで
イライラする。

491 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:08:21 ID:w/YGxikO0
>彼は自分の新しい小説が「明日どんなことが起こるか誰も分からない事情」に対するもの
>だとし、自分の小説が世界的に読まれるのは、実際に世の中が自分の話どおりなっている
>からだと診断した。

西日本新聞 4/7
「特に9.11以降、次に何が起きるか分からない、予測のつかない世界を生きている。
僕の書く小説は次に何が起きるか分からないという物語なんです。
共感を呼んでいるとすれば、そのあたりかもしれません」

新しい小説のことは、ポイントが「恐怖」ってことしか答えてないよ。
中央日報ひどいな

492 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:10:16 ID:BJLxVzhK0
>>489
それは同調圧力じゃなくて、上からの圧力では?

493 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:11:17 ID:OmhvTl7+O
反日とか関係なく村上小説は眠くなる

494 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:11:47 ID:hqbjguxS0
いつまで反省すればいいの?死ぬまで?なんでそんなこと強制されなきゃならないの?
学校で自虐教育ばかり受けてきてうんざりするほど反省したんだけどね。
戦争に負けたこと自体が罰なんだよ。

495 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:13:15 ID:BJLxVzhK0
>>494
それを個々人で考えるないと駄目なんじゃないの?
学校の押し付けじゃなくてさ。

496 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:14:48 ID:Q/h2MF8w0
やっぱり反省なんてしてないよ。
広島に原爆落とされた恨み辛みしか、アピールしてないし。
原爆落とされ東京大空襲を受けた経緯を全く理解してないんだよね。
全ては当時の筋肉質でだね。
グローバリリズムを理解できなかった官僚が招いた失政


497 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:15:16 ID:OmhvTl7+O
反省じゃなく賠償じゃないの?

498 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:16:41 ID:Q7Q/jZp10
自虐もなにも学校じゃ近現代はほぼ習わなかったぜ。
テストの穴埋め程度。
あとは平和の大切さをどうのこうの言う宗教じみた授業ぐらい。」

499 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:16:48 ID:szbJ9+ll0
日本が捕虜虐待を言われるのは、捕虜をきちんととったから。
アメリカなんかはまともに日本兵の捕虜とらないよ。白旗揚げても
焼き殺された。
そういうこと考慮していえよ、村上さん!この人の小説、読んだこと
無いけどね。



500 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:17:37 ID:BJLxVzhK0
ほんとほんと、近現代ぜんぜん習わなかった。
シンガポールの事件だって、今回初めて知ったし。

501 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:18:30 ID:M40gBSBf0
反省なんかしなくていい。戦争で反省、なんて世界の歴史を見てもしている国なんかひとつもない。
日本人は真面目だから、些細なことでも考え込んじゃうんだよ。戦争やって負けた。それでいいじゃないか。
それから、ドイツが反省しているのは、戦争についてではなくて、戦争とは切り離されたところで行われた、
ユダヤ人に対する民族抹殺政策についてだからな。

502 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:18:46 ID:E2ZycJaP0
>>174
日本人特殊論は危険。ほとんどの国の人間が上官に逆らわず殺人しているから調べてみたらいい。


503 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:19:17 ID:1KAcy7TI0

ところで、戦争を始めた日本人の張本人て誰?
東条?

504 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:19:41 ID:IXpTB6Ks0
ここで書いている「反省」って、「ごめんなさい」って意味じゃないな。
つーかこの文章の組み立て方、ミスリードを誘ってない?


505 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:20:03 ID:0Yaq7jNXO
もうじじいはしゃべるな。よりによって世界に向けて話しやがって・・・
おまえらはもうすぐ死ぬが、残された若い奴らは、長い人生があるんだからな。しかも、無責任
な発言ばかり。迷惑。超迷惑。早く死ね。

506 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:20:40 ID:Q7Q/jZp10
>>503
東条じゃないことは確か(笑)

507 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:20:49 ID:/icC5lgr0
反省する必要は全くない
僕たちは先の大戦で何を学べれるか、それだけの話だ

508 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:21:45 ID:7tdItt/qO
もっと共存しあう関係になればいいなぁ
昔の人はそれが出来なかったんだね

509 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:24:34 ID:8QKvwZC60
>>495
で、いつまで謝り続けるつもりなの?

510 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:24:37 ID:BJLxVzhK0
>>502
問題なのは、激変する日本人の性質じゃない?
よく言われるじゃん、普段はおとなしかった子が何故?みたいに。
それを説明したのが小室直樹で、構造的アノミー。

511 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:24:38 ID:Q/h2MF8w0
反省の主旨が違う。
シンガポールの捕虜なんてどうでもいいんだよ。

どうして朝鮮半島と満州を押さえた状態で、アメリカの賛同を得る交渉ができなかったのか。
ここを一番に反省するべきなんだよ。
盧溝橋事件をした陸軍が無能だったんだよ。


512 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:26:51 ID:/icC5lgr0
ライ麦の翻訳だけは良かったよああ良かったさ

513 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:27:33 ID:8QKvwZC60
アホらし。
今度は勝とう、くらいの心構えでいいじゃん。

514 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:29:33 ID:Q7Q/jZp10
日本の軍隊は戦後、他国の人を殺して無い。
これは立派な反省。

515 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:30:45 ID:4+r1C76LO
戦争に突入した愚とか言ってる奴は、最終的に戦争に突入しないで済む方法があったと思ってるの?

516 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:31:06 ID:FeINBVRwO
反省以前に何があったかよく知らない
日本史の授業でも近代史は飛ばしてたし
靖国にはお参り行ってきました
広島も行くつもり

でもやっぱりよく知らない

517 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:31:48 ID:nlFho/nd0
日本って首相、大臣、コロコロ変わるよな、そりゃ官僚も軍部も言うこと聞かなくなるよ
東條が四年やってその前は一年、二年ざら、その間政策だけは進んで行って
あぼん



518 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:32:11 ID:8QKvwZC60
>>515
戦争には外部に「敵」がいるという前提中の前提が欠落してるから、
ああすればよかった、こうすればよかった、とばかり考えてる。

519 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:33:48 ID:Q7Q/jZp10
>>516
君は正直だね。自分もやっぱりよく分からないw

520 :日本の行動に呼応するアメリカ:2008/04/12(土) 00:34:27 ID:fYs6hjlM0
「日本にムカつき移民規制」
日露戦後、アメリカとの満州鉄道共同経営の約束破棄

「日本を条約等に基づき非難」
満州事変〜中国介入

「日本を警戒しクズ鉄禁輸 妥協案も一応出す」
北部仏印進駐

「日本を敵視し石油禁輸 妥協姿勢無し」
南部仏印進駐

521 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:34:42 ID:87Rz7grW0
反省、一回負けただけでなんだよ、 次は必ず勝つからさ!

522 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:36:20 ID:fYs6hjlM0
>>515
>最終的に戦争に突入しないで済む方法があったと思ってるの?

石油禁輸ハルノート以前には色々あったがな。
和平第一でやってれば。

523 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:37:08 ID:BJLxVzhK0
>>509
責任主体もいないのに。なんで謝ってんだろうね。
意思決定が空気によって行われたってことがそもそも
問題をややこしくしてるし。
空気が悪かったですって謝るわけにはいかないし。

524 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:38:02 ID:so8tCyW00
>>499
アメリカなんて他人だよ。
左翼右翼云々以前の問題より、その比較しか出来ない考え方は変えた方がいいぞ。

525 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:38:57 ID:E2ZycJaP0
>>510
原爆落としたり、B29で殺しまくったりしたアメリカ兵にインタビューしても上官の命に従っただけだと答える。
そして、普通の暮らしをしている。命令によって人を殺した場合は人のせいだと考えるのが普通じゃないかと思っている。

>問題なのは、激変する日本人の性質じゃない?

これはよくわからん。このケースで出てくるのが。普段おとなしい子というのは我慢に我慢を重ねているから、ついに
切れるというのはわかる。しかし、それと上官の命令に従うのは違う話。上官の命令に従うのは軍人では当たり前だと思う。
戦争中日本人は信じられないくらい残虐だったというが、白人だって黒人に対して残虐だったし、中国人も文化大革命では
普通の市民が豹変して残虐になった。ロシアだってアフリカだって同じだ。

526 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:39:24 ID:WKiQWYut0
>>515
歴史にたらればは全く無意味で滑稽であり、あくまでも仮の話だが、
本当に優秀な指導者が当時の日本にいたら
どんなに不名誉であっても韓信の股くぐりを実行することができただろう

527 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:41:33 ID:sgH+TEHn0
>>510
>問題なのは、激変する日本人の性質じゃない?
>よく言われるじゃん、普段はおとなしかった子が何故?みたいに。

普通はそうなんじゃないの?

まっ、朝鮮人や中国人みたいに、
いつもキチガイみたいな民族もいるけどw

528 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:41:52 ID:+f6EJ0GE0
>>513 勝てないでしょ...

529 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:42:08 ID:szbJ9+ll0
>>502
簡単だよ。日本は連合国が捕虜を採らないで全滅させられてるのに、
欧米の兵隊が捕虜でぬくぬくしてたから。
そもそも軍隊に上官に逆らったら戦争なんて出来ない。、

530 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:44:11 ID:+OVsbrJO0
スレタイが物凄く恣意的な件

531 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:44:16 ID:LTTikDaD0
スレ一切読んでないが、村上ファンのオレは直感で分かる。

 村 上 春 樹 の 主 張 が 捻 じ 曲 げ ら れ て い る 。

532 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:45:27 ID:nlFho/nd0
日露戦後、アメリカとの満州鉄道共同経営の約束破棄

中国でお金儲けできなくなったアメリカは反日になりました
次の年から日本人排斥運動が始まりました


533 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:45:55 ID:+byWNeKE0
西日本新聞、4月4日付、朝刊
「物語の力」〜村上春樹インタビュー〜
□自責の念
「戦争中、上官から捕虜を殺せと言われたら、ノーとは言えない訳ですよね。
日本人は、戦争でそういうことをやってきた。そのことに対する日本人の本当
の自責の念というのは、まだ出来ていないと思うんです。」
これに関しては、村上さんはリー・クアンユー・シンガポール元首相が日本の
新聞に寄稿した記事の事を紹介した。
元首相によれば、戦争中、シンガポールを占領していた日本人は信じられない
くらい残酷だった。だが、戦争が終わり英国人の捕虜となると皆、良心的で懸命に働き
シンガポールの街をきれいに清掃していったという。
「これは日本人の怖さみたいなものを物語っている話だと思うんですよ。
良心的で懸命に街をきれいにする日本人が、ある日、突然、残虐行為を働く人間になって
しまう可能性も示している。きっとどの国民にもあるのでしょうが、日本人はとくにそういう
面が強いのではないかという気がしてしょうがないんです」


↑この記事が元になってるらしい。

534 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:46:11 ID:BJLxVzhK0
>>525
なんだろ日本人の場合はそこに責任主体がいないってことかな。

535 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:46:31 ID:Q7Q/jZp10
村上さんももう還暦だね。

536 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:46:41 ID:0vcPGdm90
956 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2008/04/10(木)

この人、日本じゃそういう面を見せないけど
海外のインタビューじゃよく言ってるよ。
欧米メディアでは、たいてい「右傾化する日本に抵抗する作家」
という扱い

●THE AGE 村上春樹インタビュー

「私は自分の国を心配している。小説家として何かしなければと感じている。」

村上は、特に人気のある東京都知事で、小説家でもある石原慎太郎の
ことを心配している。

「石原はとても危険な男だ。彼はアジテーターだ。彼は中国を憎んでいる」

村上は、石原に反対す公式声明を作るための計画を練っている。
そしてこの反ナショナリズムは、彼の次回作にも織り込まれる。

東京の知識人たちは村上のことを、
「政治的な問題に無関心なポップアーティストだ」
とバカにするが、それを認めることは難しくなるだろう。

http://www.theage.com.au/news/books/the-lone-wolf/2006/06/21/1150845234882.html?page=fullpage

●ウォールストリートジャーナル 2006/12/9
なぜ日本の人々の特定の人々が村上氏を警戒しているのか、いくつか理由がある。

氏は日本人が踏み込まれる事を恐れる場所にあえて踏み込んだ。
日本の悪名高い第二次世界大戦におけるアジアでの不幸などだ。

この話題は日本ではタブーであり、中国や韓国との関係ではいつまでも
抜けない棘になっている。村上氏の「ねじまき鳥クロニクル」
は、日本の過去についての長く、背筋の凍るような比喩を含んでいる。

http://www.opinionjournal.com/editorial/feature.html?id=110009368


537 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:48:27 ID:szbJ9+ll0
>>534
当時の指導者は責任取ったでしょ。絞首刑になったし、賠償金も払った。
天皇は連合国も日本国民も責任を問わなかった。

責任主体とか馬鹿げた議論だね。

538 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:48:30 ID:Q7Q/jZp10
>>533
これが元ネタだとしたら、酷い歪曲のされ方だね。

539 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:48:55 ID:9cIfRBOU0
つーか、日本人は戦争時代の奴等じゃない人は
反省とかしてねーだろ、昔の奴等がやったことだし、よく知らないしって奴多いだろ
いつまでも反省しろっていっても、その時代を生きてない人が本当に反省なんてできないよ

540 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:50:05 ID:kAqJ8+zO0
>>525
ただ彼らは、その後破壊した町を掃除してないが。

541 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:50:44 ID:wWBhy5KK0
日本人は飼い馴らさせやすいってだけだろ
1000年以上の間、お上思想でしっかり教育されてきてるから
上が変われば清掃だってするさ

542 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:51:31 ID:BJLxVzhK0
>>537
問題なのは意思決定と責任主体と契約っていう、システムなんだよ。

543 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:52:03 ID:q6mCw5u10
>>525

最新の資料では、アメリカは翌1942年3月に日本に戦争をしかけるつもりだった。
12月の時点では準備が出来ていなかったようだ。

それが蒋介石によるアメリカへのロビー活動で、予定を早めたのだ。
つまりハルノートという事実上の日本への宣戦布告。

日本は天皇、東条も戦争回避を願っていた。
まあ、所詮、アメちゃんの方がやる気まんまんだったってことよ。


544 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:52:15 ID:Q7Q/jZp10
>>533
でも、日本人の怖さって(笑)
一民族の特性に還元する問題じゃないような気がする。

545 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:52:45 ID:BJLxVzhK0
誰かが言ってたけど、
唐傘連番状の
誰が責任を取るかがわからないっていえばいいのかな?

546 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:53:00 ID:N4+efdXk0
にゅ速スレに立ったときの2は
村上春樹「そんなことはいっていない」
で笑ってスレ閉じた

547 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:53:20 ID:kAqJ8+zO0
>>542
自分、「責任主体」好っきやなぁ

548 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:55:24 ID:fYs6hjlM0
>>543
>日本は天皇、東条も戦争回避を願っていた。

東條は、戦争への路線に引っ張った代表格の一人。
中国講和反対、対米強硬主張、南進論支持。

首相に任じられてからは、天皇の指示で対米戦回避に動いたが、
「避戦の人」と見るのは間違い。


549 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:55:32 ID:Q7Q/jZp10
>>547
ウケタw

550 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:57:30 ID:BJLxVzhK0
>>547
責任主体っていうとまあ、ちょっと固いし、ちょっと分かりづらいね。
自分の人生を背負って、自分の理念、意思で判断し発言する個人ってことね。

551 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:59:18 ID:7MBa6NKf0
自分でやってないことをどうやって反省しろと?

バカも休み休み言え。

ま,春木的には,リップサービスなんだろうが。
あいつら,後がうるさいからw

552 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:59:37 ID:E2ZycJaP0
>>534
反省には2つの面があると思う。国家や民族の犯した行為に対する反省と、個人的に犯した行為に対する反省。
前者については日本として、日本人として反省している人は60%を超すと思う。国家としては再軍備していないし、
ひたすら土下座して、済まなかったと高官が謝罪している。

問題は後者。ドイツのように反省していないというのが目に余るということだと思うが、これは、ドイツの場合と
性質が異なるから。ドイツ以外のすべての国民が、個人における責任主体としての意識は薄く、日本人に特殊ではないというのが
私の考え。確かに責任主体としての意識は薄いと言うことは可能だと思うが、これは黒人奴隷制や原爆など、上に書いた例や
数々の歴史上の黒いページに対しては、みんな薄い。オーストラリアだってラッドが最近になって謝罪したが、各個人が
どれほどまでに反省しているのかなんてわからんよ。

553 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 00:59:42 ID:kAqJ8+zO0
>>550
いや、責任主体が問題となるのは組織内の決定についての責任の所在だろ。

554 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:00:27 ID:szbJ9+ll0
>>550
お前さんは何言ってるんだ?
軍隊や政治なんて責任主体そのものだろ。
天皇だって連合国が許さなかったら戦犯になった。




555 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:01:24 ID:BJLxVzhK0
>>554
おっと、そうだそうだ。限定しすぎた。

556 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:05:32 ID:HJj/Q4rW0
繰り返してはいけない気持ちはあるが、反省なんてジェネレーションギャップだろ

557 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:05:51 ID:9pYmqvvkO
大江健三郎や村上春樹は、間違いなく一流の小説家

そして、それだけ。
歴史や軍事に関してはド素人である彼らの
戦争論を必要以上に取り上げるほうがおかしい

放っておけばいい

558 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:07:19 ID:PjzdLe/O0
「やれやれ」と僕は思った

559 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:07:39 ID:SApB/Cti0
>>557
一流の歴史家っていうのは歴史小説家ですか?
それとも歴史学で学位を持っている人ですか?

560 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:09:01 ID:KWJvBwVX0
日本以上に反省した国なんてあるか?
少なくとも先進国には無いぞ

561 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:10:47 ID:3WYFkqPs0
ここでのお前らの主張の多くから、村上の主張はあながち間違ってないって分かるし、
そもそも村上は左翼だ。いまさら騒ぐな。


562 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:11:00 ID:szbJ9+ll0
村上は国内でやれよ(w。
大江みたいに電波扱いされて、あっという間に
誰も読まなくなるぞ。まあほとんどの人は村上の小説など読んで
無いけど(w。

563 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:11:26 ID:BJLxVzhK0
外部に対する鋭い関心を喪失することと比例して、
格成員の主要関心は共同体内部にのみ集中し、
共同の結果として、共同体における規範、慣行、前例などは、
もはや意識的改正の対象とはみなされず、
あたかも神聖なるもののごとく無批判の遵守が要求されるようになる。
とくに共同体の機能的必要は絶対視され、その達成のために
全成員の無条件の献身が要求されるようになる。

小室直樹 『危機の構造』

564 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:11:33 ID:AkfWlB9KO
悪いことしてないのに何を反省しなきゃいけないの?

日本が負けたのは
アメリカが正義で日本が悪だったからじゃないだろ
日本は弱いから負けたんだ

565 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:12:08 ID:WKiQWYut0
先進国が反省してなかったら国連なんてものはできなかったわけだ
国際連盟、国際連合、EUはすべて戦争への反省を契機のひとつとした国際組織なわけだ

566 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:12:28 ID:nY7E9ILvO
一流小説家=妄想家、虚言者

567 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:12:28 ID:EB3tz31O0
教育の問題だろうなぁ・・・

両親見たって、多少世間の方にグレーな所があっても
適当にあわせて行けって感じだし。


568 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:14:07 ID:BJLxVzhK0
批判拒否症的体質

神聖なる任務遂行を妨害する徒輩は、
許すべからざる国賊(人民の敵)であるということになり、
彼らの批判に対して向けられるのは、反批判ではなく
「反逆者への怒り」である。

小室直樹 『危機の構造』

たぶん、このスレに当てはまるのはこれ。

569 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:14:11 ID:cLoaVNo80
「小」説家なんだから、これ見よがしに「大」説を振りかざすのはよせよ、春樹サンw
あくまで、「小」説に専念して下さい、お願いします。


570 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:16:21 ID:fYs6hjlM0
>>564
>悪いことしてないのに何を反省しなきゃいけないの?

正義と悪じゃなくて、
引き際を蔑ろにして窮地に陥ったのは自省すべきだろ。自国のためにも。
借金で窮地に陥るまで箱物を作り続けた自治体と同様。

日中戦も止める機会はあったし、
アメリカも、何段階かで警戒のシグナルを出してる。


571 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:17:28 ID:9pYmqvvkO
>>559
歴史学を専門とし、一次史料を研究している
大学教授などプロの学者のことに決まっているだろう

572 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:17:38 ID:o7ANkJtM0
この人、近く新興宗教起こしそうだな

573 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:19:20 ID:i6s9Lc6yO
村上春樹は政治を語らないんじゃなかったかな?

574 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:20:18 ID:/xGjM/Os0
春樹も痛い奴だったんだな。はやく玉川上水飛び込めよ

575 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:20:54 ID:E2ZycJaP0
>>555
ドイツのように反省していないってことじゃないの?
確かに、村上氏が言われるように薄いと表現することはできると思うよ。
でも、他国の人間が戦争について反省していたらこんな戦争だらけの世の中になっていないでしょ。
これは他国の人間も反省していないという証拠だ。韓国軍がベトナムで行った行為に対して問うた人がいたが、
反省はしていなかった。人ごとのようなコメントだった。

ただ、反省しなくて良いとも思っていないし、全く反省していないわけでもないと思うよ。
なぜ反省できないのか?それは、捏造が多いと思っているからだろう。真実を知った時にはたぶんドイツのように反省するだろう。
私は最近TBSの南京大虐殺の番組を見て、日記という証拠を確認して初めて心から反省する気持ちになった。
それでも、ドイツのユダヤ人虐殺とは性質は違うので日本人が恐ろしい民族性だとは思っていない。
あれは、食糧不足で捕虜を持てあましてして殺してしまったのだが、人間ってそういうところは誰しもが持っている。
もちろん悪いことだと思うし、残虐で違法だが、こういう戦時中に行われた違法行為を個人として反省するのは稀なような気がしてならない。
中国人は自分たち市民が文化大革命をやったし、韓国軍もベトナムで犯罪を犯したし、アメリカやイギリスなんてひどいもんだよ。


576 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:20:54 ID:Yygng/XH0
お前らって心底馬鹿だと思うよ
反省って言葉に脊髄反射してるけど中韓に謝れって言ってんじゃないぞ?
第二次世界大戦って言い方でも分かるけど
大量殺戮(する方もされる方も)に対して、
なぜ止めることができなかったかを考えるべきって言ってんだよ
オウムが出てくるのもそれを指してる
人殺しをしてはいけないっていう、ずっと根本的な主題で言ってんだよ
アホメディアに踊らされる馬鹿ばっかかここは

577 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:21:06 ID:szbJ9+ll0
>>573
売り物がなくなったから、国家を売り出したんだろう。


578 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:21:25 ID:kAqJ8+zO0
>>574
ジョウスイにジュスイってな、やかましいわw

579 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:21:38 ID:ObT0Mmji0
@投票ちゃんねる

あまり良い印象がない(ぶっちゃけ嫌いな)国・都道府県★21
http://www.vote5.net/anti/htm/1207280317

<今まで(★1〜★20)の投票総数(上位8位)>

1位  大韓民国<6683票>
2位  東京都<5934票 >
3位  朝鮮民主主義人民共和国<5271票>
4位  中華人民共和国<4380票>
5位  大阪府<2735票>
6位  埼玉県<1949票>
7位  千葉県<1892票>
8位  神奈川県<1888票>

580 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:22:28 ID:BJLxVzhK0
ところで、右に述べたような技術を信仰する人びとは、自らを権威とする決断主体ではありえない。
ゆえに、彼らがリーダーとして決断を迫られれば当惑せざるをえない。
このとき救いとなるのがは、彼らが所属する共同体の機能的要請である。
その達成は神聖なる任務ではなかったか。

ゆえに、彼にとって、この神聖なる任務を遂行する意外に、
いかなる決断を下しえようか。

かくて、決断の責任が漠然とした使命感の中に解消するとともに、
この決断がいかに特殊なものであり、多くの選択肢の中のひとつにすぎない
ことが意識にのぼらなくなる。したがって、この選択に対する責任が背後に押しやられ、
ついに鋭く意識化されなくなることによって、この神聖なる所与に向けられた批判に対して、
本能的な全身をつらぬく「聖なる怒り」が向けられることになる。

このようにして、いわば体質的であった批判拒否症は、
規範性を獲得しついに宗教的正当性を具有するまでに高められるのである。

小室直樹 『危機の構造』

581 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:22:43 ID:jsQ3aBi/0
村上の作品は中国や韓国でも人気あるからなあw

582 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:23:42 ID:szbJ9+ll0
>>580
小室なんて引用するなよ(w。天才かも知れんが、
学者としてはギャグだ。

583 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:24:21 ID:Ex/rJpi6O
韓国軍のベトナム人虐殺
ttp://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm
(写真/'忘れたい戦争' 韓国軍に殺されたベトナム人の数は、公式統計だけでも4万1450名だ。)

筆者が持っている記録は、その内容が非常におぞましく、詳細に明らかにするもので、負担がなくは
なかったが, その一部をここに紹介する。

このような捜索掃討作戦は、一次的にじゅうたん爆撃等で作戦地域を公開して, 韓国軍等の
地上軍が現場に投入されて村に残っている住民たちを即決処分した後、家を燃やしてブル
ドーザー等で村全体を押し潰す方式で展開した. 生存者の韓国軍に関する証言で共通な点は,
無差別機関銃乱射, 大量殺戮, 妊産婦, 女性に対する強姦殺害, 家屋への放火などだ.
生存者の証言を土台に韓国軍の良民虐殺方式を整理してみると、いくつかの共通した類型 が現れる。
-住民たち(大部分が女性と老人子供たち)を一ケ所に集めた後、あるいはいくつのグループに とめて、機関銃を乱射して抹殺する。
-住民たちを一戸に追い詰めて銃を乱射した後、家と一緒に死亡者も生存者も全部燃やす。
-子供の頭を割ったり首をはね, 脚を切ったり四肢を切断して火にほうり込む。
-女性を強姦した後、殺害して, 妊産婦の腹を胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す。
-住民たちを村のトンネルに追い詰めて毒ガスを浴びせて窒息死させる。

韓国軍の大量虐殺が強行された所では、子供たちの口にキャンディやケーキが含まされていた。
老人たちの口にはタバコが咥えられていた場合が多かった。 恐らく、村人を安心させながら一ケ所に集めるための手段だったようだ。
ちなみに、韓国はアメリカから派兵要請があったわけではなく、派兵の代価として受け取れる外貨が欲しくてアメリカに派兵を要請しました。

現在、ベトナムにいる韓国兵のレイプによる混血児は3万人とも4万人とも言われており、社会問題化しています。
ベトナム近海で海底油田が発見されると、韓国政府は手の平を返し「友好」の名の下に「謝罪らしきもの」を行ったが、
韓国国内の退役軍人会から抗議されるとあっさりと謝罪を撤回し、「あれは謝罪の主旨ではなかった」との公式見解を発表しました。

584 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:24:24 ID:LyveCzCh0
ああ、これは言ってないな。
春樹さん、気の毒に;

585 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:24:37 ID:BJLxVzhK0
>>580
で、これと同型の構造をとってたのが、
オウム真理教と日本軍>>409

586 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:25:15 ID:kAqJ8+zO0
>>585
だから何?

587 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:25:31 ID:BJLxVzhK0
>>582
それこそ批判拒否症そのものじゃんw
きちんとした反論しないと

588 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:26:24 ID:Q7Q/jZp10
小室ヲタよ。
「手段の目的化」の過程を描いて何がしたい?

589 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:26:41 ID:Ex/rJpi6O
【韓国】「あのとき日本に勝っていさえすれば」 … 『高麗・モンゴル連合軍の日本征伐』出版
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1172396420/

882:2007/06/27(水) 04:23:00 ID:hRoquAxv0
高麗軍の将(都督使)「金方慶」率いる高麗軍は
戦略的に意味が無い対馬・壱岐に執着し、防備の薄いこの島々を攻め
膨大な非戦闘員を殺戮した。
島々におけるこの行為は遠征目的と何の関係もなく、
それにフビライは"百姓を殺すな"と命じていた。
この無用の残虐行為は主将の「金方慶」の性格、朝鮮人の民族性によるとの事である。

彼らは島民を見つけ次第、男子は斬殺し、女子は手の掌に穴を
あけて綱を通し船舷にぶらさげるなど残虐の限りをつくした。家屋は焼き
尽くされ、家畜の被害も甚大で、壱岐牛も一頭もいなくなった。

敵兵は住民を捕らえ暴虐の限りを尽くしたということです。
山に逃げ隠れ潜む住民の赤子の泣き声を聞いて、捜しまわり、捕ら
えては、ことごとく殺しました。中には、命惜しさに愛する我が子を刺
し殺して、逃げ隠れする者もあったと伝えられています。
捕らえられた妊婦は腹を裂かれ、中の赤子を掴み出されて殺されまし
た。意にそまぬ婦女子は手に孔をあけられ、縄を通してから、引きずり
回され、後、舷外に吊るされました。
(新元史・鎮西要略・壱岐国史・元寇物語)

590 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:26:52 ID:BJLxVzhK0
>>586
村上春樹の感じてることを
構造的に説明してる。

591 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:27:56 ID:szbJ9+ll0
>>587
どうせたいした事いって無いのに、長いから読む気が起きない。
掲示板何だから自分の言葉で短く簡単に書けよ。

592 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:28:53 ID:kAqJ8+zO0
>>590
だから何?

593 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:28:57 ID:mvo2bYQS0
いじめ問題とかの根源だな。
今だけの問題じゃなく、昔から日本人はそうだったわけだ。

594 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:29:16 ID:BJLxVzhK0
>>591
せっかく長文打ち込んだんだから読んでよ。

595 :彼らと組むとこうなる:2008/04/12(土) 01:29:34 ID:Ex/rJpi6O
■仏紙Paris Match元特派員 アルフレッド・スムラー著 『ニッポンは誤解されている』

別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない。

■『日本軍は香港で何をしたか』謝永光著 森幹夫訳 社会評論社刊

最初の数日間は平穏無事で、日本軍の姿は全く無かった。
ところがある日、突然五、六人の動物のような兵隊が現れ、麻雀をしていた四人の女優を強姦した。
前述の女優は日本軍の馬を管理する男達に暴行されたが、この男達は朝鮮人であった。
(中略)
香港占領期間中、多くの朝鮮人が日本の軍服を着ていたが、一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりも凶暴だった。
この時、民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、殆ど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時、香港住民は日本軍よりも朝鮮人を激しく憎んだ。
P.142
(日本軍占領下の香港では)
アヘン販売や売春市場は朝鮮人が中心となって取り切っていた。
ちなみに、この本の著者は日本軍による香港占領を体験した鍼灸医です。

596 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:30:15 ID:BJLxVzhK0
>>592
日本はまた同じ過ちを繰り返す可能性があるってわけ。

597 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:30:29 ID:3WYFkqPs0
>>517
官僚や軍部が権力を行使しやすいように、内閣の存立基盤を脅かしつつけるという面もあった。

598 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:31:56 ID:E2ZycJaP0
>>585
人間なんてみんな同じようなものだと言っておく。
イスラムの自爆テロを見ろ。聖戦と言われれば、無実の民間人を殺してしまうんだよ。
また、家族や組織を守るためなら平気で法を破るのは法治国家でない場合は当然のように行われる。
家族、組織、共同体というのは昔は特に重要だった。中国では今も。
結婚は家のためにしていたしね。ロミオとジュリエットの頃は欧米でも家が重要だったんじゃないか?
アジア・中東では共同体のためなら命を投げ出す精神があると思うけどね。

599 :寄生虫のような疫病神と組むとこうなる:2008/04/12(土) 01:32:35 ID:Ex/rJpi6O
勝ち           負け
イスラム帝国 vs 唐+高句麗人の総大将 (タラス河畔の戦い)
日本     vs 元+高麗 (元寇)
明      vs 日本+朝鮮 (文禄の役)
日本     vs 明+朝鮮 (慶長の役)
清      vs 明+朝鮮 (明滅亡)
日本     vs 清+朝鮮 (日清戦争)
日本     vs 露+朝鮮 (日露戦争)
ソ連     vs 日本+朝鮮 (シベリア出兵)
アメリカ   vs 日本+朝鮮 (大東亜戦争)
ベトナム   vs アメリカ+韓国 (ベトナム戦争)

600 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:32:47 ID:BJLxVzhK0
>>598
それは構造主義に批判されてるじゃん。

601 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:32:51 ID:kAqJ8+zO0
>>596
それは日本に限らないよね?

602 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:33:29 ID:6fxBR6GO0
>>544
仕事として冷静に人を殺せるのは、日本人とドイツ人くらいだろ。

603 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:33:39 ID:BJLxVzhK0
>>601
特に日本に顕著に見られる話。

604 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:35:46 ID:Ex/rJpi6O
【韓国】小学校の教科書、他文化を見下し偏見を助長「日本人が半島に住んでいたら滅んでいた」[08/21]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1187782736/l50
【韓国】小学校の教科書、自民族の優秀性を過度に強調。特に「日本人は文化的に劣等」と一貫して記述 [08/21]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1187774895/
国連人種差別撤廃委員会(CERD)が、韓国を最悪レベルの人種差別国家と認定。改善事項勧告[08/24]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1188134563/
【韓国】「他の民族だから劣る」虐待〜外国人妻と子供への排他的民族主義の壁[08/20]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1187778598/l50
【韓国】ネットに広がる「外国人嫌悪」〜掲示板に極端表現「みんな殺せ」「追い出せ」[04/28]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1177773066/
【韓国】 在韓外国人「日本や香港はすごく楽」〜外国人が暮らしにくい国・韓国 [03/09]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1205026849/
【国内】増える「呼び寄せ脱北」 一家9人、韓国では差別受けるから日本に同時入国⇒生活保護で生活[10/01]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1191250124/l50

751: :2008/02/01(金) 06:42:54 ID:VgfdRf0B0
『日本の当局と交渉するにあたっては、
何かにつけて“民族差別” だの “過去の歴史”を持ち出してことさら猛々しく振る舞い、
理不尽な要求でも飲ませようとする。
そうすると、敗戦によって贖罪意識を植えつけられている日本人は決まっておとなしくなってしまうのだ。
この方法は、たいていうまくいった。』

↑わが朝鮮総連の罪と罰(文藝春秋社刊)より抜粋

605 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:35:57 ID:szbJ9+ll0
>>602
21世紀の今ですら中国人はチベット族を冷静に殺してるだろ。


606 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:36:09 ID:kAqJ8+zO0
>>603
それは君のレスのどの部分で論証されているのかね?

607 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:36:29 ID:C4P/2CQa0
残酷だったのは朝鮮兵でしょ?
今の在日のヤクザとか見てると残虐なのも納得できるよ。

608 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:36:48 ID:3WYFkqPs0
>>601
ちょっと質問。
共同体>個人という社会的体質を、どの構造主義者がどんな風に批判してるって?

609 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:36:54 ID:BJLxVzhK0
>>606
どの部分ってそんな多くないだろ。
抽出して全部読みなよ。

610 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:37:12 ID:szbJ9+ll0
>>607
捕虜虐待は朝鮮の軍属だな。


611 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:37:36 ID:jLQCBlvP0
>>580
この人良いこといってるけど、べつにこんな難しい言い方しないでも
もっと簡単に書けそうだよね。それだとカッコつかないのかな
蓮重の批評みたいなもんで

612 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:37:42 ID:3WYFkqPs0
608は>>600へのレスね。


613 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:37:52 ID:E2ZycJaP0
>>603
アメリカやイギリスは?中国やロシアは?

614 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:39:26 ID:BJLxVzhK0
>>612
構造主義自体がそういう思想でしょ。

615 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:39:33 ID:hCyXok2yO
>>1
何この人種差別的な文章は?日本人の定義は人種なの?国籍なの?
頭の悪い人間独特の、曖昧で独善的な、最初に結論ありきの文章に思える。

616 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:39:44 ID:jLQCBlvP0
日本人の特徴〜なんていわれても曖昧なんだけど、それは遺伝と文化の
どっちを意味してるんだろう?? 文化ならハーフでも日本で幼少期から
育って日本の国籍とれば指摘されてるような日本的資質を備えるわけ?


617 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:40:05 ID:Q7Q/jZp10
ID:BJLxVzhK0の人気に嫉妬したw

618 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:40:15 ID:kr8zXagO0
一発で嫌いになった

こいつ反日思想家だったんだな

619 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:40:35 ID:BJLxVzhK0
なんか遊ばれてるっぽいのは分かってるけど
だんだんめんどくさくなってきたw

620 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:40:41 ID:kAqJ8+zO0
>>609
抽出 ID:BJLxVzhK0 (22回)
>どの部分ってそんな多くないだろ。
うそーん。

621 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:40:55 ID:Nrh05s2O0
その時代に生きてないから何を反省すればいいんだか分かんない。
だからと言って戦争が良い事とは思わないし二度と起こってほしくないと思えるから
日本で変な教育受けなくてよかった。

そんなに戦争が罪なら、現在進行形で行ってる人達について深く考えろ

622 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:41:13 ID:3WYFkqPs0
>>614
だから、君の考える「構造主義自体」とは誰のどの論だい?と尋ねている。

623 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:41:32 ID:wtTS+xyv0
反省しなくても、今の日本人は戦争当時の日本人と違って
戦う気力の無い腰抜け民族。故に一生、米国や周辺諸国に搾取され続ける
のさ。

624 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:41:43 ID:6fxBR6GO0
>>605
いや、言葉足らずだったが、一般人が兵士になった時にさ。
善良な市民が、わずかなきっかけで豹変する国って、あんま無いと思うよ。

625 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:43:08 ID:3WYFkqPs0
>>618
反日っつーか、非日。デビュー時から(あるいはデビュー前から)そうだよ。
ただ、近年は日本人であることを自覚することが多いらしくて、それ関連の論を
いろいろ書いてる。


626 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:44:56 ID:jLQCBlvP0
>>624
そう?中国人留学生とか国に帰る前に日本人殺しまくったりしてるじゃん
もともと善良じゃないのかもしれんけどw 日本人は〜というのが
どうも曖昧でなぁ・・戦時中の日本人、とかいったって色々いただろうに
画一的に捉えるのは失礼な気もする。逆らえないような風潮のなかで
腹くくるやつと、指摘されてるように状況次第で豹変するやつなんて
表面的に区別できないでしょうに

627 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:45:24 ID:szbJ9+ll0
村上は「生きて虜囚の辱めを受けず」って言う言葉を
ググッてたらこんな恥ずかしいこと言わなくてすんだのに(w。
「捕虜、リンドバーグ」とかググッてたらねえ。
作家なんだからリンドバーグ日記とか調べたらすぐ分かるでしょ。

この人無知で恥ずかしいよ。蛆がわきそうな誰も読まない小説でも
書いてたらいいのにねえ。

628 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:45:45 ID:E2ZycJaP0
BJLxVzhK0たちは、日本人の特殊性を前面に押し出すから嫌いだ。
同じ過ちを繰り返す可能性があるのは人類共通。日本人だけじゃない。

そして、日本人は特殊だから軍隊を与えると危ないという理由で国軍に反対する。
日本人は特に危険だという考え方が根っこにある。
中国やイスラム諸国、東欧など、各地のナショナリズムを見れば日本人だけ特殊なのではなく、
特定のイデオロギーが危険なことに気づくはず。サヨクは何をした?スターリンは?毛沢東は?

私は特定の民族を異質だと考えるのはよくないと思っている。これは日本人、中国人、韓国人、欧米人に限らない。



629 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:46:46 ID:6fxBR6GO0
>>623
日本人の恐ろしさは、勇敢さじゃなくて、職務に対する忠実さにあるんだよ。
「皆殺しにしろ」と上官に言われたら、自分の命も顧みず皆殺しにする。

>>626
犯罪者としての恐ろしさと、国の兵士としての恐ろしさは、性質が異なるよ。

630 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:46:52 ID:/lfPQeHW0
春樹はどう扱ってやればいいのか非常に迷う

631 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:47:46 ID:3WYFkqPs0
>>629
最近の日本人って、そんなに職務に忠実か?


632 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:48:24 ID:F3KD86Tk0
まぁ幕末だって、それまでは二百年以上も戦争がなかったのに
黒船来航の結果、志士がわっと出てきて、
その後は軍国主義にまっしぐらだったから
ちょっとしたきっかけで戦争の方向に向かう可能性はあるな。

633 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:48:47 ID:Q7Q/jZp10
>>628
600 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:32:47 ID:BJLxVzhK0
>>598
それは構造主義に批判されてるじゃん。

こう言われるのがオチだぞw

634 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:49:20 ID:jLQCBlvP0
>>629
その忠実性ってフィクションとかで一部の特殊な体験談でつくられた
イメージの気がするけどなぁ・・。家に家族のこしてきて、自分の青春も
犠牲にして、そう簡単に指令うけたからってサイボーグ的に闘えるのかね
命かけるどころか、ただの国政でさえ忠実どころか汚職だらけだし

635 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:49:46 ID:6fxBR6GO0
>>626
あと、「臆病であるが故に、逆らえず残虐になる」ってケースも結構ありそう。

636 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:49:55 ID:BJLxVzhK0
>>628
それは構造主義に批判されてるじゃん。

637 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:50:39 ID:BJLxVzhK0
同じ構造をとってりゃ、そりゃどこの国でも起きる可能性があるに決まってるし。
別に日本人特殊論なんて言ってないよ。

638 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:51:00 ID:Q7Q/jZp10
>>636
ナイスw

639 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:51:18 ID:nlFho/nd0
第一次大戦終って戦後恐慌、金融恐慌、東北飢饉、世界恐慌、関東大震災、さあどうするよ?


640 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:51:40 ID:kAqJ8+zO0
>>637
603 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/04/12(土) 01:33:39 ID:BJLxVzhK0
>>601
特に日本に顕著に見られる話。

641 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:51:43 ID:3WYFkqPs0
ID:BJLxVzhK0
なんだ釣氏か。
どうでもいいが、特定の思想的立場の名称を好き勝手に持ち出すなよ。


642 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:51:51 ID:6fxBR6GO0
>>631
忠実じゃん、虐げられながらも文句も言わず黙々と派遣とか、他の国じゃあり得ない。

643 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:52:24 ID:jLQCBlvP0
日本人ってなによ、って話だよなぁ。養老さんがいってるように言語の構造で
脳が特殊な成長をするとか、そういう具体的な話なら分かり易いんだけど
そこをすっ飛ばして「日本人は・・」とかいわれても困る

644 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:54:14 ID:jLQCBlvP0
>>642
他の国だって貧乏な生活しながらつまんない仕事をもくもくとこなす
人間なんて腐るほどいるとおもうが。そんなの当たり前のことでしょ
日本以外の国民は辛いとすぐに逃げ出して、陽気な音楽聴きつつ
マリファナ吸いながら踊りだすわけでもないだろ

645 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:54:36 ID:BJLxVzhK0
>>641
デュルケムのアノミー論知ってる?

646 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:54:54 ID:6fxBR6GO0
仮に小泉元総理が、軍国化を進めていたとしたら、多くの日本人は付いていっただろうな。

647 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:55:36 ID:oqCu9E/V0
主要国が世界に与える影響は良い?悪い?
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/pdf/apr08/BBCEvals_Apr08_rpt.pdf
(好き嫌いではなく世界への影響がどうかです)

●日本人の回答 (悪い順)
良い 悪い 国名 ()は相手国の日本への回答(良/悪)
---------------------------------------------
  2  90  北朝鮮
  3  65  イラン (57/33) *2006年
 12  59  中国 (30/55)
  3  55  イスラエル (75/9)
  3  53  パキスタン
 21  38  アメリカ (70/12)
 15  34  ロシア (59/11)
 36  15  日本
 34  11  インド (26/9)
 29   8  ブラジル (64/11)
 39   6  イギリス (70/16)
 31   5  フランス (55/22)
 45   4  ドイツ (52/30)
 40   4  EU
(読売新聞が2007.12.08-09に1773人を対面調査)

●ドイツ人の回答
 良い 悪い
----------------------
 75% 10% ドイツ
 72% 17% EU
 56% 17% イギリス
 52% 30% 日本
 49% 26% フランス
 35% 28% ブラジル
 35% 34% インド
 28% 59% 中国
 24% 56% ロシア
 20% 72% アメリカ
 17% 62% 北朝鮮
 11% 64% イスラエル
  4% 85% イラン
  2% 77% パキスタン

648 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:56:30 ID:3WYFkqPs0
>>645
自殺論関連で出てくる話だったな。で?


649 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:57:04 ID:6fxBR6GO0
>>644
それは、ほとんどの場合、圧政で逆らえないだけでしょ。
これだけ自由な国で、黙々と派遣とかあり得ないよ。

650 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:58:15 ID:BJLxVzhK0
>>648
構造主義に批判されてるじゃん。

651 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 01:59:14 ID:jLQCBlvP0
>>645
知らんから調べたけど、いろいろ引用できそうな面白い考え方だな。便利というか
歌舞伎のエロタコも女遊びやめて歌舞伎に集中するとかいいだしたけど
この状態に入りつつあるのかなw

652 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:00:34 ID:BJLxVzhK0
>>640
その構造が日本にあるってだけ

653 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:01:40 ID:ZyHY3aNQ0
>>627この人無知で恥ずかしいよ

お前に言われるほど恥ずかしくは無い、社会的にもお前ごときよりは
彼がぶっちぎり上。これ常識。

654 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:02:09 ID:jLQCBlvP0
>>649
自由な選択肢があるなかで誰かに指示されて黙々と辛い業務に耐えてるわけでは
なくて、その人たちには選択肢がないか、無知から自由がみえなくて、唯一の
道として耐えてるんだろうから、圧政とおなじでしょ
派遣でがんばってるひとに「〜って仕事があって、いまより儲かるし
楽しいですよ」といったときに
「我々にとってこれが使命ですから・・!!」とはいわんでしょ

655 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:02:34 ID:BJLxVzhK0
厳密に言えばデュルケムは構造主義じゃないのかな?
でも、構造主義の源流になったのは確か。

656 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:03:17 ID:Q7Q/jZp10
>>649
>>649
労働基準監督署が裁判所が助けてくれますか?
立法府は派遣の今の状態を容認してる自民党です。
選挙結果によると日本人の多くが今のままで良いと意思表示してます。
正社員になれなくても生活していかないといけません。
クーデーターでもしないといけないのかな?

657 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:03:56 ID:6fxBR6GO0
>>654
サボタージュやデモだって自由なんだぞ。
圧政とは全く異なる。

658 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:04:39 ID:szbJ9+ll0
>>653
またそれか。ぶっちぎり上のお得意の糞小説でも書いてろって
言っとけ(w。


659 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:05:00 ID:Q1u41DZx0
反省するなら日露戦争から反省しないと意味がない
なんでWW2を反省するんだ?
馬鹿だろ

660 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:05:23 ID:6fxBR6GO0
>>656
何か勘違いしてんね。
アジってるんじゃないよ。

661 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:05:33 ID:3WYFkqPs0
>>655
構造主義とはとても言えない。
そもそも、現代社会についてきちんとした構造主義の考え方を適用した人間は
一人もいない。


662 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:06:59 ID:E2ZycJaP0
アメリカ人やイギリス人、中国人やロシア人の反省ぶりと比べて、特に日本人の無反省ぶりがひどいとも思わないし、
中国人や韓国人の強烈な愛国精神が安全で、日本人のは非常に危険だとも思わない。

中国人の愛国心が日本人の大虐殺につながらないとは限らないよ。戦争になれば理性は吹っ飛ぶ。
しかし、これもまた中国人などが特別におかしいものでもない。
「欲深い」「メンツを極端に重視する」というほうがよっぽど危険。権益のためなら平気で戦争をしてきたのが世界各国だ。
戦争回数を数えてみろ。危険度が高いのは日本より外国だ。

もちろん、日本人は安全なんて言わない。危険性はある。しかし、日本人特殊論はどう考えてもおかしい。
アメリカ人やイギリス人、中国人やロシア人はどうなんだよ。

663 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:06:59 ID:Q7Q/jZp10
>>659
日露戦争は目の醒めるような勝利だろ。
反省するのは、その後の日比谷焼き打ち事件だ。

664 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:07:03 ID:BJLxVzhK0
>>661
本当?
誰がそんな論を主張してるの

665 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:07:14 ID:iupP6eGvO
こいつには呪いをかけてやるわい

666 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:08:52 ID:3WYFkqPs0
>>656
まあ、派遣業者の法外なピン撥ね率は問題にすべきだねえ。
てか、法的規制がない状態だからな。


667 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:08:57 ID:BJLxVzhK0
>>662
だから外国はどうであれ、問題は日本が同じ過ちを繰り返さないことじゃないの。

668 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:09:15 ID:Q1u41DZx0
>>663
日露戦争こそ今こそ反省するべき戦争だよ
ロシアという強国と引き分けに持ち込んだ陽にかくれて
その後に影響をあたえる決定的陰が芽吹いてる

669 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:10:10 ID:jLQCBlvP0
>>657
自由といったって、簡単に行使できる状況になければ禁じられてるのと
同じだと思うけどなぁ。我ら日本人、スタンディングオベーションも
できないほどにシャイですから

670 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:10:50 ID:BJLxVzhK0
>>666
>>661
誰がそんな論を主張してるの?

671 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:11:15 ID:3WYFkqPs0
>>664
誰が主張してるか?じゃなくて、現代(近代)社会を説明するのに、レヴィ=ストロースが
親族構造研究で使ったような厳密な構造の考え方を適用した人間に誰がいるか、
俺が聞きたいって言ってんだよ。


672 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:11:36 ID:W6yV5nLg0
村上の言ってる事は文化人類学の日本人として当然の認識だと思うが
まぁ、通説ってやつだろ
作品は嫌いじゃないが、すげぇなぁと思う哲学が存在してるわけでもない

>>653
そういう無意味な比較は自分が虚しくならないか?

673 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:14:05 ID:BJLxVzhK0
>>671
それは構造主義の手法の一つでしょ。

674 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:15:06 ID:Q7Q/jZp10
>>666
それは同意だわ。現状の手段としてはデモなんだろうけど、
人は集まらないよねw

675 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:16:49 ID:E2ZycJaP0
>>667
もちろん繰り返すつもりはないよ。だから日本が世界に対して軍事的な野望を抱くことはないし無理だろう。
そもそも、軍国主義化する動機がない。争うより経済活動をしているほうがずっとマシというのが日本人の考え方。

じゃあ、軍隊は必要じゃないよね?という反論し対しては、世界征服するための軍隊は必要ないが、
外国から攻撃された場合に対峙するための軍隊は議論の余地がある。



676 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:17:38 ID:6fxBR6GO0
>>669
逆にね、ゴーサインが出たら、歯止めが利かない様相を呈する場合がある。
例えば、日本の学生運動ほど、残虐で悲惨だった学生運動は、他国には無かったんじゃないかな。

677 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:17:41 ID:i/BIcazgO
>>663
あほか
実質はスレスレの辛勝
でも国は実態を伝えなかった

散々増税されて、息子を徴兵されて、新聞は景気のいい勝利ばかり伝えたわりに、
賠償金もとれないし満州もとれなかった
とれたのは何の資源もないからふとの半分ぐらい

→国民怒り爆発、暴徒化

678 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:18:20 ID:jLQCBlvP0
>>674
そういう意味では忠実というか、必死こいて抵抗するくらいなら
我慢、って感じなのかなぁ。でも関西人だとダマされてると
気づいたら大暴れしそうだけど。それこそ村上龍の言い分でもないけど
侵略された歴史がないから、世界が力で変えられるという認識自体が
ないんかな??

679 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:18:51 ID:3WYFkqPs0
>>673
だから、君の知ってる「構造主義」って何よ?
デュルケームの社会学が構造主義だと思ってた?
それは間違い。 終了。 



680 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:19:23 ID:Q7Q/jZp10
>>677
アホだったよ。
スレスレの辛勝なのに、景気の良い事書いちゃったw

681 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:20:37 ID:jLQCBlvP0
>>676
というかね、ここと同時に書き込んでるタレントのスレで話題になってるのが
「暴走する痛いオタがいると、周りも追随して収集つかなくなる」だから
ちょっとパラレルで笑えるww

682 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:21:02 ID:BJLxVzhK0
>>679
構造主義の源流だっていってるじゃん。

683 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:21:57 ID:3WYFkqPs0
>>680
いや、朝鮮半島および南満州の権益を手にしたのだから、結構なものだったと思うけど。
賠償金や領土をがっぽり頂かないと割に合わないと煽った誰かが悪い。


684 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:22:54 ID:lwwIeSMJ0
何を反省する必要があるのか解らないです><

685 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:26:10 ID:3WYFkqPs0
>>682
だから、源流は構造主義じゃない。
そもそも構造主義の源流と言った際にデュルケームは弱い。
普通はブルバキの群論やソシュールorヤコブソンの言語学を持ってくる。
しかも、「それは構造主義で批判されてるじゃん」で念頭にあったのが
デュルケームの社会学だったというのは、しゃれにならんほど無知。
もうこれくらいにしとこうぜ。



686 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:27:53 ID:Q7Q/jZp10
>>683
新聞社という単語が見えてますよw

687 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:28:07 ID:ZyHY3aNQ0
>>672そういう無意味な比較は自分が虚しくならないか?

虚しいよ、自宅警備員のネト右と天才を同次元で比較は村上氏には失礼。
こいつのIDのll0があまりにもツボだったんで、ついかまってしまった。


688 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:28:41 ID:BJLxVzhK0
>>685
弱いけど、でも源流でしょ?
レヴィ=ストロースに批判されたりしてるもの。
あと、いちいちソシュールやヤコブソンもってくると
この共同体の話題では弱いじゃん。
まあ、小室直樹が師事していたパーソンズでもよかったけどさ。

689 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:30:45 ID:Kec2PguQ0
俺は戦争してねえ世代だから反省なんてする必要ねえと思うんだけど。



690 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:30:58 ID:bcn+Vujy0
中華は最初から最後まで残忍だからな

691 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:33:08 ID:Q7Q/jZp10
もう2:30じゃん。
寝たいけど、社会学雑談みときたいw

692 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:33:14 ID:+WSPFL8zO
バカじゃない?
軍事国家だったんだから仕方ないわよ
やらなきゃ罰せられたり仲間に罵られたり。
敵に殺されるより恐怖だったのよ


693 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:33:25 ID:3WYFkqPs0
>>688
まだやるの?
人類学としての源流をもってくるんだったら、普通は機能主義の流れのマリノフスキーや
ラドクリフ=ブラウンに言及するだろうね。

それと、一点。
>レヴィ=ストロースに批判されたりしてるもの。
構造主義の大親玉が批判したら構造主義の源流認定って、ちょっと変だろ?とか思わないの?


694 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:33:43 ID:E2ZycJaP0
>>593
いじめも日本人特有とよく言われるが、イギリスやアメリカ、カナダなどで大問題となって国ぐるみで対策に乗り出している。
「背が小さい」「有色人種だ」
こんな理由で簡単にいじめられる。誰かがいじめられているのを見たことがあるかと子どもたちにアンケートを採ると、
たいてい見たことがあるとこたえる。そしてどんなに学校が本気で対策を練って実際に取り組んでも、
再び子どもたちにアンケートを採ると、「いじめは絶対になくならないと思う」とこたえていた。



695 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:33:47 ID:jLQCBlvP0
ヤコブソンとかいわれても知らんから調べてみたら
ヤコブソンランプとかヤコブソン神経痛がヒットして余計わけわからんくなった

696 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:35:34 ID:BJLxVzhK0
>>693
共同体>個人
の論ではあるでしょ。

697 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:36:25 ID:BJLxVzhK0
構造>機能
共同体>個人

698 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:36:31 ID:3WYFkqPs0
>>695
「ロマン・ヤコブソン」あるいは「ヤコブソン 音韻論」で検索

699 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:36:52 ID:Q1u41DZx0
そもそも戦争を反省している国ってどこだ?
ねぇだろそんなの

700 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:37:41 ID:3WYFkqPs0
>>696
その不等号はなにを意味してるんだい?
共同体の何と個人の何の大小を比較してるんだい?


701 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:40:37 ID:BJLxVzhK0
>>700
>>608
自分が最初につかったんじゃん。
なにを指してたの?

702 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:45:02 ID:8PyVXZGy0
イタリアと組んだ事は反省しないとな。
あと韓国に投資したこともな

703 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:45:15 ID:3WYFkqPs0
>>701
>>598にある
>家族、組織、共同体というのは昔は特に重要だった。中国では今も。
>アジア・中東では共同体のためなら命を投げ出す精神があると思うけどね。

を指して、君が「それは構造主義に批判されてるじゃん」とのたまわったのがそもそもの始まり。


704 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:48:35 ID:jLQCBlvP0
構造主義やらを検索すると言語の話ばかりでてくるんだが、この場合の
言語を文化とか国民性に置き換えていまここで引用されてるのか??
wikiで辿っていっても終わりがないからしんどい

705 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:50:53 ID:BJLxVzhK0
>>703
おおやっとわかった。
同じこといってるんだね。
反対意見だと思ってた。
勘違い勘違い。

706 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:51:13 ID:Ez1erxP4O
俺はこういう、自分もその構成員の一人でありながら
自分だけは別と勘違いをして構成員全員を否定する奴が大嫌いだ

707 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:51:17 ID:gmWld0ua0
>日本人は第2次世界大戦を反省していない

日本人とは具体的に誰のことを指すのか?
反省とは何をもって反省と受け止めるのか?
抽象的過ぎて中身がない。

708 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:52:20 ID:3WYFkqPs0
>>704
そうでしょ?
文化、とくに近代の文化を説明するのに、まともに構造主義の考え方を適用する例なんて
まずないんだよ。(消費社会論で記号論を使うくらいはあるが)
それをなんとか近代社会に適用するために発展的に変形させてたり援用した様々な立場が
ポストモダンとされてるくらいでさ。


709 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:52:35 ID:jLQCBlvP0
>>707
なんで「僕達」ではないんだろうね。日本人ってのが観念的すぎるとおもうけど

710 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:54:06 ID:BJLxVzhK0
>>708
あれ、でも再生産って概念は構造主義じゃないの?

711 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 02:57:46 ID:3WYFkqPs0
>>710
再生産は経済学、とくにマルクス主義において重要な概念だろ。



712 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:02:42 ID:w+BqGFGl0
これ以上の反省はどーすればいいんだ?ッて話だわ
なんだ、日本人という民族が全滅でもすれば良いのか?
いまいち意味が分からんのよ、何かあった時に「あの時日本が悪かった」から誤り続けろってか?
それは正常なのかね

713 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:03:46 ID:BJLxVzhK0
>>711
なるほど、アルチュセールで特徴づけられたのか。

714 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:05:33 ID:YKP32lwI0
いつから村上は日本人の代表になったんですか?

715 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:06:08 ID:EIORg9YuO
日本は反省していない。と言った方が世界で本が売れると判断したのか?

716 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:06:10 ID:vF4pshsy0
法則発動

717 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:06:42 ID:BJLxVzhK0
>>712
>>17

718 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:08:28 ID:l4HyxGUO0
エロ小説だけ書いてりゃいいのに

719 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:10:33 ID:w+BqGFGl0
>>717
いや、村上自身が反省するべき国や人々の所に行って態度で示せって事だわ
何が言いたいのか良く分からん、態度にも行動にも出さず言い捨てじゃんコイツは

720 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:11:16 ID:BJLxVzhK0
>>719
それは外的な反省じゃん。

721 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:13:58 ID:OfcZA38k0
俺は自虐史観を批判的に観れなかった
中高時代の自分が恥ずかしい

722 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:14:07 ID:BJLxVzhK0
内的な反省ってドイツ観念論のreflexionで説明すると分かりやすいかな。

(2)〔哲・心〕〔reflexion〕注意・感覚・思考など、意識の作用を自分の内面、
自己自身に向けること。何らかの目的や基準に照らしつつ行われる判断であり、
普遍原理の窮極的把握そのものとは区別されることが多い。
ヘーゲルがカント・フィヒテなどの哲学を、現実の具体性にいまだ媒介されていない
抽象的な内省、理性に至らぬ悟性的思惟による反省哲学と呼んだのはその意味による。

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=jn&MT=%C8%BF%BE%CA

って逆に難しいか。

723 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:15:37 ID:thpugcYXO
まぁまた国民を縛り付けようとしている所は全く歴史から学んでないな

724 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:16:31 ID:BJLxVzhK0
>>723
むしろ、国民を縛り付けている暴力装置を
自覚しろってことだから、逆じゃないの?

725 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:18:22 ID:YKP32lwI0
>混乱する現代人を救済する

何様ですか?

726 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:18:55 ID:7raShHfN0
まぁ事実だよな。

727 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:20:34 ID:x5zS2kGk0
どうすれば反省になるんだ?
と言うか、なにをもって反省していないと考えたんだ?

728 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:23:45 ID:w+BqGFGl0
>>720
自分の主張を示すんだからとにかく行動して欲しいのよ
立派な事だけなら2chにも沢山居るじゃん
こいつの行動を見て感動して反省したがる学生とか人間がいるかもしれんだろ

729 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:23:58 ID:jLQCBlvP0
まだ生き残ってる戦争体験者のところに周っていえばいいのに。ボロボロの
ジジィに「反省しろ」って。まずは一番反省すべき人たちに変わって
もらわないと。我々戦争を知らない世代にとって反省の仕方の指針になってもらわ
わにゃ

730 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:28:08 ID:BJLxVzhK0
>>728
>>729
空気のような暴力装置が発生してしまって
具体的に責任を引き受ける人がいないから問題なのに?

731 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:29:03 ID:3WYFkqPs0
反省とは別に謝罪しろって意味じゃなくて、「とことんまでよ〜く考える」ってことでしょ。
日本人が特に戦争への反省が足りないかというは微妙だか、
反省すべき点なんかねーよ、という反論もまた極端。

732 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:29:34 ID:iY0HuOCe0
日清日露は反省したのか?
本当に団塊のカスは、ぬくぬくと馬鹿ばっかり。

733 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:29:37 ID:E2ZycJaP0
>>699
日本は国・民族として反省してますよ。これは全体としてと言う意味。主権の発動として戦争はしてはいけないと
確かに考えていると思う。こんな国は稀だけどな。世界大戦を起こしたことも反省しているよ。
だからもう日本が第3次世界大戦を犯すことはないと思っている。

まじめに働いた方がマシ。戦争するよりビジネスに力を入れたほうがいいと考えるのが日本人だよ。
また同じ過ちを繰り返す危険性が高いって言われるが、当時とは全然違う。これだけ情報が発達しているのに
あのような状況が生まれるとは考えにくい。

それでも、平和主義者の方々が心配するのは理解しなければならない。ネットウヨの発言を聞いていると
大量虐殺をしてもおかしくないと心配になってくるのだろう。私は、ああいうのは日常の不満の鬱憤を晴らしている
だけで、当時の軍国主義とは性質が違うので、彼らの存在を持って日本は軍国主義化しているというのは間違いだと思う。

悪口を言い合ってるだけだ。こういう光景も万国共通だ。むしろ、日本特殊論を唱えている人のほうが危険な考え方かもよ?
日本人大虐殺につながるような考え方だ。ユダヤ人を殺したような思想に似ている。優性、劣性思想だよ。
民族なんてものはみんな同じようなもんだと考えるほうが健全。思想(宗教)や欲(金銭、メンツ)こそが危険なんだよ。

BJLxVzhK0は内的反省というが、この人自身、悪いのはウヨで自分ではないと考えていそう。
どのレベルで反省すべきだと考えているのだろう。たとえば、普通の韓国人はベトナムでの犯罪をどのように
反省すべきなのよ?欧米人の黒人に対する反省ぶりはどのレベルなの?BJLxVzhK0は本当に君自身が反省しているのかな?
何か、人のせいにしてそうなんだけどな。人ごとに聞こえるのは気のせいなのか・・。
でも、仮にBJLxVzhK0が個人の責任として反省していたとしても、外国人が総じて同様に反省しているとは思わないけどね。

734 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:29:47 ID:w+BqGFGl0
>>730
だから、それをどーすんだよって話だろうが
提言したり安全なところでボヤいてみせたりするだけなのかと

735 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:30:51 ID:iY0HuOCe0
戦争を飯のタネにする団塊の戦争ゴロ市ね

736 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:32:35 ID:LGXDxDUiO
反省ってか戦争はお互いが正しいと思ってるもんだし、
今の世代は反省より前進すべきだし、
国際的な賠償は終わってるし



何が言いたいんだ? この作家は

737 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:32:40 ID:BJLxVzhK0
>>734
作品で提示してるじゃん。

738 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:33:23 ID:w+BqGFGl0
立派な職業だよ、いつまでもいつまでも反省反省鸚鵡返ししてれば良いんだから
言っておけば相手国や共感者から金が落ちるからな

739 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:34:35 ID:3WYFkqPs0
>>736
あんたみたいなのが増えるのは困りもんだと言っている。


740 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:34:58 ID:jLQCBlvP0
>>730
ワイドショーでも日常的に実体のない事件の責任を
わかり易く代表者に押し付けて槍玉にあげてるじゃない
いちいち社会のシステムがどうこうとか語ってるのみたことないし
反省って、嘘でもそうやって具体的なものを象徴的に潰さないと
無理なんじゃないの? 

741 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:35:21 ID:w+BqGFGl0
>>737
じゃあ作品の中で言い続ければ良いじゃん
経典みたいな小説の中で

742 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:35:59 ID:YKP32lwI0
村上春樹 実に胡散臭い人間であると言わざるを得ない

743 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:36:14 ID:BJLxVzhK0
>>733
人ごとだったら、このスレに書き込んで
あれこれ考えたり、発言してないわけだけれど。

そもそも、情報が発達しているのにじゃなくて
情報があってもなくても、空気によって意思決定がされるっていう話。
大体自分はどちらかというと右翼的な立場の人間の意見ばっか引用してるのに
悪いのはウヨで自分ではないってどういうことよw

744 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:37:18 ID:E4ctTTclO
捕虜殺害?。まいっか。。

一番反省してないのが村上世代なんじゃないの?。暴力多いし(犯罪率)。
自分より下の世代に反省しろとでも?上の世代を闇に葬って
って感じ。

745 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:37:52 ID:BJLxVzhK0
だから、世代的責任だって村上春樹は言ってるじゃん。
ほんと、過去ログよめってw

746 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:38:49 ID:BJLxVzhK0
なんで何べんも何べんも同じこと繰り返して説明しなきゃならないんだよ
ろくに対話もできないし。

747 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:39:07 ID:Ha3mYoqG0
戦争経験者はどういう反省したんだろうな。
戦争してない世代が反省ってのもおかしな話だと思うんだがな。

748 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:40:50 ID:3WYFkqPs0
>>745
芸スポスレでテンプレリンク以外の過去スレ嫁は酷だろw
ところで、村上が特に世代を指定して話してるのって、ソースあるの?


749 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:41:36 ID:BJLxVzhK0
>>748

>>17
>>21

750 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:48:32 ID:3WYFkqPs0
>>749
>われわれの世代的な問題というのも、そこに帰属するのではなかと思います。

ここは、所謂全共闘世代が抱えた問題と関連するんだよ、といってる訳で、
世代的責任なんて考えじゃないと思うぞ。
どの世代が特に責任を持って反省すべしなんていう文脈ではないだろ。


751 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:48:57 ID:E2ZycJaP0
>>17
これは、一般の当時の日本人は戦争を悪と考えておらず、日本の軍人が大虐殺を行っていたと想定していなかったからだ。
普通に戦争をして、多くの犠牲者を出してしまったということだよ。
戦争というのは軍人同士で戦うものだから、共に被害がある悲劇な出来事という認識だと思う。
だから加害者意識が少ない。

2つに分けて考えられる。戦争で人を殺すことと、虐殺することだ。
前者に対しての罪の意識は誰もが薄い。後者については、想定していないのだよ。

752 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:51:57 ID:YKP32lwI0
まぁ、戦略・戦術の反省は必要だとは思う
戦うからには勝たねばならぬ

753 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:52:18 ID:3WYFkqPs0
>>751
それはどうかな?
「戦争は軍人同士のもの」なんて甘っちょろい考え、空襲を受けて大被害を被っている
国の国民が抱くと思う?


754 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:52:53 ID:BJLxVzhK0
>>750
だから、村上春樹は反省すべしなんて
上からいってないし。

> そのことに対する日本人の本当
> の自責の念というのは、まだ出来ていないと思うんです

755 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:53:58 ID:WAa8IyCz0
これはあまりにも正論すぎるなw
まあ、まともな大学にいる奴なら分かり切ったことだが
どんどん学歴の高い(まともな)連中と、右傾化したネットのゴミの
二極化が進行していってるよ、日本は。


756 :☆チベット人130万人以上大虐殺大拷問っ!!!☆:2008/04/12(土) 03:55:18 ID:Qd3An6AV0

中国は今までにチベット人★130万以上★人レイプ拷問虐殺された
東トルキスタン人を合わせると300万人以上レイプ拷問虐殺された

中国軍の 集団レイプ拷問 後解放された女性。目がイッてる。
(チベット人女性)

http://upload35.com/register/files/83/78.jpg
http://upload35.com/register/files/83/92.jpg
http://upload35.com/register/files/83/81.jpg

仮に not image になってても見れますので
(注意)→何回かクリックしてみてくださいね

http://zoome.jp/799998/diary/15/
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/male/1207390699/

中国のレイプ拷問虐殺動画たくさんっ!!!
全部本物です←↑★命かけて本物★ですっ!

757 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:55:24 ID:E2ZycJaP0
>>753
単純に、敵の軍人をやっつけろぐらいの感覚じゃない?

758 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:55:27 ID:BJLxVzhK0
>>755
村上春樹が批判してるのは、オウムのような学歴の高い連中が、
エリート軍人のような人間がなぜ
そういった暴力装置によって意思決定がなされてしまうのかって話なわけだけれど

759 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:57:04 ID:3WYFkqPs0
>>754
君、がんばって論陣張ってる割には、言葉(ターム)遣いが荒いし、ぶれてるし、
変なとこから頓珍漢な引用してくるもんで、いらつくんだよね。
もうちょっと慎重・細心にやってくれない?


760 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:57:11 ID:YKP32lwI0
日本人を一括りにして悦に入ってるところが胡散臭いんだよ
様々な人間がいるわけだから実際

761 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:57:51 ID:vS2npgvw0
この人って単なるアメリカかぶれのアメリカコピー人間かと思ってたが
反日なら何でもいいの?

やっぱりブサイクの世間に対する恨みなのかな。

762 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:58:47 ID:WAa8IyCz0
あと、別の畑の人間が言うのも何だが
社会学って緩い学問だよなw


763 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 03:59:34 ID:BJLxVzhK0
>>759
だるい

764 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:01:50 ID:3WYFkqPs0
>>763
このくらいで「だるい」とか言う人間が、他人に戦争責任論説くのか?
やめてくれよ。


765 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:03:46 ID:BJLxVzhK0
>>764
このくらいって。今4時だぜ朝の・・・
しかも俺昨日の11時からいるのに・・・

766 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:04:42 ID:pInQUy9T0

反省なんて必要ない!
戦争したくて始めた戦争じゃない!
日本人が戦争したからアジアは欧米の植民地にならなかったんだ!
それだけでも戦争した価値があった

767 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:06:31 ID:3WYFkqPs0
>>765
そんなに異常に張り付いてもいいこと何もないぞ。
ネットから離れて図書館にでも篭ったほうがはるかに有益。


768 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:06:47 ID:vF4pshsy0
チョンだろ?

わりと世界的に読まれてるからチョン認定するわけでないけど、

769 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:07:25 ID:tiVVq+zp0
>>1
朝鮮もBC級戦犯を輩出してるよな。

770 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:08:14 ID:E2ZycJaP0
普通の日本人は、シンガポールなどで残虐なことをしていたとは知らず、
お国のために敵と戦っていたと思っている。

これは韓国やアメリカでも同じ。自分たちは正義だと思っている。
当然、戦時中の悪事について知らされていない。

日本がドイツのように反省できないのは、アメリカやイギリスなどと同じ。
民族虐殺を目的としたものがなかったから。侵略戦争自体については日本より反省している国は稀。
植民地主義もずっと肯定されていた。

日本人が侵略戦争について全く反省していないとも思わない。している人も多いだろう。
ドイツ以外の外国人より反省していないとは思わない。

つまり、侵略戦争については反省している人もいるがいない人も多いのが人類であり、
捕虜等の虐殺については、ドイツ以外の諸外国と同様の理由と考えられる。アメリカ人なんか日本より反省していない。
レベルが違うというかもしれないが、韓国人や中国人、ロシア人もすごーーーく反省しているなんて聞いたことがない。

自分たちの責任のことだと思ったら、当時の日本人の世代責任とすれば尚更。この当時の世代の人間でドイツ以外に
どれほど反省をしていたんだよ。

771 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:09:56 ID:CzmDlS7E0
俺は日本の近代史を勉強し、ちゃんと反省した。

もし、万一、日本が戦争に巻き込まれたときは絶対に勝たないといけない、と。

772 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:10:17 ID:BJLxVzhK0
>>767
電子テキストのほうがいい。
本重い。

773 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:11:06 ID:pInQUy9T0
日本人はもうこれ以上戦争したことに対して反省する必要なんてない。

イギリスは国を挙げて中国をドラッグ付けにしたし=アヘン戦争
アメリカは国を挙げてアフリカ人を拉致=奴隷制度

そんな時代だったんだ。

この期に及んで日本人が戦争したことに対して反省することがあるとすれば
負けたことだけだ

774 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:14:41 ID:3WYFkqPs0
>>773
>そんな時代だったんだ。

約100年の差がありますがな


775 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:16:23 ID:pInQUy9T0
>>774
だから?
いまだに少女のように反省する必要があると?

776 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:17:33 ID:/xGjM/Os0
日出づる国の工場で物作り日本マンセーしてたのに、いつのまにか脳味噌やられちゃったんだな。

777 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:19:38 ID:3WYFkqPs0
>>775
「時代」とか言ってる割には歴史感覚ないのね


778 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:19:49 ID:Ha3mYoqG0
戦争を反省する暇があるのなら、今この時を満喫せよ。

779 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:21:18 ID:zDAgAjrq0
反省すべき問題は反省し
謝罪すべき問題は謝罪するべきだが
妄言、虚言入り混じる確かといえないことに対して謝罪する必要なし

780 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:21:51 ID:pInQUy9T0
>>777
粘着禁止

意見でコメントしてくれ

781 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:24:43 ID:3WYFkqPs0
>>780
いや、だって、阿片貿易でいちゃもんつけてアヘン戦争起こしたり、
アメリカで露骨に奴隷使役して綿花裁判してた時代じゃないんだから。
「そんな時代」じゃないのに、そんな時代のつもりでいたあんたのような人間が
一番反省すべきだったりしてw


782 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:25:03 ID:9Sqef5CC0
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ
村上春樹( ´,_ゝ`)プッ

783 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:26:31 ID:pInQUy9T0
>>781
その流れの最終点が第二次世界大戦だろ?
お前は何が言いたいんだ?

784 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:28:28 ID:DF0kj1090
俺は第一次世界大戦を反省して生きているんだぜ

凄いだろ

785 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:28:50 ID:3WYFkqPs0
>>783
帝国主義の延長としての戦争は一次大戦でクライマックス。
二次大戦はそういう戦争じゃない。 大常識。


786 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:29:44 ID:aXXEgiVB0
正直、そんなに凄い作家だとは思わない・・・
でも売れるんだよなー

787 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:31:18 ID:X3pUnwxZ0
嫉妬と悪意ばかり

788 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:33:42 ID:BJLxVzhK0
だから村上春樹が戦ってるのは、歴史じゃないんだって、
あいまいさ。戦後憲法にしろ自衛隊にしろ
戦争に突入した空気にしろ。
その偽善性、あいまいさに対して自責の念が出来てないってことなの。

789 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:36:25 ID:/xGjM/Os0
ヨーロッパでちょっとちやほやされたからって媚びてんじゃねえよ
ポーランドやらチェコ辺りの学者にお世辞いわれてヘラヘラしてんじゃねえよ売国奴が

790 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:37:37 ID:BJLxVzhK0
> 自衛隊は軍隊ですよね。それが現実にそこに存在するのに、
> 平和憲法でわれわれは戦争放棄をしているから兵隊は送れないんだと、
> これはまったくの自己矛盾で、そんなのどう転んだって説明できないですよ。
> そこからいろんなことがだんだんぼくのなかでグシャグシャになっていくんですよ。
> そうすると、ぼくらの世代が六〇年代の末に闘った大儀
> 英語でいうと「コーズ」は、いったいなんだったのか、
> それは結局のところは内なる偽善性を追求するだけのことではなかったのか、

> でも、ぼくは思うのですが、近代の日本を
> 戦争に導いたものというのも、結局、そういうずるさ、
> あいまいさではないですか。

『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』 p58

791 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:39:10 ID:E5QXEEzj0
日本人は世界中から嫌われてるよね(^^;)日本人は強がってるけども(^^;)そろそろ素直になろうよ(^^;)

792 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:39:51 ID:/xGjM/Os0
>>790
>>791
キムチくせえぞ死ね

793 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:40:53 ID:WAa8IyCz0
>>790
大江と大して変わらん主張だな。


794 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:41:17 ID:7q9SZKZA0
爆笑問題の太田が言ってたけど、戦争ってのは、上部にいるインテリたちが
どんなに崇高な理想を描いていても、実際に戦争をするのは兵士。
その兵士達に、その崇高な理想なんてものはあんまり関係ないんだよな。
よくわかってないから、現場では残酷な行いをやってしまう。
それが戦争の悪いところ。一つ反省点。
まぁ、考えてみれば当たり前のことやね。

795 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:42:53 ID:7tdItt/qO
独裁主義の崩壊してる国にミサイル向けられ近隣アジア先進国も政治的問題解決してなくてしまいにはオーストラリアにも
日本やばくね?w

796 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:44:03 ID:8GVDMBpf0
最近、こんだけ自虐的なやつが多いと
反省なんかする必要が無いと思うようになった。

797 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:44:10 ID:9Sqef5CC0



所詮は私大出身www



798 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:44:49 ID:E2ZycJaP0
>>773
そうは思わない。人類は反省すべき。日本が起こした侵略戦争について悪かったとこたえる人は当時の世代の人でも結構いると思うよ。
加害者意識がないということはない。ほとんどの人は、侵略戦争をしてはいけないし、間違いだったと考えているんじゃないかな。
相手国の人の気持ちを考えれば、「反省する必要がない」なんてとても言えない。
なぜ、悪いのか?それは、人を殺したり、迷惑をかけたらいけないからだ。少女とかそういうレベルではない。
人として、よくないんだよ。正当防衛は除く。

しかし、人類の歴史はどの国も黒いページがあり、通常は国家間の謝罪と賠償で解決してきており、
反省まで要求され出したのは最近だろう。だから当時の世代は謝罪と賠償で一応の解決はしたと思いつつ、
あとは土下座を繰り返していたんじゃないか。ドイツのようにできなかったのはユダヤ人虐殺のようなものがなかったから。
南京虐殺も計画的なのではなく、食糧不足などの理由。

当時の世代は謝罪と賠償で一応の解決はしたと思ったのではないか。加害者としての責任は謝罪と賠償がメイン。
反省というとわかりづらいので罪悪感と置き換えると、当時の世代は戦争自体については今ほど悪と思っておらず、
虐殺とか行った当人以外は罪悪感がないのが常だよ。

>その偽善性、あいまいさに対して自責の念が出来てないってことなの。

偽善と自責の念が出来てないのは万国共通。あいまいさは政治上の問題。本来はドイツのように復活しても問題ないのだから
ここを問題視するのは疑問。自責の念が最大の問題だと思うが、当事者としての罪悪感が欠けるだろうが、戦争に対しては
反省してるんだよ。ウヨを除いて。そして、もはやウヨに扇動されて軍国主義に走ることはないと言ってるのよ。
南京の件とかは、真実がはっきりすれば反省するだろう。ウヨを除いて。でも擁護すると、揉めてるのは捏造の部分だがね。

799 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:45:16 ID:Hv0nxsEZ0
村上春樹を何冊か読んでいれば、この中央日報の記事は相当バイアスがかかっているんだろうなと分かると思う。
村上春樹は最近の先進国の基準でいえばギリギリでリベラル、日本のサヨの基準では右翼といって差し支えないくらいだぞ。
まあ本人はそういう定義付けを嫌うだろうけど。

800 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:47:45 ID:hR/iWZ920
中韓は第二次世界大戦を政治利用して、他国家に何かと有れば金銭恐喝と
終わりのない謝罪を要求し続けている。

801 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:50:21 ID:jbRoah6C0
私は中国で財布をスラれたことがあって、
個人的にはチャラになっているつもりでいるんですけどw
村上さん自身は謝罪を済ませているのでしょうか?
この『反省していない日本人』というのは、具体的には誰のこと?
戦争や人殺しは絶対にしちゃダメって言う話ならば、
それは人類全体が抱えている問題だと思うんですが。
言葉を商売にしている人の発言にしては、
かなり大雑把で無責任な発言に感じます。


802 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:50:38 ID:pInQUy9T0
>>788
どういう自責の念ができてないってこと?

戦後憲法にしろ自衛隊にしろ 完璧とはいわないが、微妙な曖昧さでうまく機能してきたと思うよ。(現在まで)

もし、自衛隊すら認めないというのなら、それは国家として存続不可能なのは
チベットの例を見ても明らかじゃないか?

また、軍隊を認めるとしたらどうだろう?
戦後4,50年で工業技術で世界のトップに躍り出るような素質を持った国が、
積極的に軍事開発、核の保持をするというのは隣国にとってあまりにも脅威だし、
「二度と戦争はしない」と誓った日本人にとってもいいことじゃないと思う

自責の念ができていないというなら、どんな自責の念が必要なのか?
また、あいまいがよくないというのなら、どんな憲法が必要だといいたい?

子の手の発言者は常に過去の責任を追及し、
日本人に負のコンプレックスを植えつけることだけが目的として発言してるようにしか思えない。


803 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 04:53:11 ID:GrAHwjA50
>>193
だね、そこが2ちゃんねらがネット右翼と呼ばれる所以。

804 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:01:11 ID:E5QXEEzj0
日本人は反省してないどこか開き直って何が悪いのとか関係ないじゃん言ってるし(笑)ほんまどんだけ自己中なんだよ日本(^^;)韓国まぢ可哀想(^^;)

805 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:04:08 ID:M40gBSBf0
>>793
「平和憲法は欺瞞」っていうのは、むしろ右派からよく聞かれる言葉だと思うが。

806 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:06:44 ID:pInQUy9T0
>>804
開き直ってるんじゃないよ
いまさらそんなことをうだうだ言ってる暇があったら
チベット問題など現代の問題に目を向けるべきで

いまさらうだうだいってる奴は、変な政治思考を持った奴としか思えないから
き も ち が わ る い と言ってるんだ。


807 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:07:12 ID:jTe+uzAv0
どうせ、後100年もしたら、コロッと忘れられるんだろうなあ。
第2次大戦も。

808 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:09:02 ID:tiVVq+zp0
福沢諭吉 「脱亜論」(明治18年)

 日本の不幸は支那と朝鮮だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける支那・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。

809 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:12:39 ID:M40gBSBf0
リー・クアンユーという人は、統治時代に日本軍の通訳も務めて、日本の軍人の友人もいる人だから、
単純に反日、という風にいうことが出来る人ではないと思う。
「イラク統治は、日本軍のシンガポール統治を参考にすべし」というような事まで言っている。

810 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:13:13 ID:ZD1IEhpL0
やれやれ、ネトウヨは気持ち悪いなと僕は思った。


811 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:13:25 ID:pInQUy9T0
福沢諭吉 「脱亜論」(明治18年)

 日本の不幸は支那と朝鮮だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。


情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りなら、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
過去に拘り続ける支那・朝鮮の精神は千年前と違わない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



812 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:13:42 ID:Ez1erxP4O
>>790
つまりそれを端折った村上が悪いって事だ
そんな、そいつが書いてること全て知ってる奴なんて
信者かマニアかオタクみたいな部類だけだろ、な?

813 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:15:50 ID:v9+Xqzo40
ネタもとがネタもとだしな…
ソース見たけど「世の方向性を提示する」みたいなこと村上春樹は言うかなあ?


814 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:15:52 ID:Hv0nxsEZ0
>>812
つまり、お前が中央日報に釣られたんだろw

815 : :2008/04/12(土) 05:16:00 ID:0An8r/200
バカは句読点を打つ習慣も無いほど日本語を知らない。

816 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:16:16 ID:7q9SZKZA0
>>808
正直言えば、こんなふうに思ってる日本人達が、韓国や中国と上手く付き合える
わけがないって気がするな。こんな状態で韓国と統一しようとしたんだから、
しこりが残って当然だわ。

817 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:19:25 ID:7q9SZKZA0
「脱亜論」みたいな傲慢な事を書いた福沢諭吉が、
今現在、一万円札なんだぜ?反省してるかって言われれば
してないだろw 日本人わ。

818 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:20:36 ID:pInQUy9T0
>>816
付き合いたくないんじゃないよ。
過去にいろいろ試した結果、これらの国にはかかわらないほうが賢い選択だと
明治18年の時点ですでに日本人のTOPの一部が判断したって事。

819 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:20:59 ID:GrAHwjA50
>>817
反省したから1万円札にして称賛してるんでしょ。


820 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:21:41 ID:Ez1erxP4O
>>814
^^;

821 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:22:38 ID:7q9SZKZA0
>>818
そう言いながら、なんで韓国と併合しようとしたのよ?
めちゃくちゃ関ってるじゃん。

822 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:22:41 ID:v9+Xqzo40
>>817
傲慢?
絶望の果ての決意だろ。
福沢自身、朝鮮近代化を目指して暗殺された
金王均と関わり深かったんじゃなかったっけ?


823 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:23:30 ID:pInQUy9T0
>>817

傲慢じゃなくて事実なんだよ。現実を見ろ

824 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:24:16 ID:M40gBSBf0
>>816
朝鮮併合したからこそ、日本が大国として評価されて、不平等条約も世界から解除してもらえたんだろ。
脱アは、日本の発展には欠かせなかったんだよ。中国や朝鮮なんかと一緒にされてしまったら、
世界の孤児になってしまうという危機感はリアルに分かる。
この感覚こそが日本の発展の原動力。

825 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:24:24 ID:pInQUy9T0
俺が政治家じゃないんだからしょうがないじゃないかw

826 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:25:31 ID:pInQUy9T0
>>825
>>821 へのレス

827 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:26:17 ID:7q9SZKZA0
>>823
いや、だからそういうふうに思ってるって事自体が、
韓国や中国にとっては癪に障るんじゃないの?
って話よ。完全に下に見てるわけだからさー。

828 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:29:39 ID:3WYFkqPs0
>>811
情報がこれほど早く行き来する時代にあって、二次大戦時を
アヘン戦争や南北戦争時と同時代と認識するお前さんはどうなんだい?w


829 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:30:06 ID:pInQUy9T0
>>827
そんなのしょうがないだろ。
お前だってクラスにいるだろ?コイツ馬鹿だから話しても無駄って奴

830 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:31:10 ID:ZD1IEhpL0
やれやれ、おまえさんなんて言葉遣いをする人間は間違いなく30代後半以上だ

831 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:31:13 ID:pInQUy9T0
>>828

レスよめ お前はとことん情報弱者だなw

832 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:32:05 ID:aXXEgiVB0
>>827
韓国、中国も日本のことを下に見てるよ。

833 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:33:24 ID:pInQUy9T0
>>830

このレスのように馬鹿とかかわるとどんどん本質からづれてレスを無駄に汚します
韓国や、中国もこれらの人間とおなじです

834 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:33:47 ID:lWzgNq2i0
「日本人は」ってひとくくりにせんでくれるかな。

835 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:34:37 ID:Hv0nxsEZ0
>>832
その根拠が日本人にはさっぱり理解できないで、中華文化圏の
人間にはハッキリ理解できている事が問題なんだろうね。

836 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:37:17 ID:7q9SZKZA0
>>832
だから日本も下に見てるし、韓国、中国も下に見てるし、結局お互い様。
しかし、先の戦争の場合、併合しようとしたのは日本なわけでね。
郷に入れば郷に従え。中華思想があるなら、日本は韓国に向かって
「兄さん、お願いだから併合させて。じゃないとやばいんだよ。お願いです」
っていう態度で望むべきだったのでわ?

837 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:37:33 ID:3WYFkqPs0
>>831
ところで、あんたは、脱亜論の原文読んだことあるの?
さかんにコピペしてるのは原文じゃないってしってるよな?
「情報」なんて言葉はでてこないぞ。


838 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:37:35 ID:ZD1IEhpL0
やれやれ、なんか変な人に絡まれたと僕は思った。

839 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:38:35 ID:pInQUy9T0
やれやれ。

840 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:43:03 ID:BChF/SBt0
反省していないのではなく、反省したのだけど、
昔のことなので、もう忘れてしまった、あるいは、
生まれてなかったので知らない、というのが日本人の大多数だろう。

あったじゃん。戦争を知らずに、ぼくらは生まれた、っていう歌が。
もう古いことを、むしかえしてネタにするのは、やめてくれよな。
本が売れんからといって、村上春樹、君も忘れられていく作家なんだな。

841 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:43:30 ID:BJLxVzhK0
結局、みんな客観化する視点がないんだよね。
自分が真理だと思ってる。

842 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:44:54 ID:8fuFICrO0
韓国はベトナムに謝罪すべき
支邦はチベット、ウイグルに謝罪すべき

843 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:44:58 ID:aXXEgiVB0
どの国もやった事は忘れるけど、やられた事は忘れないんだよ

844 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:46:08 ID:3WYFkqPs0
福沢の脱亜論、全文をちゃんと原文で読みな。
これを今掲げて中韓を叩く材料するのは間違ってるって分かるから。
簡単に言えば、中韓もいわば「入欧」した現在、明治18年の福沢の脱亜論は無効なんだよ。


845 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:47:26 ID:BJLxVzhK0
>>802
わからないね、自分はそういう自責の念を覚えるような世代じゃないし
どういう自責の念がって答えを押し付けると、それはすでに自責の念じゃなくなるし。

846 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:48:18 ID:Hv0nxsEZ0
>>838
春樹だったら違うだろ。せいぜい
「やれやれ、おかしな事に巻き込まれているのかな」と僕は思った。
そんな事に僕は巻き込まれたくなんか無かったのだ。しかし2ちゃんねるの
熱気は僕を否応なくその時代の本流の中に、(その時の僕にはそうとしか
思えなかったのだ)流し去って行ってしまったのだ…。

とかそんな感じじゃないか?いや、上記の文章も自殺もんで恥ずかしいけど。

847 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:48:28 ID:E2ZycJaP0
自責の念が感じられない最大の理由は、自分は戦争していないから。
当時の世代の自責の念は、ないということはない。国家や民族の責任として謝罪と賠償、戦犯の死刑、
戦後の土下座外交も受け入れている。やはり、韓国や中国、東南アジアに対して悪いことをしたと思っているから、
数々の譲歩と援助などをしたんだよ。

逆にフランスなんかは悪いと思っていないから独立するなら賠償せよと金を取る。欧米は侵略戦争ではないと言い張るからな。
悪いことをしたという思いがなければ譲歩も援助もしないよ。したということは、やはり加害者としての意識があったんだと思う。
これからの世代のことはわからんが、軍事的な野望を持つことは考えにくいよ。防衛的武装は除く。

848 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:51:26 ID:GrAHwjA50
芸スポなのにこんなスレがなぜ伸びる。

849 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:56:36 ID:BJLxVzhK0
常識的に考えて
空気嫁
現実的じゃないから
状況を考えて
韓国が嫌だから
中国様が
欧米では
フランスでは

850 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 05:59:54 ID:M40gBSBf0
村上春樹も、若いころからインターネットがある時代に生まれていたら、こんな考えにはならなかっただろうけどなあ。
90年代後半ぐらいまで、反日・侮日で来た人たちが2000年代になって急速に保守化したことを考えると、
単に時代の波に乗れてないで、97年ぐらいで止まってるだけなんじゃないかと思うよ。
そのくらいの時代だったら、まだ日本は左翼全盛で、事実上「保守」は存在せず、朝生なんかでも西部とかの右翼は悪魔扱いだった。
パラダイムが変わったのを理解してないんじゃないか。

851 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:03:55 ID:bqhhlvnjO
>>844
おまいとは気が合いそうだ

852 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:04:22 ID:YSiJ4PeT0
真面目に戦争を反省する気持ちに持ってくなら
アンネフランクの日記みたいなのを取材すれば。
若くして殺された人のこと。

853 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:09:14 ID:/2fD/+VP0
「第二次世界大戦」という大きな括りで反省するのでなく
ひとつひとつの出来事について総括すべき

854 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:15:46 ID:3WYFkqPs0
>>850
97年で左翼全盛って・・・・
89年の冷戦体制終焉から既に何年もたっていて、
従来の左派政党が完全に没落してるじゃないか。

855 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:17:35 ID:Vo83djxWO
春樹はん何してはるんですか

856 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:17:36 ID:ALlScgDpO
村上春樹のいつものキモイナルシスト全開の文体でこんなこと言われてもpgrしてしまうだけ。

857 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:22:10 ID:kPUY2p6I0
日本人が第二次世界大戦を反省していない、ってのは正論でしょ。

ただそれとどこかの卑しい国家が謝罪しろ謝罪しろと叫んでるのとは別問題だが。

858 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:22:35 ID:Vo83djxWO
春樹は新鮮なレタスを求めて中国を旅行中

859 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:24:52 ID:RGsknXHE0
反省してないっていうより、余りに過去のことをネタに強請るのが酷くてウンザリしてるってのが現実だろ。

村上春樹は幾ら日本が金出したか知らんだけだろ。

860 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:27:10 ID:M40gBSBf0
戦争に勝ったか、負けたか、で歴史観がまったく変わる。
そのようなことについて、真剣に向き合おうとしている事自体が根本的な間違い。

861 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:28:16 ID:uRf4ZzIaO
自分だけ反省してりゃいいだろ。
物書きが日本人のリーダーにでもなったつもりかよw
春巻きなんて学生かスイーツぐらいにしか影響与えることできないだろ。

862 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:29:30 ID:ZpdO/m1t0
歴史を勉強しよう。
明治大正と文民の議員達に多くの買収や汚職が横行し
昭和に入ると「選挙粛正」の流れに社会が傾き
議会の議員らには任せられないと言う事で軍部がドンドン肥大化し
欧米の圧略に対し短期の講和を目標に大戦へとなだれ込んだ。
当初は1年ほどの戦闘で巧く講和を取り付けるつもりが
戦争なんてものは始まれば歯止めが利かなくなる。

要はバランスが重要なのであるし、国の中心が文民だろうが軍部だろうが
右翼だろうが共産党だろうが、情報を公開しないのが一番やばい。
その点で今の中国共産党のあからさまな情報操作が恐ろしいと言うことなんだよな。

863 :;;;:2008/04/12(土) 06:32:56 ID:DdjamyMw0
これを見るまでファンだった
まあもう枯渇した元作家の末路だな

864 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:33:27 ID:QDX7EFfu0

だから何を反省しろと?

 財閥の過半と軍部継戦派が失策をおかしたのであって。。。

865 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:33:47 ID:sNBoJLHM0
なんかチョンの捏造ソースに踊らされてるバカが多いな
そりゃ右翼に「ネトウヨは余計なことするな」言われるわけだ

866 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:37:26 ID:ALlScgDpO
>>860
ハゲドウ。

867 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:43:14 ID:26OT+KNA0
そのうち聖徳太子が隋の皇帝に宛てた
「日出ずる処の天子・・・」っていうお手紙も
失礼だ!反省すべきだ!とか言い出し可燃w

868 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:47:09 ID:8E6wy6fWO
才能の枯渇した作家がチョンに媚びて話題づくりかよ、つくづく堕ちたな

869 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:48:42 ID:1dte0wDv0
俺は戦争を推進も肯定もした覚えはねぇけどな。

こいつは現代に起きてる殺人事件とかで反省しまくって
全財産を賠償にあてるべきじゃないの。

870 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:48:52 ID:Vo83djxWO
春樹さんのあんまり悪く言うなよ

871 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:51:21 ID:XsloVFCi0
何でこういうこと言うやつって自分で反省しないの?

872 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:51:37 ID:geIgzE/O0
極から極へ一気に行きがちだということかな?

873 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:53:21 ID:n6zqutYd0
いつまで反省して謝罪して金を貢げば良いんだ????????
元寇のときの謝罪とかしてもらったことあるか???
もう50年以上たってるんだからいい加減良いだろう。
外交カード以外の何物でもないのに、
反省したがり屋の日本人が沢山いて話がややこしくなる。

874 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:55:14 ID:qRE6KNBq0
>世の中の話を素材として文を書くことこそ、混乱する現代人を救済する力を持っている
ここが嫌だなー
個性も自己主張もない主人公で、現実可非現実かわかんないような物語を展開していた頃の村上春樹は夢中で読んでたんだけど。

875 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 06:58:45 ID:XPuYip6C0
日本には墓を掘り起こして死者に
ムチを打つ習慣がありませんので
それから 仮に先祖が犯した罪を
子孫が償うなんて法律もありません


876 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:00:30 ID:15CnoHGA0
いいか!? 世の中で一番価値ある物は【学歴】これのみだ!!
一流・難関国立大卒にさえなれれば、社会から【堅い・真面目】と評価される
職業につけるのだ・・
東京の一等地に大豪邸を立てたり、高級外車を所有したり、若くてカワイイ美人な
女たち何人もと関係をもったりする人生は、低俗なイケメンや私大卒商売人にやらせとけ。

オンボロ官舎に住んでたり、質素な生活でも。研究一筋で年収は低くても。
高学歴で【堅い、品のある】職業を勤め上げる人生のほうが明らかに金持ちよりも
勝ってるだろが!!

学歴 > 金・顔はガチ  市場原理主義の世界では負けるが、高学歴は金よりも社会的地位
を得ることができるのだ。。


877 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:02:07 ID:COjXpb9KO
ポストモダンの時代にこの発言はいただけないな

878 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:02:35 ID:geIgzE/O0
なんかスレと>>1の内容がいまいちかみあってない気がするんだが なぜなのかしら

879 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:06:44 ID:2A10p+950
日本が・・とか言い出したら末期だな

880 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:08:10 ID:YSiJ4PeT0
主人公がそれほど苦労してないのに やれやれ とかいう
貴族っぽいファンタジーも面白かったけど
そういえば今の時代には合わないかも

881 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:13:00 ID:DYOKETF10
団塊を相手にしちゃダメだと思う
情報統制で洗脳された人達なんだから、ある意味被害者

882 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:14:53 ID:1liGjTg80
残念ながら、この類の人々は、具体的にどの事柄に対してどの様に反省すればいいのかを、
まったく示さず、徒に抽象化・観念化させることにより永遠に罪悪感を人々に植え付け、
人々を非人道的な命令を拒否できない様な存在に変造させてしまう。
まさに、この村上が用いている論理こそキリスト教からいわゆる左翼に引き継がれている恐るべき暴力装置だ。

883 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:15:31 ID:j0CbDODq0
> 堅実な人が一瞬、残忍に突然変わる現象は、どこでもあり得るが日本人には特に強いと
> いうのだ。

比較対象も書かずに勝手に結論付けしているのが、
いかにも、ない物を書いて食べている小説家という職業の人間らしい。
例=大江健三郎

過去を振り返って思いをはせている僕ってカッコいいみたいなポーズで、
自分のキャラを立たせている文化人モドキほど厄介なものはない。
またマスコミもこういうのが一番使いやすいので、すぐに持ち上げてしまう。
例=井筒和幸

884 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:17:28 ID:n6zqutYd0
やってもないことを反省なんて出来まへんがな。

885 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:17:35 ID:2P0dRWffO
>>799
おれもそう思うな
韓国で人気のある作家だから、国民に受けるように適当に書いてるんだろう
本心がどうであれ、ややこしいことに関してこんなにはっきりと意見を言うようなタイプではない
だから韓国に関わるのは嫌なんだよ
と嫌韓ではないけど思ってしまうね
本当に七面倒くさい国

886 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:27:19 ID:9OKvlhL80
>>874
村上春樹は海外生活が長く、湾岸、アフガン、イラクと事が起こるたびに日本としての対応を
普段親交のある向こうの有名作家やら編集者やら大学教授やらのインテリ連中に求められ
日本人としての意見をもたざるを得なかったみたいなことをエッセイだかメールで書いてた


887 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:29:05 ID:NhX8dpwo0
庶民向け劣化ジョン・アービングじゃノーベル賞は無理。

888 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 07:36:26 ID:geIgzE/O0
空気嫁のことか?

889 :874:2008/04/12(土) 07:48:40 ID:qRE6KNBq0
>>886
アメリカで講師をやった時のことを書いたエッセイかなんかだったと思う。
個人的な意見を持つようになって、それをメディアやエッセイに書いてもなんとも思わないけど、
混乱する現代人を救済するなんてことを考えながら、小説を書いて欲しくないなーって思うだけ・・・
(他の部分には特に思うことはないです。)

890 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 08:03:43 ID:7q9SZKZA0
日本に反省点があるとすれば、あれだよ。クールじゃなかった。
なぜか、八紘一宇とかいって、めちゃめちゃテンションが上がってたんだよ。
そこらへんはやっぱ戦争しなれてない国だったんだよ。

それに比べて欧米はクールだった。彼らにとって、植民地政策も戦争も
単なるビジネスだったからだよ。お金のためだという割りきりがあったから
クールに事を運べたんじゃないかな。

問題なのは、今、日本が戦争をしたとして、クールでいられるかどうかだよ。

891 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 09:24:50 ID:rzEJOSOrO
個人的に言えば、村上春樹の作品自体は別に好きでも嫌いでもない。
でも村上春樹の作品が大好き、という女とはなぜか上手くいかない。
村上春樹好きの女はなんか根が暗くて、変になにかを抱えてる様な印象があるんだが…。

892 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 09:27:19 ID:5jgPVFPn0
村上春樹?
こんなやつ女しか読まねーだろ

893 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 09:31:28 ID:mrr7goh10
>>891
「自分は他の人とは違う」って思い込んでる女に多いよな、春樹信者。
村上春樹の小説って、作者のオナニーが入った独りよがりな文体が、生理的にキモすぎてだめだ。

894 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 09:33:26 ID:nlFho/nd0
反省しないといけないのは日露戦争後の日米交渉
賠償金とれない、朝日が煽る、日比谷焼き打ち、日米交渉難航、アメリカ反日

895 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 09:34:00 ID:nqx638s/0
俺は村上春樹の作品がすごい好きだけど知人にそのことを話すことは絶対にしない

896 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 09:35:42 ID:u2PMZuOX0
「日本人には、まだ戦争で犯したことに対して本当に反省する気持ちがない」ってのと、
リー・ クアンユー(李光耀)初代シンガポール首相のコラムの内容との
つながりロジックがようわからんね。
リー・クアンユーのコラムを素直を読むと、むしろ日本人は反省していると読めるが。

897 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 09:37:18 ID:eThcJy2+0
>>891
わかる。文系の読書好き女はそういうのが多いが、村上春樹オタの女は特にそう。
まったく関係ないけど俺的にはジブリアニメ好き女も苦手だ。
変に頑なで、宮崎駿雄の表面的なメッセージに洗脳されちゃってる印象がある。
もちろんジブリアニメ好きの女全部がそうというわけではないが。

898 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 09:39:56 ID:LX2P3zQAO
今どき村上春樹なんか読む奴はジジイとババアしかいねぇーよ

899 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 09:46:38 ID:QGtq37fq0
こういう文化人の発言でいつも腹立つのは、「日本人は・・・」
なんて言う事。
他人事みたいに言いやがって、自分は違うとでも言うつもりか。
おのれも日本人じゃ。

900 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 09:50:51 ID:MIwmq48B0
ぶっちゃけ戦後生まれとしては
何を反省すべきなのかわかってないな

50年も前の話をひきずってるのはどうかとって感じかな

901 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 10:01:52 ID:Uk3nLwPR0
してもいないことは反省のしようがない。
今、関が原の戦いを反省してるひとはいないのと同じ。

902 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 10:07:10 ID:ABKIbbub0
反日をアピールすれば、ノーベル文学賞がもらえるとでも思っているのだろう。
大江がそうじゃない。

903 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 10:07:12 ID:P/Y7PY500
>>1
最近出たペットサウンズの訳本が酷いんだよ。
なんとかしてよ。
ホントに当時から愛聴してたの?

904 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 10:07:59 ID:pVdYUP9r0
「反省」の意味がわかってないやつが多いな

戦争を後悔しろとか謝罪しろってことじゃないだろう
第2次世界大戦で露呈した日本人の悪にむかう内在的な性質が今日にも受け継がれている
それが地下鉄サリン事件などで再び見受けられた

戦争という文字だけで過剰に全く見当違いの反応してるやつはモルモットか?
ネットやりすぎて脳味噌が固まってしまったんだろうな

905 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 10:10:42 ID:Oz7DNBol0
交戦権の行使が国際社会でデフォルトだった時代に、数百万の兵力を抱えた国が
経済封鎖を受けて起きた戦争で、当事者の一方だけが反省すべき事じゃないだろ。


906 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 10:18:26 ID:IsgLWvLCO
老害の団塊の世代が絶滅すればあら不思議日本は確実に良くなる
年金の問題も一気に解決
今や団塊の世代は日本の癌

907 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 10:25:26 ID:a/XlAHrK0
韓国紙の権利的に怪しげな再構成でなく
共同の元インタビューってwebで読めるの?

908 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 10:32:19 ID:qRE6KNBq0
この場合、大局に流されやすいというか、その世界に入るとその方向性に偏るような、
そんな日本人の性質を、戦争とサリン事件を結んで反省という言い方になってんでしょ。
部活で、先輩に言われればなんでもやらなきゃいけないみたいな・・・
(ま、いくらなんでも人殺しはしないし、宗教団体になんか入らないし、って人は多いと思うけど。)

909 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 10:37:11 ID:gcnB8TiyO
人間失格
春琴抄
破戒
箱男
金閣寺



上のような比較的ライトなものから入れば読書好きになれるでしょう

910 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 11:58:50 ID:M40gBSBf0
>>904
「反省」じゃなくて「自責」だというのすら、お前はまだ読んでないのか??

911 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 12:12:43 ID:ALlScgDp0
>>1
正直、何が言いたいのかさっぱり分からん
ソース記事書いた奴の問題なのか?

> 堅実な人が一瞬、残忍に突然変わる現象は、どこでもあり得るが日本人には特に強いと
いうのだ。

まあね、日本人の民族性として同調意識が強いのは確かだと思うけどね
だから? って感じだな
アイヒマン実験とか知ってんのかな?

912 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 12:15:44 ID:+WPVAXK40
素人文化人類学に手を出して、易々と政治運動のお先棒担がされてるのが情けない
彼がIndividualistだと主張しようが、"日本人"が大戦を反省しているっていう政治的文脈に
一方的に組み込まれて報道・解釈されるのが分かってないんだろうか。

913 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 14:27:56 ID:dqZAirQi0
>>790
これは単純に回答できるな
違うよとw

914 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 14:32:25 ID:Og0xWokr0
春樹の本で読めるのはライ麦の翻訳しかないよ

915 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 14:38:39 ID:pLzsiTgG0
シンガポールの華僑ゲリラ相手の件を日本軍の残忍さの例ったって
華僑ゲリラ側の日本人居留民らに対する残忍な事例が先でそれへの反応なわけで
日本軍は残忍だっていうのはみんなこういうパターン
なんの原因もなく突如日本軍が残忍に暴れまわったという例を出して欲しい

916 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 14:43:22 ID:s3L0RLku0
まあ、鬼畜米英に謝罪するなんてのはどーでもいいんだよ。
奴らも同じことやってきて倭国だけはダメ!って感じで叩いてきたわけだし。
朝鮮半島も台湾も倭国の植民地だし、世は弱肉強食が当たり前の時代だったし、
やられる方が悪いわけだから仕方なし。中国や他の東南アジア地域も同じ。
むしろ欧米列強からの支配を終焉させたってことで感謝されているぐらいだし。
朝鮮なんて倭国が植民地にしてあげなかったら、今頃は青い眼をした露コリアンだらけだぜ?

問題は、時の天皇、政府、軍部が国民の手で断罪されていないことだな。
ドイツ政府なんてのは連合国側が許したナチス要人すら断罪したぐらいだし、
それから比べればA級戦犯が後々政治の中枢に復帰しているってのは異常だろ。

結論・倭人は所詮はカッペの劣等民族です!


917 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 14:49:07 ID:nV2RSARuO
こいつの小説っておまんこだの薬だのSMだのでもう腹一杯。面白いけど。

そして映画にすると全滅だ。トパーズなんて酷すぎ。

918 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 14:52:56 ID:1lOZI7rnP
結局、あいまいさはあいまいさゆえに、
あいまいさを引き受ける人間がいないってことが問題なら、
そういった歴史の差異の網目をほぐす様なやり方しかないんじゃねえの。
あるいは物語の差異とポリフォニーのあいまいさの中に引き受けていくべきか
いずれにせよ、あいまいさの良さ、悪さを引き受けて
悪いあいまいさから、良いあいまいさに
日本人が向かわなきゃならない。

919 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 15:01:15 ID:G6TZERQE0
一体何に対して反省しなければいけないのかが分からない

負けたことに関しては反省すべきだけども


920 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 15:06:06 ID:h3wQkQK50
韓国人はイチローが嫌い
朝鮮人はイチローが嫌い
在日はイチローが嫌い
アンチもイチローが嫌い
韓国人はイチローの内野安打を馬鹿にする
朝鮮人はイチローの内野安打を馬鹿にする
在日はイチローの内野安打を馬鹿にする
アンチもイチローの内野安打を馬鹿にする
韓国人はイチローのキャラが嫌い
朝鮮人はイチローのキャラが嫌い
在日はイチローのキャラが嫌い
アンチもイチローのキャラが嫌い


921 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 15:07:58 ID:1lOZI7rnP
近代の二項対立図式では解消し得ないんだろうな。
左翼と右翼という概念やイデオロギーをいったん枠の外において、
考えるしかない。

922 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 15:08:25 ID:a7L2V2oW0
エロ小説家風情が生意気な

923 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 15:59:57 ID:gJN+8D3N0
やっぱり国を売らないとノーベル賞は無理なんでしょうなw
もう帰ってこなくてもいいよ

924 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 16:02:21 ID:d9Xnv3E60
そりゃ、反省するところは多すぎだろ、
鳩山と犬養が軍部と組んで統帥権干犯問題を持ち出し、
シビリアンコントロールが崩壊したとか
補給無視で多数の犠牲者を出したとか

925 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 16:05:10 ID:GvUGwpxj0
日清日露戦争の勝利の後に「反省」していれば、
第二次世界大戦の敗戦はなかったかもな。

負ければ、いやでも反省して、次に生かす。
勝ち戦の方が始末が悪い。

926 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 16:11:38 ID:aYjIRI4T0
反省って何をですか?
止め時を見誤った軍部の連中は原爆落としたアメ含めた戦勝国とやらに
死刑にされましたけど


927 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 16:34:44 ID:1lOZI7rnP
ノモンハンもあれだろ
シビリアン・コントロールがなかったのが怖いっていってんだろ。
村上春樹は正しいじゃん。

928 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 16:45:04 ID:GvUGwpxj0
911の後に、米国でジョン・レノンの「イマジン」の放送が規制されたじゃん?

戦争中の日本は隣組で監視しあって、戦争反対と言っちゃう異分子をはじく恐いイメージ。
対して、米国は戦争中でも、もっと自由に個人の意見を表明できるイメージがあったんだ。
日系人を収容所送りにしていたとはいえ。

でも、「イマジン」規制で、米国だって「村八分」してるじゃんとよ〜くわかったよ。

集団ヒステリーは、どこでも起こる。

929 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 16:46:48 ID:5zXnKVXM0
やはりサリン事件で一儲けした人は言うことが違うな

930 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 16:50:28 ID:GvUGwpxj0
集団ヒステリーは、どこでも起こりうるから、それを防ぐのが「勝ち」への一番の方策だ。
戦争に勝利するというより、人間性の勝利?

村上春樹のいう「反省」ってそういうことじゃない?

931 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 16:50:52 ID:gJN+8D3N0
日本批判しないとノーベル賞もらえないんだよ
ただそれだけの話

932 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 16:53:58 ID:1lOZI7rnP
日本批判って村上春樹ってもともと
日本人ってなんだろうっていって
井戸掘ってきた人間だし。

それに批判ってよりも、自省してないのではないか?
という懐疑だろ。つーか村上春樹って意見を押し付けるような
人間じゃないし。

933 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 17:26:55 ID:yrFYyEqh0
>>930
全面同意


934 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 19:11:07 ID:ALlScgDp0
オレは村上春樹は好きな方だけど、これは発言の意図自体が分からん
まあ、スレタイに(中央日報)って書いてあるからなあ・・ (笑


935 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 19:55:22 ID:M2KLV6P20
>>1
まさに、このスレの通りですな

936 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 19:57:43 ID:DS8sgTcM0

正直な話もううんざりだな。
いったいいつの話だよ。
俺は戦争起きたら、とうちゃんやかーちゃんを守るために
何度でも死んでやるよ。

937 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 20:52:15 ID:P8Qdu43a0
まあ確かに反省はしてねーよな
じーさんたちの世代とはいえ反省する必要はあるかもな

938 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 22:15:02 ID:5YiMzDMZ0
社会人になって初めて本読み出して5冊目
こいつのノルウェイの森読んでみた。本興味なかったときでも
この人とこの作品は知っていたしね。感想
ただの官能小説じゃねーかwで、この人が絶賛される理由って何?
あとお勧めは?

939 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 22:21:38 ID:EB3tz31O0
>>938
オレも長編モノは合わない。
多分書かれた当時の社会の雰囲気をある程度共有してないとダメなんじゃないかと
思ってる。

短編はけっこう面白いよ。


940 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 22:25:20 ID:ymiq2AqY0
村上春樹ってインタビューに対して結構適当に受け答えしているらしいから
中央日報に利用されちゃったんだろうね
でもこの記事に対して反論はしないだろうな
自分に対しての批判は無視するのがポリシーって何かで言っていたから

941 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 22:27:30 ID:Qzne42Bz0
僕は固く勃起していた

942 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 22:34:44 ID:AoJOfbfnO
国境の東太陽の西だっけ?
俺が読んだ最後の村上作品。
ねじまき鳥とかいうの以降は読む気が起きなかった

943 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 22:35:35 ID:DES2fdjZ0
日本が嫌なら出て行ってください

944 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 22:44:08 ID:FmA1sH4yO
>>938
世界の終わりとハードボイルドワンダーランドは面白いよ。
あとは羊シリーズかな。

945 :名無しさん@恐縮です :2008/04/12(土) 22:57:23 ID:cGEP0ihe0
セックス描写を展開無視でも無理やりねじ込む作風がよ〜わからん
会話の掛け合いはすきなんだけどね・・・

946 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 23:01:18 ID:9aQxxJcO0
春樹さんは国家主義者だと思っていたのにな。ちょっと残念だ。

947 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 23:05:24 ID:+e9ddnGsO
俺の祖父さんは戦争の話と言えばオーストラリア兵を処刑した話とか、
現地で土人を狩って食料奪った話とか、今度アメ公とやったら絶対勝つとか
そんな話ばっかだもんなw
全く反省とか戦争の総括みたいな話はない。

948 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 23:10:12 ID:K0unHkCF0
自分の関係ないことに対して何を反省するのか。
戦後のドイツ人みたいなのは偽善ですらないただの逃げ。
日本が嫌なら海外で唐突にセックスしとけ糞作家

949 :名無しさん@恐縮です:2008/04/12(土) 23:10:41 ID:IYM8+mYs0
戦争したくてしてたのは上層部だから日本人全員が反省する必要ないわな
今度戦争する時は有志のみでするべき

950 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 00:07:56 ID:PGZi/zPf0
村上春樹の小説はさ、なんていうか痛いんだよね。
前の方で誰かがいってるが、確かに米文学の文体、語り口まんまだもんな。
昔、クレヨンしんちゃんが流行ったときに、キャラの口調を真似てる奴が
いて小学生ながらすげー寒かったんだけど、村上春樹はそれに似てる。
(って例えが古くてすまんw)
さすがに、奴らも今はもうクレヨンしんちゃんの真似はしてないだろうけど、
村上春樹は未だにやってるというwこれがどんだけ痛いかわかるっしょ?www
そんで、極めつけが、先のニュースで、僕の小説が売れてるのは世間の現実と合ってるから、だっけ?
クレヨンしんちゃん野郎が馬鹿か!と思うでしょ。
ま、世間がオタク化してる現実と奴の作風は見事に合致するとは思うけどさ。


951 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 00:11:25 ID:hwLH2uZ0O
激しく射精した

って描写多いよな。
中だし大好きなんだな。

952 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 00:11:38 ID:5VV8vvJ40
ねじまき鳥クロニクルは読まないのが正解

953 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 00:12:54 ID:NPKeFyG10
>>938
ノルウェイの官能シーンごときで、ごたごた言ってる神経が分からん。
お前さんの周囲にはまったくエロが存在しないのか?


954 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 00:21:34 ID:Dj+ymFuB0
村上の小説を読んで現実と合致してると思ったことは無い
現実離れした(どちらかというと逃避気味の)妙な浮遊感だけだな 
時代的なものもあるけど

955 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:09:09 ID:EUcRatlG0
やたらアナルセックスって単語使うよな

956 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:12:01 ID:ilGugR+a0
>>943
春樹がいやならこのスレから出て行ってください

957 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:15:10 ID:Weg/+GtHO
>>954
あの浮遊感がリアルだなあて思う
いまの時代のリアル

958 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:20:40 ID:GAlkdT+T0
リアルなんだがリアルの意味合いが違うんだよなあ春樹のそれは
どこの国のリアルさなんですかと本を読むたびに感じてしまう
ま、嫌いじゃないけど

959 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:20:51 ID:e7z55tHa0
団塊世代特有の無責任さがコイツの魅力なのか

960 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:23:58 ID:K6QJ2hF+O
>>953
ノルウェイに官能シーンなんかないだろwww
あんな程度のセックス描写なんていまどき小学生でも興奮しないぞ

961 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:25:31 ID:K6QJ2hF+O
まあ、反省してないのは本当だしな。
ってか、俺ら当事者じゃねえから反省しようがない

962 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:28:28 ID:Weg/+GtHO
>>961

その考え方には同意できん


963 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:28:49 ID:JsSSvlvm0
あっちの世界の話か

964 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:31:28 ID:K6QJ2hF+O
>>962
おまえ亀田一家のバカさを同じ国家の国民だからってだけで反省できるか?

965 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:31:45 ID:6wWc9Quk0
文章自体が淡々とし過ぎてるせいか、
セックスシーンがまるで駄目。
どうしてもセックスシーンを入れたいなら、
もうちょっとマシな表現をしてほしい。

って、もしかして童t

966 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:32:56 ID:Q/3bYC3y0
>>961
全く、その通りだ。
ただ戦争は憎んでいるけれどな。

967 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:34:28 ID:8uWSdnYu0
>>797
つーか日本は補給路なくて
現地調達で戦線拡大していったから
兵士が命令で「徴発」するわけよ
で軍規がみだれていくわけ

968 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:37:19 ID:Weg/+GtHO
>>964

重みが全く違うだろう
もっと歴史から学べ、生かされてることをよく考えろ


969 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:40:16 ID:rSqQx0/ZO
日本は戦争中、今韓国や朝鮮が日本にやってることの10倍は酷いことをしたよな
そこは反省しないと駄目だよ


970 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:43:15 ID:+2/ZGbG30
ドイツ人が「今度はイタ公抜きでやろう」と言ったのをどこかで読んだな

971 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:45:03 ID:K6QJ2hF+O
>>968
事の大小は関係ない。
俺が人並み外れて当事者意識が薄いってわけじゃないだろ?


972 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:45:41 ID:M0n5sSB30
この人の本が世界で人気があるのが不思議でならない

973 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:47:36 ID:K6QJ2hF+O
>>972
まあ読め。で、十人並みの読解力があればわかる。

974 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:47:55 ID:W79yD94U0
>>969
具体的に教えててくれんか。
在日くん。

975 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:52:23 ID:rSqQx0/ZO
>>974
俺は在日じゃないぜ?念のために言っておくが

日本は朝鮮シナ人を戦争中沢山殺した。このことは戦争だからといって言い訳できるものではない
何故なら日本が起こした戦争は侵略戦争だから

976 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:53:05 ID:LPvgafRo0
いつの話だよって感じだ

977 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:55:13 ID:uWlx10m+0
>>470
どういう幸せ回路だ?

頭が悪いとはこういうことだろう

978 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:56:02 ID:uWlx10m+0
>>975
で、なにを侵略したの?
乳出し人から


979 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:56:42 ID:Weg/+GtHO
>>971

本当に関係ないのか?
大小というより質だろ?

意識が低くいことは恥だ

人並みならいいという問題ではない

そういうやつらが足を引っ張ってるんだ

それに、人より低いと思う

980 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:57:54 ID:plUejLSc0
ノーベル賞とか欲しいんだろ

981 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:58:01 ID:K6QJ2hF+O
>>975
侵略戦争は当時的価値観でもNGなのか?
勝ちゃOKだったんじゃねえのか?


982 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:58:34 ID:uWlx10m+0
村上春樹の文学性がよくわからんのだが

よくわからんっぽいことがいいのか?

983 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:59:39 ID:Weg/+GtHO
>>981

当時的価値観



984 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 01:59:45 ID:uWlx10m+0
>>981
アホ相手にするな
日本が悪くなきゃ困る幼稚な精神性に陥った論理も何も無いアホなんだから

985 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:00:57 ID:K6QJ2hF+O
>>979
国家っていう集合体にそんなに帰属意識があるほうが凄い。


986 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:01:32 ID:Mt5py1vk0
反省ってアジアの方に毎日跪いて、私がわるうございましたってやればいいの?
何をどうすれば反省した事になるの?

987 :967:2008/04/13(日) 02:01:40 ID:8uWSdnYu0
>>794だった

色々ドイツと日本が戦争で叩かれるのはもちろん敗戦国なんだけど
日本とドイツが進出したところで大きな犠牲者がでてるからなんだよね
イタリアは大して殺していないのでスルーされている

日本は230万の戦死者と80万の民間人死者を出した
(戦死者230万のうちの半分以上が餓死といわれている)

そして中国では132.4万の戦死者、1000万の民間人死者
インドネシアでは400万
ベトナムでは200万
フィリピンでは111万と
アジアに多大な民間人の犠牲者をだしている

よくアメリカ側も日本軍と大して変わらんという人がいるけど
アメリカ人は関係なくて、アジアに負債があるわけだよ

連合国側が殺した人数と
日本ドイツが殺した人数には圧倒的な差がある
負けた側の方がより多く殺しているわけだ

988 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:01:49 ID:Weg/+GtHO
>>984

右翼か?客観的事実だぞ
大丈夫か?

989 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:02:01 ID:Qa4wmEL+0
あと60年待て

990 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:03:56 ID:w5n1WjZx0
>>986
反省と謝罪は違う


991 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:04:08 ID:2PhpytOz0
やれやれ

992 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:04:16 ID:uWlx10m+0
>>988
おい、民間人の大量虐殺行為のどこがまともなんだ?
携帯からファビョッてるのが痛々しいが、論理的に説明してくれ
↓ちゃんと最後までレス見ろ

















働け

993 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:04:17 ID:LPvgafRo0
まあ爺達でやりあえとしか思わんな

994 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:04:32 ID:Vh8ESUty0
反省って大体数日で反省点まとめてそれで終了するものだろ。
戦争みたいな大規模イベントはせいぜい1年。
それから時間が経ちすぎるとあいまいになって物理的に反省が不可能になる。

できないものはしょうがないじゃん。

995 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:04:38 ID:w5n1WjZx0
>>981
当時、侵略戦争は既にNGだよ


996 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:04:39 ID:jFLT69rY0
村上春樹がもう59か・・・

俺は若いときは小説家は知識人だと思って少し尊敬してたけど
今考えるとジャンル的には芸人と同じなんだよな

997 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:05:53 ID:sdsf5Mu+O
俺達がなんで反省しなくっちゃいけないのかな?
戦争起こしたのは何世代も前の人達だし関係ねーよ

998 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:06:24 ID:Weg/+GtHO

>>984>>981にたいしてだろ?

999 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:06:37 ID:uWlx10m+0
>>997
人間は記憶を都合のいいように変えられる生き物だからさ

1000 :名無しさん@恐縮です:2008/04/13(日) 02:06:56 ID:lMofOfzJ0
>>1000そうだー

1001 :1001:Over 1000 Thread
   ∧_∧  書き込もうと思ったら、
 |\ΦДΦ)   /| もう1000行ってるじゃねーか
 ○ <  ζ) <  ○
 | >  旦  > |
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 芸スポ速報+は現在1000overの他に
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  約120時間でdat落ちする仕様です
  |                 |


264 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)